KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/06
  • 2018-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/08
エンスーな車。
2011年04月05日(火) 12:30

LOTUSが誇る名車、スーパー7のU様
ん〜ん、カッコ良い!
街中でそう見かけることはありませんが、間近でみると独特のオーラを感じますね

先日よりSEV装着が開始され、今回は第2弾でございます。
前回はレスポンス改善と部品保護を狙い、
ヘッドバランサー「Pシリーズ」とクランク「Cシリーズ」を装着。

今回は吸排気でございます。


インテークマニホールドの根元、エンジン寄りにバイク用エキゾースト「MB-1」を応用装着。
吸入空気をスムーズに燃焼室に引き込みます


メインサイレンサー直後にビッグパワーエキゾースト「BT-160」を装着。
排ガスをスムーズに流し、排気レスポンスを向上させます

今回でMINIからのSEV移設は完了です
次回、電気系チューニングアイテム「EATUNING」を始めてみませんか〜


ニット帽とゴーグルをかけ、スーパー7を乗りこなしているU様
極まってます


宮地@クラブキートス
スーパー7
2011年03月29日(火) 18:10

珍しいお車の登場です
ロータス スーパー7のU様号、ローバー MINIからのお乗り換えされご来店。
走りを追求し、無駄が削ぎ落とされたフォルムとスタイルに思わず見惚れてしまいます

超軽量ボディーにコンパクトなエンジン、

ウェーバーキャブでなかなかのハイレスポンス。
大馬力・大排気量でなくても軽量ボディーのお陰で
パワーウエイトレシオもかなり少ないのではないでしょうか


いや〜、とってもいい雰囲気醸し出していますね〜
ジムカーナで走行してもとっても楽しそう


入庫後間もないU様号ですが、早速SEV化して
レスポンス改善と部品保護と参りましょう。
今回はエンジン系アイテムでコンディションアップ

エンジン系定番アイテムですね、ヘッドバランサー「P-1」と「P-2」を
エンジンヘッドカバーへ装着。エンジンヘッド部の動弁機構の
作動レスポンスをアップさせます。


続いても定番アイテム、エンジン腰下の決定版アイテムの
クランク「C-1」と「C-2」をクランクシャフト横から贅沢に
挟み込みで装着。燃焼・爆発時に発生しかなりの衝撃が加わる
クランクシャフト、金属の歪みやブレを無くしエンジン本来の
レスポンスを引き出します


最後に、遠くから指をくわえて眺めていたアドバイザー田渕を・・・

ご無理を言ってシートに座らせて頂きました。
実はアドバイザー田渕、大のスーパー7ファンであります
「いつかは絶対乗るぞー!!」
と吠えていましたが、何年先になることやら・・・

話が脱線致しましたが、U様ご無理を聞いて頂きありがとうございました
吸排気系SEVの取付、勉強しておきまーす


山崎@Club KII-TOSS
SEVの相談はSEV大阪へ!
2010年07月01日(木) 12:45

こちらのお車に憧れた方は多いのではないでしょうか
超軽量スーパーカーのロータス・ヨーロッパ

ワタクシ山崎は間近で見たのは初めてです
FRP製の軽量ボディーを架装し、Y字型フレームにエンジンを搭載。
搭載位置の低さに走りへのこだわりが感じられます
走りに必要な物だけを搭載したとてもスパルタンな仕様でございました。



本日はオーナーのK様と一緒に今後のメニューの打ち合わせと、
軽目のリセッティングを実施。

冷却系と燃料系を少々見直し、よりストレス無く快調に走れる様にセットアップ
装着位置や向きを変更するだけでもレスポンスの味付けを変えることは可能です。
追加装着も良いのですが、現状の物でバランスを取りレスポンスを変化させる
リセッティングもとても重要です

現状のレスポンスに満足行かれていない方、
一度SEV大阪へ遊びに来てご相談下さいませ



最後にアドバイザー田渕とツーショット、
ルーフの位置が腰の位置です・・・

江戸川フォーユー店長の宮村NSXでも
ロータス・ヨーロッパ低さには敵わないか(笑)?

K様
、暑い中ご来店頂きましてありがとうございました。
もう一台のお車へのスペシャルアイテムの導入、そろそろでしょうか。
スペシャルなマシーンへと仕上げさせて頂きますよ


山崎@大阪アドバイザー
「2」をメインに装着
2010年01月12日(火) 19:18

名車ロータスヨーロッパのK様です。
「SEVを装着してから走りがますます楽しくなって、調子も良いですよ。」

ということで嬉しい限りです♪

今回は、まだ装着していなかった「2」をメインに装着していきます 

クランクC−2
をエンジンオイルパンに装着・・・

リンクプラス2をクラッチハウジングに装着・・・

ラジエターR−2をロアホースに装着・・・


「1」と「2」のラインナップがある製品は数多くありますが、
大雑把に「1」がスムーズさ、「2」がトルク感といった具合に分けられます
両方装着する事で相乗効果が生まれ、全域に渡ってバランスの優れた
エンジン、ミッションになり扱いやすいお車になります

皆様、是非「2」をチョイスされてみては如何でしょう



宮地@大阪店長


旧い車でも大変身♪
2009年11月20日(金) 15:29

本日、ご紹介させて頂きますのはK様のロータスヨーロッパです。

既に新旧のSEVが多数装着されておりますが、まだまだ進化は止まりません

今回は、新製品から応用装着まで幅広く実施させて頂きます。
それでは、作業の開始です

まずは駆動系・・・
クラッチハウジングにリンクプラス1を装着し、出だしからのスムーズさを強調
加速力向上を狙い、デフ部分にリンクプラス2を装着させて頂きました。


続いて排気系です。
「もう少し抜けた方がいいかな・・・」

ということで、応用でMB−T(バイク用エキゾースト)をサイレンサー前後に装着。
吸排気SEVとの相乗効果で、排気を更にスムーズに流します


こちらも応用でSEVホイールをプラグコードに装着。
「バイクに装着すると、物凄く体感できた。」

ということでK様のご要望で装着させて頂きました。


最後に電気系、こちらも忘れてはなりません
バッテリーのプラスマイナスケーブルにSEVバッテリーを装着。
電気的ノイズを軽減させ、電装パーツ本来の力を発揮させるのが狙いです。


作業完了後、独特のエキゾーストノートを奏でながら元気に疾走して帰られました

いつもいつもありがとうございます



宮地@大阪店長
ビュ〜ティフル!!
2008年11月06日(木) 19:06



『やっと返ってきましたよ!!

 もう楽しくて毎日乗ってますよ〜。』


と、ご来店下さいましたのは

足まわり・吸排気系etc・・・の仕様変更が完了された

エリーゼにお乗りのT様。

なんといっても、一番目を奪われたのは・・・




このキレイなエキマニ


めちゃ ビュ〜ティフルでございました。(ちょっとマニアックでしょうか


つい見とれてしまいました



あっ、SEVの話に戻りますね(汗)


今回、T様よりご相談いただきお取り付けさせていただきましたSEVは・・・

『よりブレーキングを安定させる為に』
という事で

キャリパーにSEV−AL





『ショックのコンディションを保たせるために』
という事で

ショックにSEV−AL





そして、今回のメインディッシュ


『吸排気系を変更してある程度改善されたけど

 カムが切り替わる瞬間のトルクの谷がまだ少し気になるのと

 トルク感をもう少し上げたい』
という事でお取り付けさせていただきましたのは






吸排気系SEV Big Powerシングルセット
です。

吸排気系SEVのいいところは

エキゾースト側のSEVの装着位置を変更する事で

トルクよりにしたり、パワー感方向にふったりする事ができ

オーナー様のお好みにセッティングを合わせやすいSEVなんです。



そして、お帰りの際・・・

『こういうのが欲しかったんですよ〜』


と、嬉しいお言葉を下さりオーダー下さいましたのは

僕もお気に入りの SEV ルーパー Mタイプです。


やっぱり、カラダもクルマも元気が一番です!!


T様、楽しいお話をたくさんありがとうございました



排気系のリセッティングのご要望がございましたら

お気軽にお申し付け下さいね。



SEV大阪



 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----