KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/08
  • 2018-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/10
パネルアース
2013年04月07日(日) 17:41

いつもありがとうございます、
BMW クーパーSのS様

今回は、リアハッチへ「シャシコン」施工にご来店です

施工は、とっても簡単
両端にマグネットを用いた特殊ケーブルで、ボディとトランクを繋ぐだけで

施工後、
シャシコン・リヤハッチ施工によりエンジンレスポンスアップ
出足はより軽快に。排気音は軽い音質に、吸気音は澄んだ音質に変化しました。
それと、直進安定性が増し、
段差を乗り越えた時のショックが軽減されました♪
走りの気持ち良さはgoodで〜す

と、嬉しいコメントを頂きました

シャシコントロールデビル 10番線 ¥10,500(税込)/本
リーズナブルで高体感、オススメです

クラブキートス


デビルに交換
2012年11月20日(火) 18:21

サーキット走行に積極的に参加されておりますE30 325iにお乗りのF様
いつ見ても20年以上前のお車とは思えないほど、整備されたお車ですが、
他アイテムの調整時に気になる部分を発見

画像を取り忘れてしまいましたが、経年劣化によりケーブルは硬化し、
被覆もボロボロの状態でした・・・
これでは、本来のパワーが全く発揮されません


そこで、「ハイパーデビル」に交換し導通を向上させます
エンジン内部に発生する帯電がスムーズに流れ、
エンジンレスポンスが飛躍的にアップ
高回転まで淀みなく回る吹け上がりが楽しめます

次回は、バッテリー側のケーブルを「ハイパー」に交換して頂くと、
デビル」との相乗効果で、トータルバランスが底上げされますよ


クラブキートス
一番人気です
2012年10月16日(火) 17:41

着々とEATUNING化が進んでおります、
BMW 318iのY様

本日は、新製品「DECシリーズ」の導入です

新シリーズで一番人気ですね「DECラジエター
ラジエターに発生する帯電を、
接地アースに一番近いハブボルトへ落とし、
飛躍的にレスポンスを向上させます

シャープな吹け上がりが、楽しいドライブを演出してくれますよ


クラブキートス
シャシコン完成
2012年09月19日(水) 16:16

BMW 318iのY様
これまで、徐々に構築して来られておりました、
接地アース」の仕上げにご来店です



ハブ用シャシコン」でロアアーム〜ハブまでを連結。
ゴムブッシュ等によって滞ってしまう帯電を、
シャシコン」でバイパスし伝達させます

これによってボディや足回り各パーツが帯電によるストレスから開放されます
直進安定性やコーナリング時の踏ん張り、アクセルレスポンス等、
車両全体でのトータルパフォーマンスアップがご体感頂けますよ


クラブキートス
走りも音も気持ちよく
2012年09月06日(木) 14:37

吸排気音に対して、つよい拘りをお持ちのS様
本日も、愛車BMW クーパーSの排気こもり音軽減を求めて、
このアイテムを導入して頂きました


EATUNINGの新製品「DECエキゾースト
共振を抑制して、帯電を除去するラムダ派生の新しいツールです。


後日、メールにて
夜間ドライブで一定距離を走り、DECエキゾーストの効果を確認しました。
鋭いレスポンスと共に軽快かつパワフルな走りとなりました。
排気こもり音も激減し、ようやくウ゛ォーという嫌な音に悩まされることなく、
ドライブを楽しめます
また、何故か乗り心地が良くなりました


DECシリーズ」は、走りはもちろん、
吸排気音や、乗り心地向上など、様々な効果が得られますよ


クラブキートス
気持ちいい加速に
2012年07月04日(水) 18:37

BMW 323iのオーナー様
当店の取り扱いアイテムに興味を持っていただき、
このたび初来店下さいました

色々とご説明させて頂きチョイスされたのは、こちら

ラムダ3MAX サイレンサー」を第一弾として導入して頂きました

排気干渉などにより静電気が発生し帯電し、
蓄積された帯電電荷を吸収除去する事で排気レスポンスが向上
気持ちいい加速フィーリングが楽しめます

しっかりと走り込んで、「EATUNING」の効果をお楽しみ下さいませ


クラブキートス
ロアアーム完成!
2012年05月09日(水) 14:15

見た目はノーマル、中身に様々なスペシャルチューンを施し
日々のドライブを楽しんでおられます、BMW 318iのY様号。


本日は「シャシコン」ロアアーム編の仕上げでご来店下さいました

前回はフロント側のロアアームのみ完成させて頂きました、
今回はリア側です。サブフレーム 〜 リアのロアアーム間を
シャシコントロールデビル 6番線」で連結

今回でロアアーム編完了です、Y様インプレッション。
『リア側の安定感、コーナリング時の踏ん張りが出て良いですね。
前後装着でバランスを取ることで相乗効果が期待出来ます』
と、
乗り心地面では納得の判定を頂きました

もうあと一息ですね、次回はシャシ編の締め『ハブ』と参りましょう。


クラブキートス
バイク用ラムダ、活用します。
2012年04月28日(土) 12:42

お馴染みBMW MINI クーパーSのS様号、様々なアイテムを盛り込み
愛車のレスポンスアップをして頂いております。
本日はマニアックな応用編をオーダー下さいました。


自動車用だけでなくバイク用EATUNINGも搭載済みのS様号、

今回は「バイク用ラムダ オイルドレン用」をチョイス。
装着位置はミッションオイルパンのドレンボルト、
より軽快でスムーズに加速させることを狙い装着


さて、S様の狙いは如何に!?
『バイク用ラムダのミッション取り付けで車用ラムダのMAX oil程
走りが滑らかになり過ぎることもなく、程良いスムーズな走りになりました。
あと、エンジン音、排気音がマイルドになったような気が!!
振動軽減により、音の粒子が小さく(細かく)なったのかな!?
こんなインプレ他の客は書きません(笑)』

といつもながら熱いインプレッションを下さいました
ありがとうございます。

バイク用も応用的に使えます、最近徐々に増えて来てます


Club KII-TOSS
流行ってます、シャシコン!
2012年03月28日(水) 18:01

2台の愛車で様々なEATUNINGメニューをお試し頂いております、
BMW E46 318iのY様。あれこれ気になるメニューが増えて
来ましたが、しばらくは『接地アース』活用のルート作りと参りましょう


基本のボディ 〜 サブフレーム間が完了しておりますので、
今回は第2ステップのロアアームです

サブフレーム 〜 ロアアーム間を「シャシコン 6番線」で連結。
今回はフロント側のみの装着でしたが、サスペンションの動きをスムーズにし、
コーナリング時の安定性を向上させてくれます

本領発揮は第3ステップの『ハブ』まで辿り着いてからですが・・・
『アームまでつないだだけでも十分に体感出来ました。ハンドリング、
コーナリングとも良いフィーリングです!変わりますね〜、ハブまで
行くとどうなることやら?楽しみです』
とGoodインプレッション

次回はリアのロアアームですね、着実にステップアップして参りましょう


クラブキートス
MAXプラスツインダー!
2012年03月04日(日) 14:01

EATUNING」で急速進化中のBMW 318iのY様号、
本日も通なアイテムで愛車のレスポンスアップと参りましょう。

まずは基本のグラウンドケーブル、エンジン 〜 ボディ間の
ハイパーデビル」はすでに装着済。まだ手を入れてなかった・・・

主電源部分の強化でマイナスケーブルを「ハイパー」と入れ換えです。
エンジンからのノイズ、帯電を「ハイパーデビル」で流し、
ボディに溜まった帯電を「ハイパー」で引き抜きバッテリーで打ち消します。
ボディ剛性のバランスコントロールや電気系の強化が出来ますよ


続いては上級者編(応用編?)、
Y様
にはどっぷりとこのアイテムの効果にハマって頂いております

マフラー中間部の触媒へ「ラムダ3 MAX プラスサイレンサー」を装着。
当初は抜け過ぎて使い物にならないのでは?と思っていたのですが、
最近では挑戦する方も増えて来ております

鋭い吹け上がりに加えスムーズな加速レスポンスを引き出し
車がどんどん加速して行きます。排気のこもり具合や音質にも
変化を与えアクセルを踏み抜く楽しみが増えますよ


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
初めの一手はコレです。
2012年02月15日(水) 17:27

ニューマシンにお乗り換えされてのご登場、BMW 320iツーリングのH様
キドニーグリルのブラックアウト化に社外品の大径ホイールへ交換と
今回も歴代所有されたBMWと同じテイストを加えておられます


さてニューマシン一発目のチューニングアイテムは「EATUNING」、
普段は奥様が使用されるためレスポンスは程ほどで
マイルドな乗り心地でドライブやお買いものを楽しめる「ラムダ4」に決定。

吸気システムの帯電除去デバイスとして登場した「ラムダ4
エアクリーナー部分で発生する帯電を抑制することで波及することを防ぎ
レスポンスや乗り心地を飛躍的に向上させます

吸気がすべてを変える!」、過言ではありませんね。
興味のある方はぜひお試し下さいませ 

次回はSEVを移植してコンディションアップを図りましょう。


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
挑戦者現る!
2012年02月03日(金) 14:58

このところEATUNING化に


勢いが付いてきましたね


BMW 318iのY様

 
当店の取り付け第号です


ラムダ3MAXの上級版
ラムダ3MAX プラス


とんでもないレスポンスの良さ


吹け上がりのシャープさ抜群ですよ




事前にSEVやEATUNINGでトルクを


鍛え上げておかないと車が前に進まない程。




ぜひ、皆様の挑戦をお待ちしています




Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
4本化しちゃいます。
2012年01月29日(日) 13:39

BMW 318i MT仕様のY様
大変お待たせ致しました、「ハブ」までのルート作りの
第一弾メニュー「シャシコン 6番線4本化でご来店下さいました。


「2本でも十分に変化が体感出来ましたが、
やはり本数増やして行った時の変化も気になります」
と言うことで


シャシコントロールデビル 6番線
 追加です

 
装着位置は基本位置でありますボディ 〜 サブフレーム間、
本数が増えることで1本当たりの仕事量が減りより活き活きとした効果を発揮します

EATUNING
的バランスとでも言いましょうか、やはりそれぞれの足廻りに
1本ずつ装着する方がサスペンションのパフォーマンスを引き出し易くなります。
凸凹道ではしっかり往なして、コーナリング時はしっかり踏ん張って、と
なんとも都合の良い変化が得られることが「シャシコン」の魅力です


サブフレーム ⇒ ロアアーム ⇒ ハブと「ハブ」まではまだまだ道のりがございます、
じっくり攻めて行き本物の動き・パフォーマンスを手に入れましょう


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
意外と使えます
2012年01月28日(土) 16:05
 
 
ピンストライプにドレスアップして

登場です、BMW クーパーSのS様




本日も拘りのクリアなマフラーサウンド

を目指して施工していきます。

使用アイテムはこちら



非常にタイトなクーパーSのエンジンルームにも

すっきり収まるコンパクトサイズがナイスです



試乗後、

またまたバイク用サイレンサーが、

いい仕事してくれました

レスポンスも良く、こもり音が改善されました



これでサイレンサー用ラムダが

自動車用・バイク用合わせて8個目に

チャレンジ精神旺盛なS様の挑戦は続く・・・



Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
吸気系アイテムで乗り心地を変えます!
2012年01月27日(金) 15:09

いつも遠方からのご来店ありがとうごいざます、BMW 320iのN様夫婦

現在スタンダードセット、サイレンサーをご装着頂いております。
『EATUNINGは施工した後でもその体感がずっと続いて面白いですね、
帯電量によって仕事量をコントロールしている感じですね』

鋭いインプレッションを下さいました。ズバリ、その通りです


本日はもっと愛車のレスポンスに喝を入れたいとのご要望で・・・


吸気システムの帯電除去デバイス ラムダ4 をチョイス。

エンジン始動後の初めのアクションであります吸気、フィルター通過時に
発生する静電気・帯電を効率よく除去し内燃機関のエネルギー損失を
最小限にとどめレスポンスアップを図ります。

エアクリーナーボックスのフィルター通過後のカバーへ「ラムダ4」を装着。

体感試乗後のインプレッションでは、
『レスポンスの変化も分かったのですが、乗り心地面の変わり様に
驚いています。ゴツゴツと気になっていた突き上げ感が減り、
しっとりと動く足廻りに変化していました!なぜ!?』

またまた鋭いインプレッションをありがとうごいざます

そうなんです、吸気システムの帯電除去を行うことで質の良い
空気を送り込むことが出来、エンジンからの帯電量を軽減させ
足廻りまで波及して行くことを抑えることが出来ます
結果サスペンション本来の動きが引き出せて乗り心地改善につながる訳です


いや〜、奥が深いですね〜
乗り心地でお悩みの方、「ラムダ4」から攻めてみるのも面白いですよ


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----