KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/08
  • 2018-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/10
ホイール履き換え
2013年09月13日(金) 16:23
いつもありがとうございます。H様
ご予約頂いておりました、
415COBRAのハイエース用ホイール「バッド ラッカー」の
取付にご来店です。



装着車両は、日産のNV350
15インチから18インチへアップで、
お車の印象がガラッと変わりましたね

またのご来店をお待ちしております


エアロカーキング
乗り心地にプチアイテム
2012年09月15日(土) 17:04

日産 ティーダのK様
今回は、
nismo製の足回りに入れ替えているお陰で、
走行安定性はいいのですが、乗り心地の固さが気になって

と、このアイテムをオーダー下さいました


スプリングに「メタルコンパクト
貼り付け部の柔軟性が増して、初期入力の軽減に効果があります

扁平タイヤやサスなど足廻りを交換している方に
特にオススメのメニューです。

今回のSEV施工は如何でしたでしょうか
またのご来店をお待ち致しております


クラブキートス
電気系強化に欠かせないアイテム。
2012年06月03日(日) 19:00

新製品に常に敏感です、日産 プリメーラ・カミノのW様
いつも遠方からのご来店ありがとうございます


早速ですが本日のメニューと参りましょう

オーディオ用SEVバッテリー」は別格として、バッテリーの
第2世代として登場したSEV「ボルテージの装着です。
ナノSEV技術を搭載し、より強力にSEV効果を発揮し
ノイズや抵抗と言った電気的ストレスを大幅に軽減させてくれます。


エンジン系や駆動系のメインのヒュージブルリンクへSEV「ボルテージ」を
挟み込みで装着。トルク感、スムーズに吹け上がるレスポンスが引き出されます


今回のSEV「ボルテージ」装着で歴代の「バッテリーシリーズ」が
全て装着完了になりましたね!装着位置のご紹介〜

実はW様、すでに1セット「ボルテージ」を装着されておりました(笑)
装着位置はバッテリープラスの電源ケーブル。


オルタネーターで発電した電気をバッテリーへと送るケーブルへ
オーディオ用SEVバッテリー」を装着。


基本メニューの初代SEV「バッテリー」、バッテリーの
プラスとマイナスのターミナル部分へ装着。

電気系をしっかりサポートして、ロスの無い軽やかかつパワフルな
レスポンスをしっかりと楽しみましょう。電気系、大事ですね


Club KII-TOSS
クランクを攻めます。
2012年05月23日(水) 13:36

日産 ティーダのK様、EATUNINGのケーブル系チューニングが
一段落致しましたので本日はエンジンレスポンスアップにご来店。


「前々から気になっていたんです、クランク「Cシリーズ」の合わせ技」
K様
現在は低速からのピックアップを良くする「C−1」のみ装着頂いております、

その「C−1」の良さを高回転側まで引っ張り上げてくれる「C−2」の装着です


追加装着とリセッティングを施し、セット完了
爆発時のストレス(衝撃)がズッシリと掛かってくるクランクシャフト、
負荷も相当なものですね。クランク「Cシリーズ」でストレスを軽減させ、
軽快かつパワフルなレスポンスを引き出します

軽快に吹け上がるレスポンスをお楽しみ下さいませ。


クラブキートス
動力伝達をアップ!
2011年09月09日(金) 15:05

日産ティーダにお乗りのK様
実は大変珍しいマニュアル車でございます♪

今回は、マニュアル車にお乗りの方特有のお悩み改善でご来店。
「ミッションの繋がりにダイレクト感が欲しいんです。
あと、駆動力も向上させたいんですが・・・」

とのご用命です。

今回のお悩みにもってこいのアイテムは、

SEV「LINK+1」、早速装着と参りましょう


クラッチハウジングに装着。
クラッチディスク等の振動や歪を軽減する事で動力伝達性をアップさせ
スムーズな加速レスポンスを引き出します

「エンジンとミッションの静粛性が増して駆動ロスがかなり軽減された感じです。
気が付いたら速度が出ていた!と言う感じで車が軽快に進みます。」

とインプレッションを頂きました、ありがとうございます


次回はいよいよEATUNINGですね、
グラウンドケーブルの施工を楽しみにしていて下さいね〜


Club KII-TOSS
乗り心地定番アイテム
2011年08月06日(土) 18:20

日産 ティーダのK様
お車を乗り換えられてから、乗り心地に対して少々お悩みのご様子
前回、スタビライザーに「ホイールR」を施工させて頂き
走行安定性の向上を図りましたが、
更に上の安定性と乗り心地へと、本日もSEVで改善していきます。

SEVで乗り心地アイテムといえばコレですね

【フロント側】

【リア側】
アブソーバー本体に「AL-R」を装着。
ピストン摺動部分の摩擦抵抗軽減や本体を路面からの振動による歪みを抑制し、
ピストンのスムーズな動きを引き出します。

装着後に、
タイヤの転がり感や乗り心地のマイルドさ、
コーナーでの踏ん張り感など非常に良くなりました。

と、コメントを頂きました。

突き上げ感の軽減や乗り心地の改善にぴったりのアイテムですよ


田渕@クラブキートス
ロールを抑えて走らせます
2011年07月03日(日) 16:57

日産 ティーダのK様
本日は、「あまり乗り心地の硬さは出したくないんですけど、
ロール感や走行時のふわふわ感の軽減にいい物はないですか?
それと、ハンドリングの軽快さも出せればと思います。

と、乗り心地と操舵性を気にされてのご来店です。

今回のお悩みには、このアイテムですね

フロント側

リア側

SEVホイールR」を前後スタビライザーとスタビロッドに施工です。
ご要望の乗り心地を損なわずロールを抑えるように、
スタビライザーはセミスポーツの味付けで貼り付けです。
スタビロッドも補強し、スタビライザーの入出力を正確に伝え、
ここでもロール軽減に一味加えます。

施工後、
ロールも減りましたし、ハンドリングも軽快です。
それと、直進安定性が非常に良くなりました。

と、コメント頂きました。

軽快さの増したお車で、
気持ちいいドライブをお楽しみ下さい


田渕@クラブキートス
トルクをメインに。
2011年04月19日(火) 15:17

新たにエルグランド オーテック ライダーを納車されたY様
車重のあるお車ですので、
SEV」を使って軽快に走るようにして参りましょう


バルブなどエンジン上部の各パーツの異種金属間に
発生するロスを軽減しスムーズな出足を「P-1」で引き出します。


ラジエターロアホースに「R-1」を装着。
冷却水を使いシリンダーブロックからエンジンを包み込むように効果を出し、
トルク感の高いスムーズなレスポンスを発揮させます。


トルクアップにコレを忘れてはいけません
インテークパイプにビックパワー「BI-160
燃料ホースへは「フューエルP・E」をそれぞれ装着。

空気と燃料の細分化によって、エンジン内部での爆発力がアップ
強烈なトルクレスポンスを引き出します。


排気側の「BT-160」もトルク重視のセッティングにさせて頂きました。


最後にエンジン出力をしっかりとミッションに伝えるべく、
トルクコンバータに「リンク」です。
アクセルのダイレクト感やシフトワークをサポートしてくれます。

新しいお車でこれからも楽しいカーライフをお楽しみ下さい


田渕@Club KII-TOSS
GT-Rチューニング Part:3
2010年12月28日(火) 12:32

ブリリアントホワイトパールのボディカラーが美しい、R35GT-RのH様
パール色がホワイトボディをより一層引き立たせてくれていますね♪


エンジン系の「SEV」チューニングが一段落しましたので、第3弾は
その走りを受け止める【ブレーキ系】や【足廻り】の作業に着手します

【ブレーキ系】

2011年モデルから大径ブレーキが従来の360mmから390mmに変更され、
ストッピングパワーもアップ
強烈な走りを披露するGT-R、ブレーキにかかる負担は計り知れません。
より安全性を重視して前後ブレーキキャリパーに「AL-R」を装着。


【乗り心地系】

適度な踏ん張り感と安定性を求めて、スタビライザーに「ホイールーR」を装着。


アルミホイールに「ホイールーR」を装着。
前後とも20インチの大径ホイールで、唯一路面と設置している重要なパーツですので
6枚貼りで施工させて頂きました。


前後ロアアームに「ロアアームスポーツ」を装着。


ショックアブソーバーに「AL-R」を装着。


車内ドリンクホルダーに「センターオンスポーツ」をセット。

足廻りは、しっかり感を重視した少々ハードなセッティングにさせて頂きました


【トータルバランス】

SEV」チューニングの〆は、「Sブロック 3Dでございます。
前後バンパー四隅に装着し車両全体をSEVエネルギーで包み込み、
トータルバランスを整えます

この状態でノーマル時とは比べ物にならないGT-Rになりましたが、
まだチューニングは終わりません。
第4弾からは電気系チューニング「EATUNING」の施工に着手します。


KII-TOSS★宮地
GT-Rチューニング Part:2
2010年12月27日(月) 12:49

2011年モデル、R35GT-RのH様

夢のGT-R生活を更に楽しく過ごして頂く為に、
チューニングを開始いたしました。

今回は、第2弾でございます

さあ、気合いを入れて、作業していきますよ〜

【冷却系】

エンジン内部の熱による歪みや摩擦などのロス軽減を狙い、
ラジエターロアホースに「ラジエターR-1」×2、「ラジエターR-2」×2を装着。


【燃料系】

循環する燃料にSEV効果を与えて空気と結合し易くし、燃焼効率向上を狙い、
燃料ホースへ「フューエルPE」を装着。


【駆動系】
GT-Rはトランスアクスル方式を採用しております

520psものエンジン出力を受け止める為、衝撃吸収性と耐久性向上を狙い
画像の位置へ「リンク」×2、応用装着で「クランクC-2」を装着。



前後のデフへ「リンク+1」「リンク+2」のセットをそれぞれ装着。
駆動輪へと確実に出力を伝えます。


【電気系】

バッテリー端子に「オーディオ用SEV」をそれぞれ装着、
SEVバッテリー」はオルタネーターB端子へ抱き合わせ装着。


【エアコン系】

エアコン高圧・低圧配管に「SEV-AL


エアコン吹きだし口に「エアーベスト」×4を装着。
風を当てる事で効果を発揮し、快適な車内を提供
リラックス効果にも一役買ってくれます♪

第3弾は、【足廻り】を中心にご紹介させて頂きます


KII-TOSS★宮地
GT-Rチューニング Part:1
2010年12月26日(日) 14:40

大変ご無沙汰しておりましたH様、なんと2011年モデルのGT-Rでご登場

作業に取り掛かる前に、GT-Rをじっくりと拝見
従来モデルと比較すると外観上ではデイライトが標準装備され、
アルミホイールのデザインも10本スポークに変更。


迫力のリヤビュー
リヤタイヤの後方にダクトが設けられ、リヤバンパーの下部にバックライトが設置。
リヤの下部にはカーボン製のディフューザーが設置され、空力面の改善も図られております。

エンジン本体も細部に渡り改良が加えられ、最高出力は35ps向上の520psへアップ
エンジンカバーも赤色に変更されておりました。
まさにスーパーカーでございます

今回は・・・
「私の夢であったGT-Rへ、SEVとEATUNINGをお願いします!
メニューはお任せしますので、じゃんじゃんやってくださいね!」

とご用命を頂きました。ありがとうございます


それでは、「SEV」の装着から参りましょう♪

【吸気系】

インテークマニホールドに「SEV-AL


スロットルボディ直前に「ビッグパワーインテーク(BI-160)


【排気系】

メインサイレンサー手前に「ビッグパワーエキゾースト(BT-160)


【エンジン系】

吸気側カムプーリー軸上に「P-1」、エキゾースト側カムプーリー軸上に「P-2


ヘッドカバーに「V-1」、「V-2


クランクプーリー下に「C-2」、オイルパンに「C-1


オイルパン後方に「C-1

トルク・パワーともに怪物のようなエンジンですので、
全域に渡ってスムーズに吹け上がる様にセットアップさせて頂きました

第2弾は、【冷却系】【駆動系】をメインにご紹介させて頂きます


KII-TOSS★宮地
新車にSEV導入!
2010年12月01日(水) 18:04

日産 スカイラインクーペ370GTのY様、納車したてのピッカピカの新車で
ご来店下さいました。SEVの効果はすでに体感済み、本日は新車時の
コンディション維持とレスポンスアップメニューを施して参ります。
それでは作業開始〜

【エンジン系】

街乗り走行率の高いY様、ご使用回転域もやや低めと言うことで低回転時の
レスポンスアップでヘッドバランサー「P-1」をチョイス。エンジンカバー上面へ
装着し各バンクのエンジンヘッドを狙います

【燃料系】

トルク感アップに欠かせないアイテムです、フューエル「P・E
メインの燃料ホースに装着し、燃焼し易い様に燃料をSEV化
アクセルを軽く踏むだけでスゥ〜っと進んでくれます、逆に踏み込めば
元気に走るモードもお楽しみ頂けます

【吸排気系】
SEVチューニングの柱となる吸排気系アイテム
元々のポテンシャルとレスポンスを底上げするために
ステージ1」をチョイス。排気系が2系統のためデュアルでセットアップ。

スロットルボディー手前のインテークパイプへ「インテーク(NI-160)」、


触媒後のセンターパイプへ「エキゾースト(NT-160)」、

メインサイレンサー手前のエキゾーストパイプへ
エキゾーストフライリング(NTF-160)」を装着。
街乗りでのトルク感、高速巡航時の吹け上がりの気持ち良さを
発揮出来る位置へセットアップさせて頂きました

【乗り心地改善】

最後は乗り心地定番メニューの施工です、ショックアブソーバーへ
SEV「AL」を装着。サスペンション運動を促進させ、しなやかな
足回りへと変化させます

豊富なSEVメニューで、愛車もレスポンスアップ
新車時のコンディションをキープさせて、末永く快適ドライブをお楽しみ下さいませ。


KII-TOSS★山崎
好みのアイテムで仕上げます。
2010年11月10日(水) 12:27

愛らしいスタイルの日産 マーチにお乗りのY様
いつも遠方からお越し頂きありがとうございます

本日は事前に体感試乗して頂いたSEVのご装着でご来店
そのアイテムは、新シリーズのヘッドバランサー「Vシリーズ」。
効果・体感度共にパワーッアップしてエンジンレスポンスを
飛躍的に向上させてくれます

V-1」、「V-2」とそれぞれお試し頂きまして、Y様のお眼鏡に叶ったのは
ヘッドバランサー「V-2
『エンジンの静粛性向上、パワフル且つトルクフルなレスポンスが気に入りました』

Y様、装着と参りましょう。


装着位置は少々リセッティングをさせて頂き、ヘッドバランサー「P-2」の
横に「V-1」を装着。タイミングチェーン部分のストレスを大幅に軽減させ
軽快なレスポンスを引き出します

Newアイテムのヘッドバランサー「Vシリーズ」の効果
ぜひぜひお試し下さいませ


KII-TOSS★山崎
快適ドライブを応援します
2010年10月26日(火) 17:51

エクステリアに拘りを感じられるスカイラインのK様
そんなK様が先日、選び抜かれたホイールに履き替えられ、お越し下さいました

ホイールのインチアップによる突き上げ感と、
変速時のシフトショックが、今回のお悩み改善ポイントです


フロントアブソーバー

リアアブソーバー
先ずは、「AL-R」でアブソーバーに、しなやかさと剛性感を出し
ピストンがスムーズに動き衝撃吸収性を向上させます


続きまして、トルクコンバータに「C-2」を応用装着し、
シフトショック軽減とアクセルレスポンス向上を狙います
通常ミッションには「リンクシリーズ」がありますが、
より効かせたい場合にオススメの応用技となっております


最後にオートマの守護神「RESPO AT添加剤 ¥3990/1本
を一本注入し、本日の作業は完了です

これ一本で、現在お使いのATFが粘弾性のオイル質に改質し、
細部まで働く油膜形成効果によりオートマの正確な動きを取り戻します。
燃費向上
耐久性向上
シフトショックの改善
トルクコンバーターのスリップ現象の改善
ATFの劣化防止
スポーツモードAT (CVT含む)の反応時間短縮

等と言った効果が、得られます

不満を解消していき、グッドコンディションで
快適ドライブを楽しみましょう

KII-TOSS★田渕
吸入効率を上げます。
2010年10月22日(金) 17:48

日産 セドリックのS様、吸排気系SEVセッティングも大分煮詰まって参りました
街乗り〜高速巡航まで気持ち良く流せる様に本日もリセッティング・・・と思いきや、
「スムーズな走りは良いですね、でももう少しだけパンチが欲しいです」

リクエストがございましたので・・

ビッグパワーインテーク(BI-160)」の追加装着をお勧めさせて頂きました。
挟み込むことによってより強力にSEVの効果を効かせる事が出来、力強いトルク感を発揮
排気系SEVの数ばかり多くなってくると少々吸気SEVとのバランスが少々崩れて来ますので、
追加装着でバランスの取れたレスポンスに仕上げて行きます

装着後の試走では
『パンチの効いた加速感が増し、吸排気のバランスも向上したお陰で
走り易いです。挟み込み装着もアリですね!』
とGoodフィーリング。
テスト走行、何度もありがとうございました

今後ももっともっと気持ち良さを追求してチューンして参りましょう


KII-TOSS★山崎


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----