KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/06
  • 2018-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/08
使い道は色々
2012年06月24日(日) 13:07

いつもありがとうございます、T様
愛車スズキ ワゴンRのSEVチューンを楽しんで頂いております
本日も、「何か面白い物は無いですか〜」とご来店されました
そこでオススメさせて頂いたのが、こちらです・・・


ロアアーム スポーツ」を吸気に応用施工
スロットル部の開閉レスポンスや空気抵抗が改善され、
吹け上がりのいい軽快な走りに変化します

両面テープでの施工の為、様々な面白技が楽しめるのがSEVの良さですよね


クラブキートス
挟み込みで更なる力強さを!
2012年06月02日(土) 12:51

いつもたくさんのお土産をありがとうございます
スズキ ジムニー・ターボのO様


先日ご装着させていただきましたラジエター「R−1」の
フィーリングが非常に良く、追加オーダーいただきました

ラジエター「R−1」のダブル装着


装着位置はもちろんラジエターロアホースでございます。
挟み込みで装着し、通過する冷却水により強いSEVエネルギーを与えます。
エンジン内部のストレスを強力に軽減させることで、エンジン本来の
レスポンスを引き出しますモリッ


O様
インプレッション。
R−1追加後ですが力強さが出てさらに運転がしやすくなった感じです。
これからもっとエンジンが馴染んで行くと思うのですが・・・今後が楽しみです』

とGoodフィーリング

お車用熱中症対策でSEV「ラジエターシリーズ」おすすめです。


クラブキートス
攻めどころはロアホース。
2012年05月12日(土) 12:36

いつも沢山のお土産ありがとうございます、スズキ ジムニーターボのO様
本日はSEV冷却系チューニングでご来店下さいました。


すでにラジエターホースに様々なアイテムが装着されておりますが、
SEVアイテムは「ラジエター」のみでした。

今回新たに追加して頂きましたのは2世代目のラジエター、
ラジエター「R−1」でございます。


順番を入れ換えまして、エンジン側からラジエター「R−1」と
SEV「ラジエター」の順にロアホースへ装着。
低速からトルクフルな加速が体感出来、エンジンもストレス無く吹け上がります

O様
インプレッション。
『R-1を取り付けてからアクセルを軽く踏むだけ走ってくれる様になっています。
回転数もいつもより下がっていました。あと、エンジンの振動が減ったような・・・』

新しい世代のラジエターの変化に納得のご様子でした

暑くなるこれからの時期に冷却系チューン、オススメで〜す


クラブキートス
Hシリーズ、セット装着がオススメです!
2011年12月24日(土) 17:47

久々のSEVチューンでご来店、スズキ ラパンSSのT様
エンジン系チューンの代表格と言えば「ヘッドバランサー」、
P シリーズ」・「V シリーズ」とすでに装着済。

原点回帰で今回は「Hシリーズの装着です。

初期ラインナップですが、スムーズで静粛性の高いエンジンフィールを
引き出すアイテムとしては「P・V シリーズ」にも引けを取りません
まだまだオススメのアイテムですよ


コンパクトな軽自動車のエンジン、アイテム数が増えてくると
少々整理が必要ですね。リセッティングを施し・・・

H シリーズ」を吸気・排気のカムシャフト軸上へ装着。
ストレスの大きく駆動チェーン側をしっかりとサポート
吹け上がりの鋭い軽快なレスポンスが楽しめますよ。

T様
、お付き合いありがとうごいざました


Club KII-TOSS
バイク用SEVですが・・・。
2011年11月19日(土) 13:13

SEVで急速進化中のスズキ ソリオのY様、いつもありがとうございます

本日は、
「ずっと気になってたメニューがある!この車ならイケる

オーダー下さいましたのは・・・

じゃん、バイク用SEVの「バイク用エキゾースト(MB-T)
バイクだけではなくお車の排気チューンにも活用致します。
ちょっとしたスパイスを加えるのにもってこいのアイテムです

ちょくちょく目にしたことがあると思います・・

エキゾーストマニホールドへ「バイク用エキゾースト(MB-T)」を装着。
各気筒ごとの装着になります、スズキ ソリオくん遮熱板を外せば
すんなりと装着が可能でした
(作業対応困難の車種もございます、興味のある方はご相談下さいませ)



ちょいスパイスを加えたY様号、走りはいかに!?
『あら〜、なんか凄くスムーズでレスポンスも良くなって
ココへの装着はアリですね。トルク感も出て◎だね!』

バイク用SEVの効果にご満悦のY様でした

他のSEVメニューを応用的に使いレスポンスアップを狙うのもアリですね


クラブキートス
ソリオ SEV移植第4弾。
2011年11月12日(土) 14:37

SEV移植も佳境を迎えて参りました
スズキ ソリオのY様号 SEV移植第4弾でございます。
今回はオーナーのY様のリクエストにお応え致しまして
SEV応用編行ってみました。それではご紹介〜


【ブレーキ系】

思いは1つ、「止まれ!」です。ABSの作動レスポンス向上を狙い
ABSハイドロユニットへリンク「+1」を応用装着。

【エアコン系】
もっともっとエアコン稼働時のロスを軽減させたいとのご要望で・・

エアコンコンプレッサーへリンク「+2」を応用装着。
回転部分のロスをスムーズにし圧縮作用を向上、
冷却・除湿効率もアップ

【駆動系】

え〜っ、リアデフです。プロペラシャフトとリアデフの嵌合部へ
ラジエター「Rシリーズ」を応用装着。当然、冷却水などありません
デフ機構を潤滑させているデフオイルへSEV効果を与え
フリクションロスを軽減を狙います。

SEVの楽しみ方は人それぞれですね、どこへ使ってもやはり狙いはロス軽減
無駄な動きを省き、本来持っているポテンシャルを引き出してあげましょう


クラブキートス
ソリオ SEV移植第3弾。
2011年11月06日(日) 13:07

スズキ ソリオのY様、「RESPO」で一休みの後は
再びSEVチューンで愛車の走りに磨きを掛けます
今回は大技ではなく快適にドライブをするのに欠かせないメニューの施工です
それではいつものご紹介。

【電気系】
 
車の各パーツを稼動させるのに必要なのが電気、伝わり方次第で
電装品のレスポンスも変わります。SEV「バッテリー」で効率良く
電気を流しノイズや抵抗と言ったロスを軽減させます
安全装置のヒューズボックスへも同様の狙いでSEV「ヒューズ」を装着。


【エアコン】

稼働時のパワーダウンが気になります、その様なお車におすすめです
エアコンコンプレッサーへSEV「LINK」を応用装着。パワーダウンを抑制し
圧縮作業も軽快にサポート。


【ブレーキ系】
 
安全面の強化です。ブレーキング時のペダルタッチを変えます、
ブレーキマスターシリンダーへSEV「LINK」を応用装着。カチッとしたタッチに!
ブレーキフルードの劣化防止にも一役かいます

ブレーキキャリパーへは定番のSEV「AL タイプR」を装着、キャリパーの開きを抑え
制動時に発生するロスを軽減させストッピングパワーを向上させます。


【乗り心地】

サスペンション運動をサポートします、足廻り定番メニューの
SEV「AL」装着。しなやかかつスムーズな動き、安定した足廻りの動きで
落ち着いた挙動を示すお車に変化致します

パワーやトルクばかりに目が行ってしまいがちですが、
細かい部分をサポートしトータルでバランスを取って行くことが
重要ですね。Y様号のSEVチューンはまだまだ続く


クラブキートス
AL タイプRで乗り心地をサポート。
2011年11月04日(金) 13:14

スズキ エブリィ・ワゴンのT様、乗り心地改善でご来店。
車高を落とされておりますが、「重心の高い軽ワゴンだけあって
まだまだカーブでの安定性が欲しいです」
T様

その様なケース、こちらのアイテムはいかがでしょう

乗り心地系定番アイテムのSEV「AL タイプR
SEVユーザーの方なら9割位の確率で装着されているのでは

定番メニューですが非常にいい仕事をしてくれます

ショックアブソーバーへSEV「AL タイプR」を装着。
サスペンション運動をしなやかにし路面への追従性を向上、
装着することでどっしりとした安定感を発揮しコーナリング時の
挙動も安定せさせます

リーズナブルに乗り心地改善を図りたい方、
SEV「AL」、「AL タイプR」の装着おすすめ致します。


クラブキートス
ソリオ SEV移植第2弾。
2011年10月29日(土) 12:01

SEV移植第2弾行きます、実はスズキ ソリオのY様
SEV「プレミアム」ユーザー様でございます

通常のラインナップとはまた違った極上の体感が楽しめる
SEV「プレミアム」製品、ソリオではどの様な反応を示してくれるか楽しみです
通常ラインナップと折り合わせて走りに磨きを掛けます


それでは装着メニューのご紹介と参りましょう〜
【燃料系】

より良い空気との結合・より良い燃焼を促します、
プレミアム フューエル P・E」とフューエル「P・E」で燃料系を強力サポート。

【冷却系】

回転全域でのレスポンスアップを狙います、ラジエターロアホースへ
プレミアム ラジエター」、ラジエター「R-1」の挟み込み。
ラジエターアッパーホースへラジエター「R-2」を挟み込みで装着。

【駆動系】

忘れてはいけないのが駆動系、エンジン系が元気になっても
伝達部分にロスが有ると全ては伝わりません
トルコン部分へSEV「LINK」とリンク「+1」を、ギアボックスへリンク「+2」を装着。
フロントデフとトランスファー部分へ「プレミアム リンク +1&+2」を装着。


リアデフにも贅沢に行きます、フォーシング上部から
プレミアム リンク +1&+2」を装着。
直進時、コーナリング時のトラクションをしっかりと確保し
スムーズかつパワフルに前進して行く力へと変えて行きます

大きな要所は第2弾までで抑えれましたね、
第3弾は細かい部分を攻めさせて頂きます!


クラブキートス
ソリオ SEV移植第1弾。
2011年10月26日(水) 15:48

SEVベテランユーザーのY様、とあるハイパワーマシンから
エコカ―のスズキ ソリオへお乗り換えされご登場下さいました

「最近はエコランに目覚めました!ノーマル状態でもかなり
燃費は良いのですが、ロスを軽減して行くとどうなるのか気になり、
慣らしもそこそこにSEVを導入しちゃいます」
と言うことで
ガッツリ移植作業して参ります


第1弾はエンジン系。
小排気量でコンパクトなエンジン、Y様お持ちの豊富なSEVの量で
しっかりとコーティング パワフルなレスポンスに仕上げます

【エンジンヘッド】
 
部品点数も多く、一番忙しく動いているヘッド部分。ちょっとしたロスで
パワーダウンにつながることも・・・カムシャフト軸上へヘッドバランサー「H-1」、
ヘッド部上面からヘッドバランサー「Pシリーズ」を装着。
吸気側カムへ「P-1」、排気側カムへ「P-2」を配置

【エンジン応用編】

乗り心地系アイテムの「ロアアームスポーツ」、様々な場所へ応用が効きます
ダイレクトイグニッションへ装着し、エネルギッシュな着火を促します
軽快なレスポンスが発揮されなかなか面白い装着方法ですよ!

【エンジン腰下】

定番メニューのクランク「Cシリーズ」、クランシャフトに掛かる負担を軽減させ
元気モリモリのレスポンスを引き出します。
クランクシャフト側面からクランク「C-1」、クランクプーリー下へ「C-2」を
装着し第1弾 エンジン系メニューの完了です

第2弾は液体物サポートと駆動系行きまーす


クラブキートス
プチエアコンメニュー。
2011年08月20日(土) 12:39

ススキ ラパンSSのT様、真夏の暑さ対策でご来店くださいました。
今回はSEV「AL タイプR」でパーツのロス軽減を図ります

夏と言えばやはりココですね・・

エアコンコンプレッサー
真夏のドライブを快適にサポートしてくれるカーエアコン、
負担もロスも大きな部分です。SEVでサポートすることで
パワーダウン抑制、冷却効率向上につながりますよ


クラブキートス
人気のリンクシリーズ
2011年06月14日(火) 19:05

エンジンフードとルーフをマッドブラックに塗装し、
スパルタンな出で立ちでご登場されました、
スズキ ラパンSSのT様

先日より長期体感して頂いておりました、
こちらのアイテムを本装着にお越し下さいました。


ご用命を頂きましたのは駆動系SEV「リンク+2」です。


フロントデフ横から「リンク+2」を装着。
デフの回転抵抗を軽減しタイヤへ確実に動力を伝えます。
出足からのダイレクト感や、高回転まで力強い加速感が発揮されます。

駆動系の回転抵抗を軽減するだけでなく、
トルク・パワー感も向上させ気持の良い走りが得られる、
リンク+シリーズ」根強い人気アイテムとなっておりますね


田渕@クラブキートス
快適ドライブメニュー
2011年05月21日(土) 16:08

スズキ ラパンSSのT様、EATUNINGの施工が続いておりましたので
本日は小休止でSEV施工とエアコンチューニングでご来店

まずはSEV装着、細やかな配慮が
より良い加速レスポンスを引き出します

駆動系アイテム人気商品の「リンク+シリーズ

デフへ「リンク+1」を装着、低回転からスムーズに加速し
メリハリの効いた加速レスポンスを発揮
動力最終伝達部分のロス軽減だけに、気持ち良い加速が味わえます


続いてエアコンエアコンチューニング、そろそろ暑い時期に突入ですかね
エアコン作動も増えて来るこれからの時期におすすめのアイテムです!

RESPO「エアコンオイル添加剤 HFC-134a


作業はとっても簡単、低圧配管へ専用チューブで接続して注入で完了
(※適正量を保つため、最初に少しだけ抜きます)

これ1本注入するだけで、コンプレッサーのフリクションが軽減
エアコン作動時のパワーダウンを抑制し、冷却効率もアップさせる優れもの

特にこんな方におすすめします!
・エアコンの効きが悪いお車の方
・エアコン作動時のパワーダウンや燃費が気になる方
・エアコンガス、オイル漏れを防止したい方


SEV」と「RESPO」で、
走りも室内空間も快適にしてドライブを楽しみましょう


山崎@クラブキートス
吸気系プチレスポンスアップ!
2011年04月20日(水) 11:20

スズキ ラパンSSのT様SEVEATUNINGをバランスよく施工され
愛車のレスポンスアップを図っておられます
そろそろ走行距離が10万キロを迎えそうですが
いまだ衰えることなく元気且つパワフルに走り続けているT様号です。


本日はプチレスポンスアップでご来店、
使用するのは汎用性の高いSEV「AL


施工されている方も多いのではないでしょうか
サージタンクへのSEV「AL」施工、軽い吹け上がりを発揮する
レスポンスへと変化しますよ。プチレスポンスアップにいかがでしょう


山崎@クラブキートス
SEVで気持ち良いカーライフを楽しみましょう。
2010年11月24日(水) 12:17

スズキ セルボに乗換えられ、ご来店下いましたK様
走りに拘られるK様のカーライフをSEVで、
しっかりとサポートさせていただきます


先ずは「H-1」をカムプーリ軸上に装着し、出足の軽さを向上させます


続きまして「C-1」を負荷の掛かり易いクランクプーリー真下に装着し、
滑らかなトルク感と出足からのスムーズさを出します。


燃料ラインに「フューエルP・E」を使用し、
全体的なトルクアップで元気に走らせます。


エンジン系の締めとして、スロットルボディ手前に
ステージ1 NI-160」を装着し、
空気を燃えやすい状態にしエンジンに送り込み、
吹け上がりの良いレスポンスが楽しめます

排気側で、トルク寄りのセッティングにさせて頂きました。

よく走るようになった分、ブレーキの強化が大切です
キャリパーに「A・L」で、しっかりとした制動力を出し
今回の作業は完了です。

快適なカーライフへSEVで、納得のレスポンスに仕上げていきましょう

KII-TOSS★田渕


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----