KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/06
  • 2018-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/08
人気ですね〜、シャシコン!
2011年09月18日(日) 16:48

出来ることから着実に!をモットーにEATUNING施工を
進めさせて頂いております、シトロエン C4・ピカソのH様

別のお車ですでに体感済みの「シャシコン 6番線」を導入です

『グラウンドケーブルの体感度にはいつも驚かされます、
中でもシャシコンは群を抜いて凄いですね!』

嬉しいお言葉を下さいました〜♪

見た目は少々変わったケーブルなのですが、
これが非常に面白い変化を与えてくれます
1セット目の装着なのでまずは基本に忠実に!

フロント側 : サブフレーム 〜 ボディ間

リア側 : カップルドビーム 〜 ボディ間

マグネットと両面テープで装着するだけの簡単作業
(※稼動部分の範囲はしっかりみて装着しております)
路面から来る入力によって帯電し、縁が切られているサブフレームや
足廻りに留まってしまうのを抑制しサスペンション本来の動き・性能を引き出します


凸凹とした道ではしっかりと入力を往なし・・
平坦地ではより安定させ真っすぐ走らせて・・
カーブでは安定かつ踏ん張りの効く足の動きへと変化させます

そんな都合の良い事が・・・出来るんです「シャシコン」は
ぜひぜひお試し下さいませ


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
スタンダードセット装着〜!
2011年06月18日(土) 12:26

おひさしぶりでございます、シトロエンC5にお乗りのG様
足廻りにハイドロユニットが搭載されており、
高速クルージングがとっても楽ちんなお車なんです♪

今回は、
「以前にオススメしてもらったEATUNINGをお願いしに来ました。
前から気になっていたので、とても楽しみです!」

と言う事でご来店下さいました。ありがとうございます

EATUNINGですので、オススメのスタンダードセット
ハイパー
ハイパーデビル
ラムダ3
を導入させて頂きました〜。

それでは作業のご紹介です。

バッテリーマイナスケーブルを「ハイパー」に入れ替え。

エンジン〜ボディ間を「ハイパーデビル」で連結。
要となるグラウンドケーブルの施工により電源供給バランスが整います。
不要な電気をしっかりと流す事で帯電質を抑制させ、
ボディ剛性からエンジンレスポンスまで飛躍的に向上させる事が出来ます

帯電除去デバイス「ラムダ3」の装着前に少し工作・・・

ノイズ吸収コアパックを安全に固定できる場所が無い為ブラケットを製作

ハイドロポンプユニットの油圧ラインを固定しているボルトを利用してブラケットを固定、
これで準備が整いました


エンジンECUからのアースポイントに端子を接続する事でノイズを吸収し
各部レスポンスアップ、低速からのスムーズな加速感が味わえます


最後に装着する際に取り外したカバー等を取り付けると、
取り付けたアイテムが何も見えなくなりました・・・
取り付けた感がありませんが、
それだけキレイに収める事が出来たと言う事で良しとしましょう

G様
、しっかりと走り込んでEATUNINGの威力をご堪能下さいませ


宮地@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
グラウンドケーブルやりますね!
2011年05月29日(日) 17:12

愛車のメンテナンスを欠かさず、定期的に行っております。
本日はシトロエン C4・ピカソでご来店のH様、ありがとうございます。
オイル交換とEATUNING施工をご用命頂きました

まずは基本メンテナンスのエンジンオイル交換!

いつもRESPO「V TYPE」をご愛用頂いております。
車種・排気量問わずエンジンレスポンスを飛躍的に向上させる
RESPO「V TYPE」。高回転まで続く鋭い吹け上がりが人気の秘訣

オイルフィルター、パッキン類も新品に交換。
※当店にオイルフィルターの在庫はございません、
  交換希望の方は事前に入手し持込みにてお願い致します。



締めは「EATUNING」、先日VW ゴルフ・ピレリに施工させて頂いた
ハイパーシリーズ」の効果が非常に良かったのでC4・ピカソへも装着です

アースケーブルの無いマウントアースでしたので、エンジン 〜 ボディ間を
ハイパーデビル」で連結。 ボディ側の塗装を削り、デビルをボディに
沿わせる様に配置。ケーブル保護でスパイラルチューブを巻いています、
店長 宮地の愛ですね

一番のノイズ発生源となりますエンジンの帯電を効率良く流し、
グラウンドさせエンジンレスポンスを引き上げます

試乗後のインプレッションでは・・
『出足からのトルクが太り、扱い易いエンジンレスポンスに
変わっています。ミッションの作動も良くなり元気に走りますね』

とOKサイン頂きました

ハイパーデビル」だけでもこの効果!流石ですね、
バッテリーケーブルの「ハイパー」施工も検討させて頂きま〜す


山崎@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ラムダ4装着で快適に。
2011年03月24日(木) 18:43
 
EATUNING新製品、『ラムダ4』の入荷に合わせてご来店下さいました、
シトロエンC4ピカソのH様

複数所有されているお車の中で、こちらのピカソはファミリーカーとして活躍しております。

足廻りに波及する帯電を抑制させる『ラムダ4』は、
快適さを求めるファミリーカーには特に嬉しいアイテムでございます

それでは、装着と参りましょう

外気がエアークリーナーを通過した後、不要な電気の発生源である
エアークリーナーBOXの上面に『ラムダ4』を装着。

エアークリーナーBOX内で発生する帯電を吸収除去し、
不要な帯電がエンジンや駆動系、足廻りなどの他の部位に波及するのを抑制します。

もちろん吸気レスポンスも向上しますので、走りに力強さがプラスされますよ〜♪

コンパクトサイズですが、やってくれる仕事量はかなり大きいです!
走れば走るほど馴染んでくる『ラムダ4』の効果を存分にご堪能下さいませ


宮地@Club KII-TOSS



ベーシックアイテムから導入。
2011年01月11日(火) 17:01

流線型のボディデザインとカラーが特徴的なシトロエンC4ピカソのH様
いつもありがとうございます

本日は・・・
「EATUNINGをこの車にも付けようと思って・・・。
オススメの物からお願いします。」

とご用命頂きました

今回チョイス致しましたのは、ベーシックアイテムのこちら・・・

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速



接続する美味しいポイントを探して探して・・・発見しました
エンジンヘッド側面に点火系のアースポイントここに接続する事にしましょう

さあ、装着と行きたい所ですがコアパックを固定できる場所が何処にもありません。
無い物は作ってしまおう(笑)と、製作開始

いきなり完成図ですが、この様な形状に作成。


作成したブラケットをサーモケース固定ボルトを利用してしっかりと固定。


端子をエンジンヘッドのアースポイントに接続、
コアパックをブラケットに固定し作業完了 イメージ通りの装着が出来ました

早速走ってもらい
「エンジンが物凄く静かになったね!
もたつき感が無くなって、軽くスゥ〜っと走っていきます。
トルク感も上がっているような感覚で良い感じですよ!」

とインプレッションを頂きました

まだまだ馴染んでいきますから今後の変化が楽しみですね〜

次回、電源供給バランスを整える「ハイパー」シリーズは如何でしょう


宮地@クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
「EATUNING」で快適・快速
2010年12月13日(月) 12:45

フランス車フリークのA様、本日はシトロエンC6でご来店下さいました。

今回の目的は、
他に所有されているお車に施工させて頂いた「EATUNING」でございます

「他の車に施工してもらった同じメニューでお願いしますね。」

と言う事で、早速作業に取り掛かります

まずは、こちらのグラウンドケーブル「ハイパー」シリーズから・・・

<ターミナル一体型バッテリー専用グラウンドケーブル>

ハイパー

バッテリーのマイナス側からボディへ接続。「ハイパーデビル」と
セットで施工すると、さらに電源供給のバランスが整います。

<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。


ハイパー」シリーズの作業はワタクシが担当。


トランクサイドに搭載されております、
バッテリーの純正マイナスケーブルを「ハイパー」に入れ替え。


エンジンヘッドからボディを「ハイパーデビル」で接続。
不要な電気をしっかりと流す為に太い3番線をチョイス
各部のレスポンスを向上させ、車のベースアップを図ります



ラムダ3」の取り付けはアドバイザー:田渕が担当。

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速



純正ハーネスアースポイントに端子を接続、コアパックをブラケットにしっかりと固定。
ハーネスより発生するノイズを吸収除去し、電装パーツの作動レスポンスを向上させます。


「マフラー用のトルクバージョンが出たんですね。
こちらもいきましょう。」

と追加オーダーを頂きました。ありがとうございます

<マフラーサイレンサー専用 帯電除去デバイス(トルク型) >

『ラムダ3 MAX TORQUE for silencer』

メイン・サブサイレンサー専用、サイレンサー内部に
蓄積される帯電を効率良く吸収し除去。
●実用走行行きでの扱い易さアップ
●街乗りでも楽しめるトルク感



マフラーハンガーにクリップを接続、
コアパックをフューエルタンク固定ブラケットにしっかりと固定し作業完了でございます

サイレンサー内部の帯電を吸収除去し排気レスポンスが向上。
トルクフルな、余裕感タップリの走りが期待できます

EATUNING」で、快適・快速なクルージングをご堪能してください♪

・帯電を抑制し各部レスポンスアップ:

・トルクフルな走り:



KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
レトロな車にEATUNING
2010年11月22日(月) 18:30

シトロエンが誇る名車、DSにお乗りのA様
「この間装着してもらったミラジーノ走りが凄く良くなったから、
この車にも同じメニューを頼むよ!」

と言う事でご来店下さいました ありがとうございます


それでは早速作業の開始と参りましょう

<ターミナル一体型バッテリー専用グラウンドケーブル>

ハイパー

バッテリーのマイナス側からボディへ接続。「ハイパーデビル」と
セットで施工すると、さらに電源供給のバランスが整います。


バッテリー純正マイナスケーブルを「ハイパー」に交換。
主電源が強化され、余分な電気を流しやすい環境を作ります。


<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。


エンジンからボディ間を「ハイパーデビル」で接続。
エンジンの回転摩擦などから生じる余分な電気をスムーズに流します。
しっかりと流す為に太い3番線を使用させて頂きました
ハイパー」シリーズを施工することで、車のベースアップが図れます

主電源の強化の次は、やはりこのアイテムです。

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速



フレームの純正アースポイントに端子を接続し、コアパックをボディにしっかりと固定。
ハイパー」シリーズで余分な電気を流し、
帯電質を「ラムダ」シリーズで吸収除去させるのが理想です。

電子機器があまり使われていない車両でも帯電していますので、
今回の施工で街乗りから高速クルージングまで更に快適になる事でしょう

・主電源強化でベースアップ:

・低速域からのスムーズな加速レスポンス:

・静粛性向上、振動軽減:



KII-TOSS★宮地

***********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
***********************************


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----