KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
アウディTT RS入庫!
2011年09月30日(金) 15:28

いつもありがとうございます、当店ヘビーユーザーのH様
今回は新たに乗り換えられたアウディTT RSクーペでご来店下さいました。
大型のエアロパーツや左右だしのマフラーなどエクステリアは過激そのもの!


排気量2480ccの5気筒エンジンにターボチャージャーを組み合わせて、
最高出力340PS、最大トルク450Nm(45.9kgm)を発生する心臓部!


高性能なジャーマンスポーツカーですのでブレーキシステムもかなりデカイです
どこを見ても只者ではないオーラを放っておりますね〜

慣らし走行を終えたという事でEATUNING解禁です。
第1弾は超人気アイテム、

シャシコントロール・デビル」をチョイス。

装着位置ですが定番から応用まで4箇所に施工させて頂きました

・フロントサブフレーム〜ボディ間


・リヤサブフレーム〜ボディ間


・エンジンオイルパン〜フロントサブフレーム


・7速Sトロニックオイルパン〜フロントサブフレーム

装着後のインプレッションですが、
「全体的に軽く感じられましたね!
エンジンレスポンスもふけ上がりが鋭くなっています。
気になる挙動もレーンチェンジも楽で平行移動しているような感覚ですね。」

と好感触♪ ありがとうございます

H様
、これから徐々にステップアップと参りましょう!


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
更に静粛性を高めます。
2011年09月29日(木) 16:01
2度目のご来店ありがとうございます
ホンダ CR-ZのM様。SEV装着でご来店下さいました。


とっても幻想的なメーターパネルに思わず写真をパチリっ
液晶モニター満載なところがハイブリッド車ならではですね!

さて本題のSEV装着と参りましょう〜
本日のお題は、エンジン静粛性アップとパワフルさアップの2点。
豊富なラインナップを有するSEV製品、ズバリなネタで攻めましょう

【エンジン系】
ヘッドバランサーシリーズも種類が増えて参りましたが、
エンジン静粛性向上にはやはり「Hシリーズ」ではないでしょうか

チェーン駆動部、エンジンヘッド部のメカニカルノイズ、
駆動ロスを軽減させ静粛性の高いスムーズなエンジンへと変化させます。
H-1」をヘッド上部、「H-2」をカムシャフト軸上へ装着。


【吸気系】
パワフルなレスポンスを引き出すならやはり吸排気系ですね。

バランスを考慮すると吸排気アイテムの同時装着がおすすめなのですが、
出足のもたつき軽減と言うことで吸気のみを装着することに。
エアクリーナーボックス レゾネーター部分へ「ビッグパワーインテーク」を装着。

吸気側のみでも十分に効果を発揮する「ビッグパワー
簡単にベースアップを図りたい方へおすすめです。


M様
、次回は「EATUNING」でCR-Zのツボをつきましょう


クラブキートス
着実にステップアップです。
2011年09月29日(木) 13:03

日産 セドリックのS様
人気の「EATUNING」アイテムで乗り心地改善と参りましょう。
「ゴツゴツとした突き上げが少し気になります」
S様
お任せ下さい!打って付けのアイテムでお悩み解消致します

乗り心地改善をメインに効果を発揮し
お車の大幅ベースアップも図れます、

人気沸騰中の「シャシコントロールデビル 6番線

S様
セドリック、サブフレームがゴムブッシュでマウントされた
フローティングタイプ。サブフレームが独立していることで
入力時に帯電してしまいます。
シャシコントロールデビル 6番線」で
帯電を抑制する環境を作ってあげましょう

・フロントサブフレーム 〜 ボディ間


・リアサブフレーム 〜 ボディ間

基本の装着位置ですが、まずはココを抑えることで
乗り心地もガラリと変化致します。サスペンション本来の動きが
引き出され、お車全体のパフォーマンスも向上致します

乗り心地面だけでなくエンジンや駆動系、ブレーキ系にも
働きかけ様々な効果を体感して頂けるアイテムでございます。
ぜひともお試し下さいませ


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
新車時からSEVでサポート、第3弾。
2011年09月28日(水) 13:28

スバル インプレッサWRX STI A-LineのK様
新車時SEVサポート第3弾、色々メニュー導入と参りましょう

主要な部分へのサポートがおおよそ完了致しましたので、
今回はまだ未開拓の部分へアプローチ。
ブレーキ系・電気系・乗り心地系でSEVチューンを締め括ります。
それではいつものご紹介

【ブレーキ系】
「走り」を良くすれば「止まれ」もバランスを考慮して強化する必要があります、
定番メニューですがやっぱりブレーキにはコレですね

ブレーキキャリパーへSEV「AL タイプR」を装着。


ブレーキマスターバックへはSEV「AL」を装着。
踏めば効くのがブレーキですが、瞬間的にロスや熱が発生致します
その瞬間的なロスを軽減させるだけで大きな変化が得られます、
施工後すぐに痛感させられますよ


【電気系】
パワーだのトルクだのに直接関係はないかもですが、
各パーツを制御しているのがコンピューターなどの電気系です
電気系にロスがあれば当然合図が遅れます、スムーズに信号を送ることで
電装品のレスポンスが上がります。

オルタネーターB端子の配線へ「オーディオ用SEV」を装着、
バッテリーのケーブルへはSEV「バッテリー」を装着。


ヒューズボックスへはSEV「ヒューズ」と
応用的に「ハイブリッドPCU」を装着。


【乗り心地系】
最後の〆は乗り心地改善とトータルバランスの向上です、
定番メニュー・定番装着位置で攻めます

入力時に大きな負荷が掛かるロアアーム、金属歪みやブレを抑え
安定したスタビリィを発揮させます。「ロアアームスポーツ」と
ロアアームコンフォート」のWセットで、踏ん張りと往なしを両立させます

トータルバランスはこの2アイテム、4方を囲み包み込むことで
お車全体の挙動やバランスをコントロール。驚きのアイテムです

メインのフレーム上へ「S ブロック 3D」を設置、ボディ剛性向上や
他のSEV製品達への底上げ効果を発揮。


車体の安定性向上にはこちらのアイテム「S ブロック」、
スポーティな走りをより強調させるためにバンパー四隅へ設置し
SEV施工完了でございます


大技・小技を組合せ大幅レスポンスアップ
豊富なSEVメニューで新車時のコンディションを維持し
快速ドライブをお楽しみ下さいませ
次回は「EATUNING」で更なるパフォーマンスアップと参りましょう


Club KII-TOSS
レトロなバイクにEATUNING。
2011年09月27日(火) 13:27

レトロなバイク♪、RABBIT Hi Superでご来店下さいましたK様
富士重工が昭和38〜42年の間に製作した代物です


エンジンや機関は良好なのですが経年劣化している箇所もあり、
今回はメンテナンスを兼ねてバッテリーケーブルを交換させて頂く事に。

それでは作業のご紹介です

バッテリーケーブルを取り外すとご覧の様に車両側には錆が発生しておりました
この状態では通電性が悪くなってしまいますので、鑢がけで可能な限り錆を除去します


EATUNING
の「MOTOハイパー ストレート型」に交換。

自動車と同様、一番肝となるケーブルと言う事もあり、
「交換後はエンジンの始動性も良くなり
エンジンレスポンスもアップしているのが分かりましたね。」

とコメントを頂きました

レストアも視野に入れていると言うことで、
これからどのように手を加えて行くのか非常に楽しみです


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
繋がりをスムーズに。
2011年09月25日(日) 16:50

ご近所のショップ様からのご紹介で初来店下さいました、
フォルクスワーゲンJETTA(ジェッタ)5のM様

エクステリアからは想像できないようなチューニングが各所に施されており、
M様
の拘りが見られます

今回は、
「DSGの繋がりを良くしたいんです。
特に高回転域での繋がりをスムーズにしたいんですけど・・・」

とのご用命です。

オススメさせて頂きましたのは電気系チューニングアイテム
EATUNING
でございます。
それでは作業のご紹介〜

・バッテリーマイナス〜ボディ間:「ハイパー」で連結。

・DSG本体〜ボディ間:「ハイパーデビル」で連結。

それぞれ純正アースケーブルと入れ替える事で主電源を強化
帯電質を抑制する事で各部のレスポンスアップに繋げ、車のベースアップを図ります。
純正アースケーブルは少々劣化が見られましたので、メンテナンスも兼ねて
交換させて頂きました♪


続いて箱物アイテムの装着に着手します。

まずはノイズ吸収コアパックを固定する為のブラケットを製作。

スムーズな変速フィーリングを引き出す為に、

ラムダ3MAX for oil」をチョイス。
マグネット端子をDSG本体のオイルパンに接続し、
コアパックはヒューズボックス手前に位置するようにセットして完了です

DSGオイルに蓄積されている帯電を除去する事で作動レスポンスを向上させ
変速フィーリングを改善、またオイル劣化防止にも役立ちます。

「高回転域でも繋がりがスムーズになりましたね!
あと、レスポンスが良くなって加速力も更に増したような気がします。」

とインプレッションを頂きました、ありがとうございます


EATUNING
のその他アイテムも面白い変化がありますので、
徐々にステップアップと参りましょう


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
大人気、ワニダー10番線!
2011年09月25日(日) 13:25
先月登場した「ワニダー 10番線

お値段¥9,450(税込)とリーズナブルで
体感度も非常に良く多くのお客様からご好評頂いております
従来の「ワニダー6番線」と比較して、低速からトルクが発揮され
上の回転域まで続くフラットトルクをご体感して頂けます。

そんな「ワニダー 10番線」に魅了された方々のご紹介

マツダ デミオ・キャンバストップのF様

ラジエターコア 〜 ボディ間へ装着。



VW シロッコのK様

ラジエターコア 〜 ボディ間へ装着。



スバル インプレッサWRX STIのH様

ワニダー 10番線」を2本装着!ありがとうございます


ラジエターコア 〜 ボディ間へ装着と・・・

エンジンオイル冷却用のオイルクーラー 〜 ボディ間へ装着。

独立してマウントされている部品なので帯電率も高いですね
不要な帯電を抑制し本来のパフォーマンスを引き出しましょう。
アイデア1つでどこでも装着可能です、
作業も簡単なため通信販売でもご好評頂いております

ワニダー 10番線¥9,450(税込)/本
   ・ラジエターコア
   ・インタークーラー
   ・各種オイルクーラー
   ・エアコンコンデンサー              への装着がおすすめです。


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
駆動系レスポンスアップ
2011年09月24日(土) 16:11

スバル インプレッサWRX STIのH様
いつもありがとうございます
本日も、大人気チューニングアイテムEATUNINGの施工でご来店です。


前回から興味を持って頂いておりました駆動系チューンの
ラムダ3RS」をミッションに取り付けていきます。


本体を安全な位置に固定し、ミッション後方に端子を接続。
ミッション内部に発生する高周波ノイズや帯電電荷を吸収除去。
鋭い加速レスポンスやシフトフィーリングなど、
ミッション各部駆動レスポンスの改善・向上が狙えます。

装着後、
装着してからの経過時間が短い為にまだまだ変化していくものと思われますが、
良い意味での「違和感」を覚えました。
シフトフィールの変化はまだ判りにくいものの、
何やら静かになったような、少し固めの80w−90くらいのギアオイルを入れた時のように、
ギアの歯鳴りが少なく・・・というより判りにくくなりました。
一言でいうと「乗りやすくなった」という感じです。

と、淡路島を一周と言う超ロングテストドライブでの
コメントを下さいました。

今回もインプレッションメールをありがとうございました


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
新車時からSEVでサポート、第2弾。
2011年09月24日(土) 14:25

スバル インプレッサWRX STI A-LineのK様号、
新車時SEVサポート第2弾のご紹介
今回はSEVの主軸となります吸排気系と、
動力伝達に欠かせない駆動系のSEVチューンを施します

【吸気系】
初っ端から応用編です、
吸気レスポンス改善に持って来いスロットル付近へ応用装着。

ロアアームスポーツ」とヘッドバランサー「V-1」を装着。
オイルパンへ装着させて頂いた「V-2」とインマニの「V-1」で
クランクシャフト挟み込み〜


インテークホースへは定番の吸気アイテム
ビッグパワーインテーク(BI-160)」を装着。

【燃料系】

吸排気系SEVとの相性の良さが売りです!より良い燃焼を促すために
燃料をSEV化、フューエル「P・E」をメインの燃料ホースへW装着。

【排気系】

元々のトルクが太いので排気系では少々抜き気味でセットアップ、
メインサイレンサー後のパイプへ「ビッグパワーエキゾースト(BT-160)」を装着。
トルクもしっかり引き出しつつ速度を上げて行った時にスム―ズに加速する、
その様な味付けにさせて頂きました


【駆動系】
エンジン系ばかり気にして駆動系をサポートし忘れていては、
伝わるものも伝わりませんエンジンパワーが増しても
駆動系にロスが発生しているともったいないですね〜
駆動系もしっかり押さえましょう

まずはフロント側。

AT作動レスポンス向上でギアボックスへSEV「リンク」、

フロントデフへリンク「+2」を装着。

続いてリア側も。

デフケースへSEV「リンク」、

左右挟み込みでリンク「+1」と「+2」でリアデフをサポート
SEV「リンク」でクラッチ等のつながりの良さを向上させ、
リンク+シリーズ」で歯車噛み合い部分の伝達ロスを軽減させ
トラクションをたっぷりと確保致します

ハイスペックなお車が更にグレードアップ、隅々までSEVでサポートし
更なるパフォーマンスアップを目指しましょう
第3弾は乗り心地系をメインに行きます!


Club KII-TOSS
好評です、ワニダー10番線!
2011年09月23日(金) 13:47

いつもご利用ありがとうございます、AE111トレノのU様

ドレスアップにチューニング、メンテナンスと余念がなく拘りが伺えますね♪
画像を撮り忘れてしまいましたが、
サイドステップが新たに追加されており更にスポーティーに変化していました〜


今回はご予約頂いていた「ワニダー10番線」の装着でご来店下さいました。

従来の「ハイパーワニダー」より価格がリーズナブルになり、
なんと¥9450-(税込)

装着位置はこちら・・・

定番の位置ですがワニグチクリップはラジエターコアへ接続、
マグネット端子はボディの金属部分へワンタッチ接続し完了でございます

「コレは分かりやすい体感がありました。
トルク感が上がったせいか乗りやすくなりましたね。」

とコメントを頂きました〜

ラジエターに蓄積された帯電はエンジンレスポンス低下の原因になりますよ、
ワニダー10番線」で帯電とおさらばし気持ち良いエンジンレスポンスを引き出しましょう


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
正常にスパークさせましょう!
2011年09月22日(木) 16:15

いつもクラブキートスをご利用頂きましてありがとうございます、
スズキ ラパンSSのT様。前回のエンジンオイル交換に引き続き
基本メンテナンスでご来店

本日はスパークプラグの交換です!

即効で作業完了〜と思いきやエンジンヘッドの上に
吸気システムのパーツが・・・インタークーラーにパイピング、
レゾネーターを取外し、ようやくダイレクトイグニッションへ到着
すぽんっすぽんっと抜いてスパークプラグを交換


んん〜、やはり電極が摩耗してギャップが広がっていました。
丁度良い交換のタイミングでしたね、始動性も向上し
燃焼のタイミングが良くなることでパワーも回復

インタークーラーやパイピングの内面をきれいに洗浄し
元通りに組み付けて作業完了です。ありがとうございました
基本メンテナンス重要ですね


くらぶきーとす
理想の3点に。
2011年09月22日(木) 13:14

EATUNING
SEVをメインにチューニングを楽しまれております、
スバル エクシーガのK様。いつも遠方よりありがとうございます

今回は、
「以前から薦められていたハイパーの装着をお願いします。」

とのご用命です。

それでは作業の開始と参りましょう。

こちらがEATUNINGの要となるグラウンドケーブル「ハイパー」。

作業は実に簡単そのもの。

純正バッテリーマイナスケーブルと入れ替えるだけでOKです
主電源の強化はもちろんボディ剛性やエンジンレスポンスを飛躍的にアップさせ、
車のベースアップが図れます。
装着済みの「ハイパーデビル」、「ラムダ3」とのマッチングもグッドですよ〜。

K様
、今回でEATUNINGのスタンダードセットが装着された事になりましたね!
次回は吸気レスポンスと乗り心地の向上に定評がある「ラムダ4」は如何でしょう


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
新車時からSEVでサポート、第1弾。
2011年09月20日(火) 18:34

お乗換えされピッカピカの新車でご登場下さいました
スバル インプレッサWRX STI A-LineのK様

慣らし運転もそこそこに新車時からのコンディションを
キープするため「SEV」の移植作業に取り掛かります。
定番装着メニュー、簡単にご紹介と参りましょう!

【エンジンヘッド部分】
ストレス軽減に持って来いの「ヘッドバランサー HPシリーズ」、
ヘッド部分、プーリー部分の負担が掛かり易い部位をサポート

タイミングベルトが掛かるカムプーリー、カムシャフト軸上へ
H-1/吸気側」と「H-2/排気側」を装着。


カムシャフト上部から動弁機構の作動ロスを軽減、
P-1/吸気側」と「P-2/排気側」を装着。


【エンジン腰下部分】
燃焼爆発時の衝撃を一本の軸で受け止めます、
ヘッド部より更に高負荷の掛かるクランクシャフト部分
クランク Cシリーズ」と応用編でしっかりとサポート。

オイルパン側面から「C-1」で挟み込み
底面からはヘッドバランサー「V-2」を応用装着


クランクプーリー下は定番の「C-2」を装着。


【冷却系】
熱〜く熱せられたエンジンを冷却するのがラジエター冷却水
エンジン内部を循環する冷却水にSEVの効果を与え内部で発生する
金属の歪みや各部で起こるロスを軽減させます

ロアホースへラジエター「R-1」・「R-2」の挟み込み
+ラジエター「N-1」を装着。


高回転側の加速の伸びアップでアッパーホースへ
ラジエター「N-2」を装着。

【おまけ】

エンジンオイルの劣化防止でSEV「AL タイプR」をオイルフィルター
装着用のアタッチメントへ巻き付け本日の作業完了です

第1弾はエンジンルーム内を集中的に作業させて頂きました、
第2弾は下廻りの駆動系行きまーす


クラブキートス
ヨーロッパ車におすすめのオイルです。
2011年09月20日(火) 14:03

定期メンテナンスでご来店下さいました、VW ゴルフ5 R32のS様
当店取扱の「RESPO」オイルをご愛用頂いております
ありがとうございます

S様
ご用命のエンジンオイルは・・

ヨーロッパ車に最適のエンジンオイルRESPO「S TYPE
スポーツ走行から街乗りまで全ての用途に対応、
ヨーロッパ規格もクリアしたベストセラーオイル

RESPO S TYPE(10w-40) : ¥6,300(税込)/4L缶
   ゴルフ / オペル / アウディー / ベンツ /
   ボルボ / プジョー / アルファロメオ            などにおすすめです



オイルフィルター、パッキン類も定期的に交換して
きれいなエンジンオイルを循環させましょう
※オイルフィルターは持ち込みにてお願い致します!


オイルリフレッシュでエンジンも快調
快速ドライブをお楽しみ下さいませ。


★RESPO製品取扱店 クラブキートス
ボンネットも良いですね!
2011年09月19日(月) 17:34

EATUNING
SEVによるバランスのとれたチューニングで
元気な走りっぷりを見せているマツダ デミオのF様
いつもいつもありがとうございます

今回のお目当てはこちら、

グラウンドケーブルに新たに仲間入りした、「シャシコントロール・デビル10番線

装着箇所は多々ありますが是非とも抑えて頂きたい箇所である、

ボンネットに施工させて頂きました

ボディとボンネットを連結する事でボディの帯電質を抑制させ
ボディ剛性はもちろんエンジンレスポンスも飛躍的にアップ
更に走る楽しみが増しますよ〜

F様
号も定番から応用まで「シャシコン」シリーズが増えて参りましたね。
次回は低回転域からのフラットなトルク感が魅力的な
ワニダー10番線」がオススメです


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----