KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
EATUNING、始めます!
2011年01月31日(月) 16:01

2週連続でのご登場ありがとうございます、パサートW8のY様

先週は乗り心地の改善でSEV施工をしましたが、今回は走りのチューンナップで
電気系チューニングEATUNING」の導入にご来店です

「街乗りの時のトルク感と高回転まで回した時のレスポンスが
アップするセッティングでよろしく!」

とのオーダーを受け作業の開始です


まずはベーシックアイテムで電源強化から・・・
<ターミナル一体型バッテリー専用グラウンドケーブル>

ハイパー

バッテリーのマイナス側からボディへ接続。「ハイパーデビル」と
セットで施工すると、さらに電源供給のバランスが整います。


バルクヘッド上にあるカバーを取り外すと、
かなり容量の大きなバッテリーが搭載されております。
バックアップ電源をしっかりと確保しスムーズに交換できると思いきや・・・
超タイトスペース!


あらゆる工具を駆使し何とか交換できました。
純正マイナスケーブルと丸ごと入れ替える事で電源供給バランスが整い、
不要な電気をしっかりとアースさせます


次に車両下廻りの作業に移ります。

トルクフルでパワフルな走りが狙えるこちらのアイテム・・・
<オイル専用 帯電除去デバイス(トルク型)>

『ラムダ3 MAX TORQUE for oil』

エンジン・ミッション・デフオイル専用、オイルドレンにワンタッチ接続。
●エンジン/ミッション オイル内の帯電除去
●静粛性の高いエンジンフィールに変化


装着箇所はこちら↓

エンジン同様、下廻りもギッシリ詰まっており
ノイズ吸収コアパックを固定する箇所に悩みました
マグネット端子をオートマチックトランスミッションのオイルパンに接続、
ノイズ吸収コアパックをエンジンメンバーの僅かなスペースに固定させて頂きました。


本日の〆は、レスポンス向上アイテムのこちら・・・
<マフラーサイレンサー専用 帯電除去デバイス>

ラムダ3 MAX for silencer

マフラーサイレンサーハンガー用専用プラグのクリップ式接続。
●サイレンサー内部の帯電を吸収除去
●こもり音をなくしキレの良いサウンドに



左右W出しのマフラーですので2個必要になります


メインサイレンサーのハンガーにクリップを接続し、
バンパー裏のステーにノイズ吸収コアパックを固定。
サイレンサー内部の帯電を抑制させ、排気の流れを向上させます

所有されているアウディTTとは違ったメニューで攻めさせて頂きました。
じわじわ馴染んでくる「EATUNING」の効果をご堪能下さいませ


宮地@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
エンジンのストレス軽減に。
2011年01月31日(月) 13:38

エアロディッシュホイールにエアロミラーとラリーマシンを彷彿とさせますね
スバル インプレッサWRXにお乗りのF様でございます。
他にも随所に走り系チューニングが施されておりました

とっても元気なF様号にSEVチューンを施し更なるレスポンスアップを図ります。
「ストレス無く高回転まで吹け上がるレスポンスが欲しいです」

言うことでクランク「Cシリーズ」をチョイス
早速装着と参りましょう〜

まずはクランク「C-1

オイルパン底面へクランク「C-1」を装着し、SEVの効果を
クランクシャフト全体へ効かせます

続いてクランク「C-2

負荷の大きなプーリー側をサポートしストレスの無い加速レスポンスを
引き出しますクランク「C-2」をクランクプーリー下へ装着。

燃焼・爆発時に発生する衝撃を常に受け止め回転し続けている
クランシャフト、負荷やストレスも相当なものです
少しでもロスを軽減させ楽に回すことで元々持っているポテンシャルが
引き出され気持ちの良い走りが可能となります

根強い人気のクランク「Cシリーズ」、お薦めですよ〜


山崎@Club KII-TOSS
上には上がいますね。
2011年01月30日(日) 18:08

当店ではお馴染みのホンダ アコードユーロRのK様号、
昨日載せた20万キロ突破ブログにレスポンス良く反応して頂きました

外観からでは判断が付き難いですが・・・

実はK様号、つい先日22万キロを突破!!しかも・・
・ODOメーター
222222キロに、
・TRIPメーター
222.2キロのおまけ付き   凄すぎです
(※ご友人の方が助手席からハンドル前まで乗り出し撮影)


ちなみに現在、

ぞろ目がたくさん並んでいる状況です!と連絡が入りました(笑)

今後もしっかりとサポートさせて頂きますよ、
K様
号の個人耐久試験はまだまだ続く〜 


山崎@くらぶきーとす
まだまだイケます、このアイテム!
2011年01月30日(日) 16:05

トヨタ RAV4のB様、いつもりあがとうございます
本日は吸気レスポンス改善でご来店下さいました。

「エンジンルーム内眺めてたらふと気になって、
まだSEVの吸気アイテムで装着していないモノがあったから・・・」

と言う事でオーダー下さいました

吸排気システム「ステージ1」の吸気側オプションアイテムとして登場した、

スーパーインテークフライリング(SIF-160)」の装着です。

すでに「ステージ1」と「ビッグパワー」を装着済みでしたので
バランスを取り易い定番の位置へ装着させて頂きました
吸い込んだ空気をよりスムーズに引き込ませ軽快な吸気レスポンスを
引き出し、エンジンを回す楽しさをプラスしてくれますよ

ステージ1」を装着済みの方、もう少しレスポンスに変化を加えたい方に
特にお薦めですビッグパワー」と組み合わせて応用的に使うのも面白いですよ!


山崎@クラブキートス
モンスタープレオに何付ける?その5
2011年01月30日(日) 13:01

いつもありがとうございます、モンスタープレオにお乗りのK様
EATUNING」装着第5弾でございます。
本日は「エンジンルーム内を攻めて何か武装出来るアイテムあるかな?」との
ご要望でスタート。まずは現状把握のためドライブへ出発〜
お任せセッティング前の恒例行事になって来ました。

走り・レスポンス・挙動、どれを取ってみても軽自動車とは思えない反応・・・
何度乗せて頂いても気持ち良いです!モンスターの名に相応しいレスポンスを引き出すため
やはりパンチ力・ダッシュ力アップと言ったトルク系アイテムで攻めさせて頂くことに!

今回は黒い箱のラムダを2つ準備
・穴の中が黒いパンチングが ⇒ 「ラムダ3
・穴の中が青いパンチングが ⇒ 「ラムダ3MAX TORQUE for oil」です。
それでは早速作業&体感試乗と参りましょう〜。

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速


2個目の装着となります「ラムダ3」、1個目はエンジンヘッド部へ装着し
ノイズ発生源となるエンジンの帯電を除去しレスポンスアップを図らせて頂きました。

2個目はエンジンルーム内ボディー部分の集中アースへ「ラムダ3」を接続。
エンジン系のレスポンス向上もされますが、電装品レスポンスや乗り心地面を
集中的にケアし変化させます

ちなみに現状に「ラムダ3」のみ追加装着した場合では・・
『トルク感が増して車速が乗り易く、静か且つ気持ち良く加速して行きます。
少々乗り心地でしなやかさが出て来て挙動の安定感に若干の変化が・・・』




続いては応用編、最近ちょこちょこ出ております
ラジエターへのラムダ装着でございます。
<オイル専用 帯電除去デバイス(トルク型)>

『ラムダ3 MAX TORQUE for oil』

エンジン・ミッション・デフオイル専用、オイルドレンにワンタッチ接続。
●エンジン/ミッション オイル内の帯電除去
●静粛性の高いエンジンフィールに変化


まだまだ体感されている方は少ないでしょうか

ラジエターロアホースへ「ラムダ3MAX TORQUE for oil」の応用装着
本来はオイルに波及する帯電を除去するのがこのアイテムのお仕事ですが、
冷却水にも同様の効果を効かせることが出来体感もしっかり出来ます。

ちなみに現状に「ラムダ3MAX TORQUE for oil」のみ追加装着した場合では・・
『モリモリのトルク感に鋭さが加わり、エンジン容量的に余裕が出て来た体感がありました。
乗り心地面で少々踏ん張りが強く効く車体に変化した様な感覚が・・・』



最後に2個装着して試乗すると・・・
なんとまぁ素晴らしい、それぞれのレスポンスの良さはそのまま引き出され
低速からのパンチの効いた鋭いレスポンス・車速の伸び・余裕感をしっかりと発揮
少々気になっていた乗り心地面でも、足回りをしっかりと運動させる剛性感が出て
サスペンション運動がしなやかに行われて絶妙なバランスが取れておりました

最終チェックでK様に試乗して頂いたところ・・
『エンジンレスポンスとか向上したのはもちろん分かるけど、乗り心地が
変化するのには驚きました!何とも表現し難いけど絶妙なバランスが
取れて安定感も増して乗り心地が良くなっていましたね』
と。
レスポンスに乗り心地と+アルファのラッキーも加わり本日の作業完了です、
今回も長時間お付き合い頂きましてありがとうございました


作業中私の変わりに元気に愛想を振りまいくれていたマスコット犬のセブ君も
最後はクタクタになりお昼寝してました(笑)

モンスタープレオの進化はまだまだ続きます


山崎@クラブキートス


********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ホンダエンジンの良さを引き上げます。
2011年01月29日(土) 17:38

ホンダ アコードユーロRのK様、いつもありがとうございます
本日は排気レスポンス改善でご来店下さいました。

澱みなく気持ち良くエンジンを回したいとのことで、

EATUNINGアイテムの中でもお気に入りの緑サイレンサーをチョイス

<マフラーサイレンサー専用 帯電除去デバイス>

ラムダ3 MAX for silencer

マフラーサイレンサーハンガー用専用プラグのクリップ式接続。
●サイレンサー内部の帯電を吸収除去
●こもり音をなくしキレの良いサウンドに


緑サイレンサー2個目の装着となりますので
じっくりと吟味して頂きましょう。3パターンをトライです
(現状は後方分岐点へ緑サイレンサーを1個装着)

【ケース?】:水色枠
現状+エキマニ4→2の集合部分へ追加
『フロント側へ付けているだけにトルク感が出て来ますね、
鋭いレスポンスにトルク感が加わり街乗りでの楽しさが格段に増えた感じです』


【ケース?】:緑色枠
メインサイレンサーフロントハンガー部分
『車速の伸び、回転の吹け上がりが高回転までスパーンっと気持ち良く
続き高速巡航時の楽さがプラスされホンダ車らしさが底上げされます。
一体どこまで回るの?と言った感じです(笑)』


【ケース?】:黄色枠
メインサイレンサーリアハンガー部分
『排気の抜けの良さは一番だけど、フロントハンガーと比べると
高回転側の伸びがイマイチ・・・。サイレンサーの構造もあるのかな』


と、ガッツリ体感試乗をして頂き軍配が上がったのは
【ケース?】のエキマニ集合部分のハンガーに決定
早速装着と参りましょう〜

まずは下準備、こんな所を磨いても・・・意外に変わるんです
汚れ・錆を綺麗に落とし通電性アップ


ノイズ吸収コアパックは安全な位置に装着、少々複雑な取り回しを経て
エキマニ集合部分のハンガーへクリップを接続し装着完了
マフラー内部の排気干渉や摩擦によって起こる帯電を除去し
排気レスポンスを飛躍的に向上させてくれます

今回色々とお試し頂き、セッティングでまた新たな目標も見えて来たK様号。
次なる目標の前にじっくり走り込み「EATUNING」の面白さをご堪能下さいませ
しかし変わるものですねぇ〜


山崎@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
遂に20万キロ走破です。
2011年01月29日(土) 16:07

AMG メルセデス E55ステーションワゴン、
代表 紀伊の愛車でございます。

なんだかんだと走り込み・・

先日ついに走行距離が20万キロを突破
(ワタクシ山崎が助手席から撮影)
消耗品を交換し基本メンテナンスを定期的に施して来たSEV」と
EATUNING」のお陰ですかね、致命的なトラブルも無く
衰え感も無く元気に走り続けております


最近ではEATUNING化が進行中のE55、
 ・「ラムダ3」/ボディーアース集中部分
 ・「ラムダ3 RS」/エンジンヘッド
 ・「ラムダ3MAX for oil」/ミッション
 ・「ハイパーデビル3番線」/ミッション〜ボディー間
と装備しております
もっと楽に快適にと、新たに導入したのがこちら↓

<マフラーサイレンサー専用 帯電除去デバイス>

ラムダ3 MAX for silencer

マフラーサイレンサーハンガー用専用プラグのクリップ式接続。
●サイレンサー内部の帯電を吸収除去
●こもり音をなくしキレの良いサウンドに


エンジン系ばかり元気になっても・・・と言う事で、

ラムダ3 MAX for silencer」を追加装着し排気レスポンスを向上させ
バランスの取れた乗り味へと変化させます
店長 宮地がステーを製作しノイズ吸収コアパックをバッチリと固定

全く衰えを感じさせないE55、
今後も益々進化を続け距離を稼いで行くことでしょう。
まだまだ元気に頑張ってね、ベンツちゃん


山崎@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
EATUNING、如何でしょう?
2011年01月29日(土) 12:44

ピニンファリーナが担当したデザインとロッソスクーデリアのボディカラーが美しい
フェラーリ575マラネロのH様

こちらのお車でのご来店は久し振りでございます♪

実はH様
BMW740i、シトロエンC4ピカソ、ゴルフ5GTIなど多数所有されており
もちろん「EATUNING」が施工されております


最高出力515PS、最大トルク60.0kg·mを発揮する5.75L、V12エンジンが
フロントに搭載されている575マラネロ。

更に各部レスポンスを高める為に
是非、「EATUNING」を施工してみたいですね

575マラネロには・・・
ハイパー
ハイパーデビル
ラムダ3
のスタンダードセットと、
ラムダ3MAX for silencer
が面白いと思いますよ


宮地@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
SEVでコンディションアップ!
2011年01月28日(金) 17:30

なかなかお目に掛かれない1台です、シトロエン エグザンティアにお乗りのH様
同じ型のエグザンティアを乗り継ぎ3台目とかなりのシトロエンフリークでございます

本日は・・
「以前体感した時のフィーリングが良かったので、レスポンスアップと
保護を狙って装着に来ました」
とSEV装着でご来店、ありがとうございます!

エンジン排気量も大きく、走りも特に不満は無いとのことでしたが
長く乗り続けるために労わりつつレスポンスを上げつつと言う事で、


冷却系アイテムのラジエター「R-1」をお薦めさせて頂きました


定番装着位置です、ラジエターロアホースのエンジン寄りへ装着。
エンジン内部を循環し冷却するラジエター冷却水にSEVの効果を伝え
燃焼爆発時や高負荷時に発生する金属歪みやブレを軽減させ
エンジン本来の性能を引き出します


もうひとアイテム追加で、乗り心地改善を図ります。

「シトロエンのサスペンション、フワフワと乗り易いのだけど高速走行時の
安定感と、コーナリング時のしなやかさが欲しい」
とのご要望で、
センターオンコンフォート」を助手席足元へ設置。
シャーシのみならずエンジン・ミッションにと広範囲で効果を伝えて
各部レスポンスアップを図ります

元気に回るエンジンと、しなやかに動くシャーシで
快適・快速ドライブをお楽しみ下さいませ


山崎@クラブキートス
じっくり体感で判断です。
2011年01月26日(水) 15:30

バンパーエアーインテークにLED Dayライトが装備されたS様セドリック、
しばらくトルク系アイテムのお試しをして頂いておりました。
ようやくお好みのフィーリングに辿り着いたため本装着でご来店♪

S様
お好みに合ったアイテムは・・
<オイル専用 帯電除去デバイス(トルク型)>

『ラムダ3 MAX TORQUE for oil』

エンジン・ミッション・デフオイル専用、オイルドレンにワンタッチ接続。
●エンジン/ミッション オイル内の帯電除去
●静粛性の高いエンジンフィールに変化


エンジンオイルパン応用編のオイルフィルターミッションオイルパンと
試して頂き、一番良かった位置へ装着

軍配はミッションオイルパンに上がりました!
ノイズ吸収コアパックをフレームサポートバーへ固定し、
スチール製のミッションオイルパンへマグネットを装着し完了

『駆動系のサポートが出来ていなかった為、装着後は分かり易い変化が
表れました!車の後ろをドーンっと押された様なトルク感と走りが加わり、
トラクションの掛かりが一段と増してますね』
と笑顔のS様
ありがとうございます


おまけで以前装着させて頂きました「ラムダ3MAX for silencer」の
微調整もさせて頂きました。メインサイレンサーハンガーより少し
手前のマフラーハンガーへクリップを移動させ更なる力強いレスポンスを
引き出させる味付けでございます。

着々とEATUNING化が進み、軽快且つパワフルなレスポンスに変化して行くS様号、
今後の変化が益々楽しみです


山崎@Club KII-TOSS


********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
X-5にSEV移設、第2弾。
2011年01月26日(水) 11:50

ピッカピカの新車、X-5のK様
こちらのX-5には、
306馬力を発生する3L直6ツインターボエンジンが搭載されております。
スポーツカー並みのスペックですね〜♪

前回に引き続き、SEV移設第2弾でございます

【駆動系】

変速をスムーズにする為にミッションケース側面に「SEVリンク」を装着。
誕生からかなりの年数が経っていますが、現役で活躍

【ブレーキ系】

前後ブレーキキャリパーに「SEV-AL」を装着。
ブレーキ時に起こるキャリパーの歪みを抑制し制動力向上に繋げます。

【足廻り系】

前後ショックアブソーバーに「SEV-AL」を装着。
アブソーバーの歪みを抑えピストンの動きをスムーズにする事で、
乗り心地の向上に繋げます。
また、アブソーバーの延命効果にも一役買ってくれます

【車内環境改善】

エアコン配管に「イオンDEエアコン」を装着。
冷媒に働きかける事で効果を発揮し、車内を快適な空間に変化させてくれます

納車直後でしたが一気に装着させて頂きました。
しばらく乗って頂き、快適快速仕様を目指してステップアップを図って行きましょう


宮地@クラブキートス
初・EATUNINGです。
2011年01月25日(火) 15:45

大変ご無沙汰しておりましたーE46 320iのN様
遠方よりご来店、感謝感謝でございます

「例のEATUNINGが物凄く気になって試しに来ました。
加速の伸びがもっと欲しいんですけど、
オススメの物を試させてください。」

とご用命を頂きました

加速の伸びと言う事でしたら、まずはコレですね↓
<マフラーサイレンサー専用 帯電除去デバイス>

ラムダ3 MAX for silencer

マフラーサイレンサーハンガー用専用プラグのクリップ式接続。
●サイレンサー内部の帯電を吸収除去
●こもり音をなくしキレの良いサウンドに


説明はほどほどに、早速走ってもらいましょう

試乗後・・・
「体感できますね〜。
気持ち良いぐらいレスポンスが良くなりました!
レッドゾーン手前でもまだ加速できそうなぐらいでした。
では、本装着をお願いします!」

とインプレッション&オーダーを頂きました ありがとうございます

装着箇所はこちら・・・

メインサイレンサーのハンガー部にクリップを接続、
ノイズ吸収コアパックをバンパー内のステーに抱き合わせて固定。

サイレンサー内部の静電気や帯電を抑制し排気レスポンスが向上
またマフラーサウンドの乾いた音質に変化しこもり音軽減にも繋がります

装着直後より馴染んできてからが本領発揮です。
乗る度に変化していく「EATUNING」の効果をお楽しみ下さいませ


宮地@クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
定番メニューで乗り心地改善。
2011年01月25日(火) 12:18

アウディTT、VWトゥーランも所有されているドイツ車フリークのY様
BMWクーパーSコンバーチブルから乗り換えられた
VWパサートW8でご来店下さいました しかも、既にドレスアップ済み(笑)

「社外品のサスペンションキットに交換してホイールをインチアップしたら
乗り心地が気になってしまって・・・。
クーパーSから外したSEVの移設と合わせてセッティングお願いします。」

とご用命を頂きました

まずは定番メニューから参りましょう

ホイールに「SEVホイールtypeR」を施工。
タイヤのしなやかさを向上させ突き上げ感を軽減させます
またロードノイズの軽減やグリップ力向上等の効果も期待できます。

クーパーSからの移設で・・・

SEVロアアームスポーツ」を装着。
余分な動きを吸収することで足廻り本来の動きを引き出し、
安定感のある走りが得られます。


車内環境改善で「エアーベスト」をエアコン吹きだし口にセット。
風を当てる事で効果を発揮し車内消臭やリラックス空間を提供します。

他にも装着するアイテムは多数ありますが、
EATUNING」を含め徐々にステップアップしていく事に


Y様
のW8、今後の進化が楽しみですね♪


宮地@クラブキートス
X-5にSEV移設、第1弾。
2011年01月24日(月) 18:13

BMW製のSUV、X5でご来店下さいましたK様
走行距離、僅か50キロの新車でございます。
前車、ランドローバーディスカバリーからのSEV移設の為に納車直後の入庫です♪

それでは、早速作業の開始と参りましょう

【エンジン系】

エンジンヘッド側面の吸気側に「ヘッドバランサーH-1

エンジンヘッド側面の排気側に「ヘッドバランサーH-2

エンジンヘッドカバー上面、ベルト寄りに「ヘッドバランサーP-2」、
中央付近に「ヘッドバランサーP-1」を装着。
エンジンヘッド内部のストレスを軽減し、スムーズな加速レスポンスを引き出します

【吸排気】

スロットルボディ直前にビッグパワーインテーク「BI-160」を装着。
エキゾースト「BT-160」はメインサイレンサー直前に装着、
バイク用エキゾースト「MB-T」はサイレンサー直後にセットアップ。

【燃料系】

フューエルPE」を燃料ラインに装着。
燃料を燃えやすい状態へと変化させ燃焼室へ送り込みます。
ビッグパワー」との相乗効果でトルクフルな走りが期待できます。

エンジン系統は一先ず終了
次回は【駆動系】【足廻り】にSEVを移設していきますよ〜♪


宮地@クラブキートス
ダイレクト感を向上させましょう。
2011年01月24日(月) 14:00

お馴染みBMW MINIクーパーSのS様、いつもありがとうございます
EATUNING」と「SEV」をバランス良く施工し、
走って気持ち良いお車に進化中でございます

今回は・・・
「ミッションのダイレクト感を向上させたくて・・・」

とご用命下さいました。

ダイレクト感向上と言う事でトルクコンバーターに着目
使用するアイテムはこちら↓

SEVリンク+2」でございます

エンジン出力をダイレクトにミッションへと伝える為に
トルクコンバーターケースに装着し、暫く走ってもらう事に

「出だしのダイレクト感が良い感じになりましたね。
低速時にもたつく事もなく、特に高回転域での加速力は強烈でしたね!
気になる吸気音への影響も無く(笑)OKです。」

とGOODインプレッションを頂けました

ますます走る楽しさがアップしたお車でのドライブを楽しんで下さいね


宮地@クラブキートス


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----