KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
メリハリのあるエンジンに。
2010年11月30日(火) 15:42

E39 530iのK様、いつもありがとうございます

「新しく出たオイル専用のラムダ。
アレを今日は付けようかなと思って。装着出来る場所、ありますか?」

と言う事でご来店下さいました。

事前にワタクシの愛車でスペースを確認済み
しっかりと取り付け可能ですので、作業に取り掛かります

<オイル専用 帯電除去デバイス(トルク型)>

『ラムダ3 MAX TORQUE for oil』

エンジン・ミッション・デフオイル専用、オイルドレンにワンタッチ接続。
●エンジン/ミッション オイル内の帯電除去
●静粛性の高いエンジンフィールに変化



マグネットをエンジンオイルドレンに接続、
ケーブルが長いため走行中に引っかかったりしないように取り回し、
コアパックをサブフレームにしっかりと固定させて頂きました

ラムダ3MAX TORQUE for oil」は、
エンジンにメリハリが出て、力強く車を進めてくれます
もちろんエンジンの静粛性も「ラムダ3MAX for oil」と同様に向上します

また、ミッションやデフに装着しても面白い変化が表れると思いますよ♪

・メリハリのあるエンジンに:

・静粛性向上:



KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
主電源を強化していきます!
2010年11月30日(火) 13:30

スズキ ラパンSSのT様
EATUNING
の初導入にご来店です


初導入のメニューは軽自動車用グランドケーブル
ハイパーミニマム」と「ハイパーデビルミニマム」です。

EATUNING
の基本となる2本のグランドケーブルが、
車両の電源供給を強化し、車両のトータルバランスを底上げします。


デビルをマネージャー山崎が、ハイパーはワタクシ田渕が作業させて頂きました

ハイパーミニマム」の取り付け画像です。
バッテリーマイナス側のケーブルを純正から交換。
車体に帯電した電荷を強力に流していきます。


ハイパーデビルミニマム」の取付け画像です。
エンジンから発生する電荷を、しっかりと流し各部レスポンスアップを図ります

次回は、大幅なレスポンスアップが期待できる
ラムダ3」の導入がオススメです

走行安定性向上:
静粛性、振動軽減:
エンジンレスポンス向上:

KII-TOSS★田渕

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ラムダ3RSに引き続き。
2010年11月30日(火) 11:14

いつもありがとうございます ボルボV70RのS様

前回より「EATUNING」を開始。
高回転域を重視した「ラムダ3RS」を装着させて頂き、
その効果が大変良かったと言う事で、本日は第2弾でございます

「高回転域が良くなった分、低回転域が気になってしまいました。
低速重視のラムダ3と前回オススメしてもらったハイパー系をお願いします。」

とオーダーを頂きました。


それでは作業の開始です

<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。


バッテリーマイナス端子からボディ間を「ハイパーデビル」で接続。
本来であれば「ハイパー」に入れ替えたいところですが、
純正マイナスケーブルが長く規格外でしたので「ハイパーデビル」を
応用装着させて頂きました


エンジンからボディ間の純正アースケーブルを「ハイパーデビル」に入れ替え。
余分な電気をしっかりと流す為に太い3番線をチョイス
各部のレスポンスアップに繋げます。


<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速



エンジンルーム内にアースポイントは沢山あるのですが、
コアパックを固定できる物がない為ステーを製作します


完成したステーをエンジンルーム内のカバーにボルトにて固定。


アースポイントに端子を接続、
コアパックをステーにタイラップでしっかりと固定し作業完了でございます

ハイパー」シリーズで余分な電気をしっかりと流し、
ラムダ」シリーズで帯電質を吸収除去させるのが理想です
今回の施工で更にベースアップが図れましたね♪

「次は、サイレンサーいきますよ!」
S様
ラムダ3MAX for silencer」も頑張ってくれますので今後も楽しみですね

・電源強化でベースアップ:

・低速域からのスムーズな加速レスポンス:



KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
部品保護にもなります
2010年11月29日(月) 19:36

度々のご来店ありがとうございます。ニンジャにお乗りのN様
納車から3ヶ月で既に1万キロ越えと、かなりのハイペースで走られている為、
車両メンテナンスには人一倍気を使われております


部品保護と、足の動きをスムーズにし乗り心地の向上を狙い
A・L」をアブソーバーに装着させて頂きました

続いても部品保護に、期待した装着をしていきます。

細くカットした「ホイール」をハブ部分に貼り付けていきベアリングの延命効果を狙います。
ちょっとした施工ですが、早いうちからしておく事で、
後々のヘタり具合に差が出てきます

各所パーツをSEV化しコンディション維持で
快適ツーリングをお楽しみ下さい

KII-TOSS★田渕
初・EATUNING
2010年11月29日(月) 17:48

スカイライン350GTのK様
本日は、プチ乗り心地改善メニューと「EATUNING」の施工でご来店下さいました。

まずは、乗り心地系から作業の開始です

こちら、「ドライルーブforダンパーの施工でございます。
ピストンロッド部にシュッと吹きつけるだけで、
フリクションロスが軽減され乗り味がマイルドに変化
足廻り1回分/¥2100-(税込み)で承っております。


次に本題の「EATUNING

「出だしからスムーズに加速するように・・・」

とのご要望から、こちらのアイテムをオススメさせて頂きました。

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速


装着の前に、アースポイントとコアパックの装着スペースを確認
アースポイントはOKですが、コアパックの装着スペースが見当たらず・・・

少々お時間を頂きステーを製作しました
ストラットタワーバーのボルトを使用して固定。


アースポイントに端子を接続し、コアパックを先程のステーにしっかりと固定し作業完了。
ハーネスより発生しているノイズを吸収除去し、レスポンスアップに繋げます

馴染むまでに少々お時間が掛かりますが、「EATUNING」は
日々の変化量が大きい為運転が楽しくなりますよ♪

他にもオススメアイテムがございます
徐々にステップアップを図っていきましょう

・低速からの加速レスポンス:

・振動軽減、静粛性向上:



KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
EATUNING出張取付 Part:1
2010年11月29日(月) 11:40

先日、「EATUNING」の出張取り付けにI様のお宅へお伺いしてきました

まず最初に装着させて頂いた車両ですが、

なんと、アストンマーチン・ヴァンキッシュV12 
イギリスの超スーパーカーでございます


6リッターV12、517psというビッグパワーを発揮するパワーユニット。
EATUNING」でどれだけ変化が与えられるか非常に楽しみです♪


それでは取り付け作業と参りましょう

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速


アストンマーチンは、ボディ各部にアルミが使用されており
接続できそうなアースポイントがなかなか見つかりません・・・。


悩みに悩み、最終的にエンジンヘッド部のアースポイントへ端子を接続、
「ツーリングに行ったときに仲間達に見せるから、見えやすい所に付けといてね。」

と言う事で、コアパックはストラットタワーバーにしっかりと固定させて頂きました

装着後、快音を轟かせ試乗に・・・
「装着直後だからか、あんまり分からないかな。
なんとなくスムーズな気もするけど、でも面白そうだから暫く乗ってみるよ!」

I様

馴染むまでに100kmほど走行が必要ですので、コレからが本領発揮ですよ


作業終了後、じっくり見させて頂きましたがとってもオーラのあるお車でした

・スーパーカーにオススメ:



KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
オートマの守護神
2010年11月28日(日) 19:16

オイルメンテナンスに「RESPO」を使用し、お車のグッドコンディション維持を
心掛けられている、マツダ MPVのオーナー様


本日、オーダー頂きましたのは、オートマの守護神「RESPO AT添加剤」です。

ATFに適量ブレンドするだけで、
使用中のオイルを潤滑性能に優れた粘弾性オイルに改質

燃費向上
耐久性向上
シフトショックの改善
トルクコンバーターのスリップ現象の改善
ATFの劣化防止
スポーツモードAT (CVT含む)の反応時間短縮

等の効果があります

エンジンだけでなくミッションもグッドコンディション維持で、
快適ドライブに繋げて参りましょう

KII-TOSS★田渕
0→400に備えてEATUNING
2010年11月28日(日) 17:10

内外装共にキレイに作り込まれたショーカー、ゴルフ4GTIのI様

ゴルフ5GTI用のワイドフェンダーを加工取り付け、AMGのマフラーカッター、
超深リムのホイールがセットアップされているこちらの車両で、
「来月ゼロヨンに参戦するので、今流行のEATUNINGをお願いします!」

と言う事でご来店下さいました


ゼロヨンは高回転域まで使う競技と言う事もあり、こちらをオススメさせて頂きました。

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3 RS

純正ハーネスのアースポイントに接続し、高周波を除去。
「ラムダ3」の高回転向けの仕様。
●高周波除去
●高回転までの吹け上がり、レスポンスを向上



さあ、装着・・・といきたいところですが、
コアパックをしっかりと固定できる箇所が見当たらず、ステーのワンオフ製作を開始


アルミ材をカット→曲げ→リベットで合体→鑢で研磨してステーの完成


ステーの画像を取り忘れてしまいましたが、
バルクヘッドにある純正ボルトを利用してコアパックを固定、
端子はエンジンヘッドのアース部へ接続し取り付け完了でございます

しっかりと走り込んで、「ラムダ3RS」の効果をご堪能下さいませ

更に戦闘力を高めたい場合は、電源強化の「ハイパー」シリーズや、
ストレートでの加速レスポンス向上を狙って「ラムダ3MAX for silencer」がオススメです

・高回転域までのレスポンス向上:

・スポーツ走行などに:



KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
デミオを元気に!
2010年11月28日(日) 16:36

マツダ デミオのY様、いつもありがとうございます


盛りだくさんのメニューで本日も愛車のコンディションアップと参りましょう

まずは隠れ人気メニューのプチ乗り心地から。

足回りにシュッと吹き付けるだけで乗り心地がマイルドに変化!
ドライルーブ for ダンパー」の施工、ピストンロッド摺動部の
フリクションロスを軽減させスムーズに動く足廻りに
ドライルーブ for ダンパー¥2,100-(税込)/足回り1回分


続きまして「SEV」装着、
トルクアップと安全面の強化を図ります。

燃料系アイテムの「スーパーフューエル」、メインの燃料ホースへ装着し
燃料をSEV化色々ある燃料系SEVの中でもトルク感強めの味付けが施されており、
アクセルをベタベタ踏み込まなくても軽〜く車が前に進んで行きます


安全面の強化はブレーキ、定番メニューの装着です

ブレーキキャリパーへSEV「AL タイプR」の装着。
キャリパー本体の歪みやブレを抑制し、安定したブレーキ性能を発揮
しっかりと止めるブレーキ、重要ですね


最後の〆はやはりコレ、電気系チューニングアイテムの「EATUNING
初導入メニューはグラウンドケーブルから攻めます。
1つ目はバッテリーマイナスケーブルの強化!

<ターミナル一体型バッテリー専用グラウンドケーブル>

ハイパー

バッテリーのマイナス側からボディへ接続。「ハイパーデビル」と
セットで施工すると、さらに電源供給のバランスが整います。


ミッションからのアースは生かして「ハイパー」へ接続、
純正ボディーアースポイントへ接続し「ハイパー」完了。


2つ目はエンジンアース線の強化!!
体感試乗では・・
『確かにレスポンスも乗り味も変化しますね、車が軽く進みます』

とGoodフィーリングでした

<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。


こちらは純正アース線と丸ごと交換、帯電している不要な電気
しっかりと除去し各部のレスポンスアップにつなげます。
Y様
は6番線をチョイス

豊富なメニューで走りもかなりの変化が期待出来るのではないでしょうか
馴染むのに少々お時間が掛りますのでじっくりとドライブをお楽しみ下さいませ。
インプレッションお待ちしておりま〜す


KII-TOSS★山崎

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
今回はSEVです。
2010年11月28日(日) 14:01

BMW MINIクーパーSのS様、「EATUNING」で急速進化中ですが
本日は一休みをして「SEV」でコンディションアップと参りましょう。

1つ目はブレキー系

施工されている方は多いのではないでしょうか?ブレーキマスターバックへの
SEV「AL」装着。倍力装置となるマスターバック、内部のダイヤフラム機構の
作動レスポンスと気密性を向上させブレーキレスポンスを飛躍的に向上させます。

2つ目は燃料系

ナチュラルなレスポンス変化が魅力です
メインの燃料ホースへ「FL3連」を装着、アクセルを踏み込んだ時の
スムーズな加速感・回転の吹け上がりの良さを引き出してくれます

最後はエアコン系

既に1つ装着済みですが、年中稼働させることが多いとのことで
エアコンコンプレッサーへSEV「リンク」を追加装着。コンプレッサー稼働時の
負荷を軽減させ、エンジンレスポンスダウンを抑制し圧縮効果を向上させます。

SEV保護系メニュー、時には如何でしょう


KII-TOSS★山崎
ハイパー系から導入。
2010年11月27日(土) 18:14

SEVタップリ装着仕様のデリカD5、K様
先日ご来店時にオススメさせて頂いた電気系チューニングアイテム、
EATUNING」の装着でご来店下さいました

第1弾は、電源供給バランスを整える「ハイパー」シリーズから導入させて頂く事に決定


アースポイントの位置等は前回確認済みですので、
まずは「ハイパー」から作業の開始です

<ターミナル一体型バッテリー専用グラウンドケーブル>

ハイパー

バッテリーのマイナス側からボディへ接続。「ハイパーデビル」と
セットで施工すると、さらに電源供給のバランスが整います。


純正マイナスケーブルにはミッションへ繋がっているケーブルがありますので、
そのまま生かして装着する事に
ハイパー」の端子をバッテリーマイナス端子へ接続、
ケーブル端子を純正アースポイントに接続して完了


次に「ハイパーデビル」の装着に移ります。

<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。


エンジンヘッドからボディ間を「ハイパーデビル」で接続。
エンジン回転などの摩擦抵抗から生じる不要な電気をしっかりと流す為に
太い3番線をチョイスさせて頂きました

・電源強化でベースアップ:


次は、帯電を吸収除去する為の「ラムダ3」の導入がオススメですよ〜


KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
初導入です☆
2010年11月27日(土) 16:21

ホンダ FitのM様
今回は電気系チューニングを、初導入にご来店頂きました

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速



エンジン純正アースポイントに接続し、エンジンに発生した電荷
空中放電させ、出足からモリモリと力強い加速感が味わえます

『EATUNING変わりますね、出だしの力強さがグン!と増して、
レスポンスもさらに良くなりました!!
馴染んだ後の今後の走りが楽しみです

いつもインプレッションありがとうございます

EATUNINGは馴染むのに時間が掛かりますが、
その間の変化度合いも大きく、更に気持ち良い走りを引き出していきますよ

出足からの力強い加速:

KII-TOSS★田渕

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
箱の効果を引き上げます。
2010年11月27日(土) 14:07

マツダ RX-8のA様、先日ご装着させて頂いた「ラムダ3」と「ラムダ3 RS」の
効果・体感が非常に良かったので、追加装着のため再びご来店下さいました
街乗りからハードなサーキット走行もされるA様号、「SEV」と「EATUNING」を
バランス良く施しレスポンスアップを図ります。

一つ目は「SEV」、

Newアイテムのヘッドバランサー「Vシリーズ
新技術搭載で、より効果・体感度を高めたエンジン系チューニングアイテム


今までお試し頂いた中で一番フィーリングの良かったエンジンカバーへ
ヘッドバランサー「V-1」を装着。「P-1」「P-2」への底上げ効果も発揮し
回転全域で気持ちの良いレスポンスを引き出します


続きましては「EATUNING」、先に箱物の「ラムダシリーズ」を
装着させて頂きましたが、その効果をより一層引き上げるために
グラウンドケーブルを導入です

<ターミナル一体型バッテリー専用グラウンドケーブル>

ハイパー

バッテリーのマイナス側からボディへ接続。「ハイパーデビル」と
セットで施工すると、さらに電源供給のバランスが整います。


純正のケーブルと入れ換えます、ミッションから来るアース線は
生かし「ハイパー」へ結合。純正ターミナルをしっかりと絶縁し
入れ換え完了

<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。


エンジンからボディーを連結しているアース線を「ハイパーデビル」と入れ換え、
帯電している不要な電気をたっぷり流すことで各部がレスポンスアップ。
太めの3番ケーブルをチョイス

帯電除去デバイスのみでも効果は十分に発揮致しますが、更に効果を高めるのに
グラウンドケーブルはなくてはならない存在です
箱物装着された方、次なるメニューにケーブル装着は如何でしょう
非常に面白い変化が味わえますよ

・トルク感アップ、レスポンスアップに :

・車格をワンランク上げた様な安定感 :



KII-TOSS★山崎

**************************************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
**************************************************
駆動系へ「ハイパーデビル」
2010年11月27日(土) 12:15

EATUNING」での進化が止まらないE39 530iにお乗りのK様

「この間、オススメしてもらった箇所に施工をお願いします。」

と言う事でご来店下さいました。ありがとうございます


今回使用するアイテムはこちら・・・

<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。


装着箇所は、オートマチックトランスミッションからボディ間のアースとして
施工させて頂きました

エンジンからボディ間は純正アースケーブルから交換しているのですが、
オートマチックトランスミッションには純正アースケーブルが無し・・・。
エンジン同様、不要な電気の発生源だと言っても過言ではない為
今回の施工となりました

狙い通りの効果が得られたのか否か、後日インプレッションをお聞きしたいと思います

・駆動系の帯電除去:



KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ラムダ3からチョイス
2010年11月26日(金) 11:53

スーパーチャージャー仕様のクーパーS、T様

SEV」を装着する事で着実にステップアップしております
本日は、T様ご要望の箇所へのSEV施工と「EATUNING」の装着の為に
ご来店下さいました。

まずはSEVから・・・

SEVホイール」をストラットハウジングに装着。
ピンポイントでのボディ補強ですが、
乗り心地向上に繋がる施工箇所でございます


続いて、本題の「EATUNING」へ移ります。
T様
が気になられていた、こちらを体感試乗して頂く事に・・・

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速


試乗後、
「見た目は怪しいですけど、ホンマに変わりますね!
出だしから軽くスムーズで、あと全体的に静かになったかな。
コレ、付けましょう!」

とオーダーを頂きました ありがとうございます

体感用を取り外し、新品へと付け替えさせていただきましょう

フレーム部の純正アースポイントに端子を接続し、
コアパックをストラットハウジングの穴を利用してしっかりと固定し作業完了でございます

馴染むのに少々お時間が掛かりますが、今以上に頑張ってくれますので
楽しみながら運転してくださいね♪

・低速域からのスムーズな加速レスポンス:

・静粛性向上:



KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----