KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/04
  • 2018-05 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/06
力強く
2012年06月17日(日) 15:34

レクサス CT200hのY様
このところ来店頻度が上昇しておりますね
本日も3アイテムの装着でレスポンスアップを図っていきます


先ずは、ラジエターアース「ワニダー
ラジエターホースクリップからボディに接続です


足回りでのシャシコンの総仕上げ「エンジンマウント用シャシコン
ここも帯電のスムーズな逃げ道を造ってあげると、
マウントの良さが活きてきます


最後に「ラムダ3MAX トルクオイル」で、
エンジンオイルに溜まった帯電を吸収除去。

3アイテムとも出足から力強く
アクセルの踏み応えのあるレスポンスが楽しめます

次回は、予約を頂いているあのアイテムですね
またのご来店をお待ちしております


クラブキートス
ハブまでいっちゃいます。
2012年06月01日(金) 18:35

最近ハードにチューニングを進めさせていただいております、
レクサス CT200hのY様号。現在は乗り心地とお車の挙動を
適正化するべくEATUNINGでコントロールしております。


「前回のシャシコン、かなり効きました。足がしっかり運動しているのが
良くわかります、あとレスポンスも向上し前に進む力が強くなっています。
これはハブまでやるともっと良くなりそうな感じですね」

シャシコン基本編コンプリートをオーダー下さいました

装着位置はこちら

・ サブフレーム 〜 ロアアーム間 ⇒ 「シャシコン 6番線
・ ロアアーム 〜 ハブ間 ⇒ 「シャシコン 10番線

ここまで連結して初めて『接地アース』が積極的に活用出来、乗り心地や
レスポンスが向上し、お車全体でのパフォーマンスアップをご体感いただけます。
車高を落としたり強化パーツで規制しただけではこのフィーリングは出せないですね。


Y様
インプレッション。
『サブフレームのみの時より足廻りがしっとりした感じがあります、
しっかりと運動しているけどコーナリング時は適度に踏ん張りが効いています。
道路の継ぎ目もスタンッスタンッと軽く往なし、レスポンスもメリハリの効いた
感じに変化して良いですね!』
とGoodフィーリング

いや〜「シャシコン」パワー素晴らしいです、
基本を作るケーブル系チューニングはやはり重要と言うことですね

シャシコン」装着作業中、Y様は当店オススメの「Plexus(プレクサス)」で
マフラーをピカピカに磨いておられました

長時間お付き合い下さいましてありがとうございました


Club KII-TOSS
足の動きをまとめます。
2012年05月20日(日) 14:12

レクサス CT200hのY様、前回SEV大物アイテムの「S ブロック」装着により
お車のスタビリティは大幅に向上されましたが、乗り心地面でもう少し!との
リクエスト頂きましたのでコレで手を打たせて頂きました

EATUNINGシャシ基本編の「シャシコントロールデビル」でございます


基本のボディ 〜 サブフレーム間を「シャシコン 6番線」で連結。
ショックアブソーバーとロアアームへはSEVの「AL」と「ロアアームスポーツ」で
味付けをしております、ここにEATUNINGの「シャシコン」でまとまり感を出し
落ち着いた雰囲気で往なしも踏ん張りも効かせる上質な足廻りを作り上げます



試走後のY様
『前回のS ブロックも納得でしたが、乗り心地面ではケーブルの方が
一枚上手ですね。細かな悩みが消えて満足ですね!』

とGoodインプレッションを頂けました

乗り心地でお悩みの方、ぜひ一度「シャシコン」をお試し下さいませ


Club KII-TOSS
水廻りを攻めます。
2012年04月13日(金) 17:01

平日にお休みを取ってご来店下さいました、レクサス RX270のN様
ツボとなるEATUNINGメニューで攻めさせて頂いております、
本日は登場したばかりの「ラジエター」で軽快さをプラスさせます


冷却系帯電除去デバイスの「ラムダ3 ラジエター」、
ワニダー」と違いワンサイド接続をするだけで
帯電電荷を打ち消す箱物アイテム


冷却水が循環することで静電気が発生、エンジン内部からの
影響も受けるため帯電量が多いこと間違い無しですね

ラジエターアッパーホースへ新設計プラグを接続。
ラジエター廻りのダメージを軽減させることで愛車のレスポンスも目覚めます

試乗に行かれたN様より、
『3000rpm付近でくすぶっていたレスポンスが回復しましたね。
低速のトルクが増して、そのトルクがスムーズに上の回転まで続き
フラットトルクが体感出来ました。気持ち良くていいですね!』

と納得のインプレッション頂けました。

冷却系、攻めると見返りも大きいですね


Club KII-TOSS
シャシコン総仕上げ
2012年04月03日(火) 17:11

レクサス RX270のN様
足回りへのシャシコン総仕上げでご来店です。

接地アースを完成させて、
大幅なポテンシャルアップを狙いましょう

ハブ用シャシコン
 
今回で、接地アースの完成ですね
前後ロアアームとハブを繋いで、
電苛の流れ道が整いました

エンジンマウント用シャシコン

エンジンマウントとサブフレームを繋ぎ、
エンジンレスポンス、乗り心地両方を更に底上げします。

これでレスポンスや乗り心地、装着済みのアイテムまでが底上げされ、
驚きの体感が得られますよ


クラブキートス
あともう少しです。
2012年03月17日(土) 13:01

最近ケーブル系チューニングに目覚めたレクサス RX270のN様
シャシ側の基礎作りを早めたいとのことで「シャシコンチューニング」の
オーダーを下さいました。

じゃん

つい最近新たに仲間に加わりました「シャシコン 6番線/10cm」、
ボディ 〜 サブフレームの距離が短いお車に対応したケーブルです。
お値段は2本セットで¥22,680(税込)、単品で¥12,600(税込)。

 
すでにサブフレームへは20cmの物を装着させて頂いておりましたので、
10cmの物に入れ換えになります

20cmのケーブルはサブフレーム 〜 ロアアーム間へ移設。

『接地アース』
活用のためのルートをつないで行きます、
もう後ひといきですね!ロアアーム 〜 ハブ間を「シャシコン 10番線」で
連結すれば、蓄積されていた帯電が解き放たれ驚きのレスポンスを
実感頂けます 乗り心地改善+その他アイテムの底上げも図れます!

『接地アース』
、しっかりと活用しましょう


Club KII-TOSS
バランス、大事ですね!
2012年02月11日(土) 12:42

長期テスト走行の末、非常に良い結果につながりました
レクサス RX270のN様。「EATUNING」アイテムの装着でご来店。

お試し頂いておりましたアイテムは・・

■ エンジンに「ラムダ3 MAX TORQUE for oil
■ 駆動系に「ラムダ3 RS


装着位置はこちら

エンジンオイルパンへ「ラムダ3 MAX TORQUE for oil」、


エンジン、ミッションを連結しているボルトへ「ラムダ3 RS」を装着。
エンジン側でトルクフルなレスポンスを稼ぎ出し、駆動系にしっかりと
伝達させて行きます。エンジンとミッションのバランスを取ることで
相乗効果でパフォーマンスアップが期待出来ます

『走り出しもトルクが出ている分非常に楽に進みます、特にRSの効果には
驚きました。エンジンパワーが足りないとばかり思っていたのですが、
ミッション側でのロスや負担が多かったのですね』
N様

箱物パワーで走りも活き活き、凄いですよ「ラムダシリーズ


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
シャシコン 4本揃えます。
2011年12月21日(水) 17:20

お出掛け前にお立ち寄り下さいました、レクサス RX270のN様
今回は・・・おや?前回と同じメニューになりましたね

前回補えきれなかった部分の穴埋めと、
更なるパフォーマンスアップで
・「ハイパーワニダー
・「シャシコントロールデビル」       を導入して頂きました


残り1本となっていました貴重な「ハイパーワニダー

先代のモデルですが、吹け上がりのスムーズさ・鋭さは
こちらの方が一枚上手ワニダー 10番線」と併せることで
回転全域でレスポンスアップが図れます


続いてはシャシ編。1セット目ではシャシ剛性・ハンドリングレスポンスの向上を
実感頂きましたが、2セット目で更なる飛躍を目指します

大人気の「シャシコントロールデビル 6番線
ケーブル長20cmのものは 2本セットで¥30,240(税込)です!

 
装着位置は前回と同様、ボディ 〜 サブフレーム間。
4本揃うことで各足廻りの動きを大幅改善し、スタビリティを向上
ブレーキやタイヤの転がり、ミッションやエンジン系の働きも向上させ
お車全体でのパフォーマンスアップをご体感頂けます

シャシコントロールデビル」、とってもオススメです


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ケーブルメニューおすすめです。
2011年12月03日(土) 15:17

乗られて来られたどのお車でもお好みのフィーリング・レスポンスが
統一されております、レクサス RX270のN様
EATUNINGも着々と進行中です


現状に満足することなく、更なるトルクアップと
乗り心地改善で本日も2 メニューのオーダーを下さいました

ワニダー #10」と
大人気の「シャシコントロールデビル #6
N様
お好みのレスポンスにバッチリ仕上げて参りましょう


まずはガッツリとトルクUP

ワニダー #10」をラジエター 〜 ボディ間へ接続。
お値段 ¥9,450(税込)とリーズナブルで高体感、
多くのお客様からご好評頂いております


続いては乗り心地改善に持って来いの「シャシコン」!
 
このケーブルの威力、凄いです
ボディ 〜 サブフレーム間を「シャシコントロールデビル #6」で接続。
接地アースを活かすルートを築くとともに、足廻りのパフォーマンスを
低下させている帯電の蓄積を抑制させ乗り心地を変化させます
20cm 2本セット ⇒ ¥30,240(税込)です。


最近ケーブル系チューニングの認識も高まりつつあり、
ブログもケーブル三昧になっております(笑)
ケーブル系のチューニング、ハマると面白いですよ〜


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
EATUNINGで更なる力強さを!
2011年10月23日(日) 17:38

レクサス RX270のN様、いつもありがとうございます!
トルク感の向上を目指してチューニングを開始しておりますN様号、
今回は電気系チューニングアイテムEATUNINGを導入させて頂きます!

それでは作業の開始と参りましょう〜。

バッテリーマイナスケーブルを「ハイパー」に入れ替え。

エンジンヘッド〜ボディ間を「ハイパーデビル」で連結。

オートマチックトランスミッションのギヤケース〜ボディ間を「ハイパーデビル」で接続。

EATUNING
の要であるグラウンドケーブルを要所要所に施工し、
電源の供給バランスを整えベースアップを図ります。
各部レスポンスアップ、ボディ剛性の向上などが期待できます

ケーブル系の施工の次はコレです、「ラムダ3」。

画像では少し分かり辛いですが、エンジンヘッドにあります
エンジンアースポイントに端子を接続。
ノイズを吸収除去する事でレスポンスアップを図り、低速域からの
スムーズな加速感を引き出します

吸気アイテムも忘れてはいけませんね、「ラムダ4」。

定番のエアクリーナーBOXに装着。
吸入空気の対流により発生した帯電を打ち消し、各パーツエリアに波及するのを抑制
吸気レスポンスはもちろん足廻り本来の動きに近づけます。

N様
EATUNINGの威力は如何でしたでしょうか。
次回インプレッションをお聞かせ下さいね


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
吸気と排気のバランスを取ります。
2011年08月20日(土) 18:18

レクサス CT200hのY様、慣らし運転を進めつつ
EATUNING」で電気的なロスを軽減させレスポンスアップを図っております。

本日は前回ご装着させて頂きました吸気システムの
帯電除去デバイス「ラムダ4」とのバランス取りでご来店。
「吸気をやって、排気をやらない訳にはいきませんよね」
Y様
ありがとうございます!バランスは重要ですね

早速装着と参りましょうY様がチョイスされましたアイテムは・・

ラムダ3MAX TORQUE for silencer」でございます。
ハイブリッドモーター駆動時には働きませんが、
エンジン稼働時は通常のガソリン車同様の働きを致します

エンジン稼働時に程良いトルクを発揮し
力強く気持ちの良い加速が味わえますよ


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
吸気アイテムもイケます。
2011年07月26日(火) 18:40

まだまだ慣らし運転中のレクサス CT200hのY様
距離を重ねるごとに前のお車からの感覚の違いにも慣れて来て
日々のドライブを楽しまれております

本日は前々から気になられていた
ラムダ4」の装着でご来店下さいました

ハイブリッド車に大丈夫なの?と言う声が聞こえて来そうですが
大丈夫です!モーター駆動時のみの場合は睡眠中ですが、
エンジン稼働時には吸気も行いますのでシステム自体は
通常のガソリン・ディーゼル車となんら変わりありません。


装着位置もお約束のエアクリーナーボックス
インマニ部分まで樹脂で造られておりますので帯電率も高そうです
吸気の樹脂パーツ部分、「ラムダ4」にとってはご馳走ですよ

  

肝心なレスポンスですが、エンジン稼働時には通常のガソリン車と
同じ作用が働きますので元気良いレスポンスを引き出し
足廻りまで波及して行く帯電を抑制し足の動きを改善して行きます。
分かり易いのは乗り心地の変化でしょうかね

電装品満載のハイブリッド車だけに、通常のガソリン・ディーゼル車とは
また違った体感が得られるのではないでしょうか


山崎@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ハイブリッド+EATUNING!
2011年07月16日(土) 12:51

レクサス CT200hに乗り換えされたばかりのY様
マフラーも社外品へと入れ換え、走り・ルックス・サウンドにスポーティさをプラス

つい先日、軽めのSEVメニューでライトチューンさせて頂きました、
今回は電気系チューニングアイテムの「EATUNING」導入でご来店。

初めの第1ステップと言うことで
スタンダードセット」をおすすめさせて頂きました
ハイブリッド車なので少々構造が複雑?と思いきや、
アースケーブルがそれぞれ単独でとられていたので
入れ換え作業のみで完了です

・バッテリーマイナスケーブル ⇒ 「ハイパー


・エンジン 〜 ボディ間 ⇒ 「ハイパーデビル 3番線


ハイブリッド車のエンジンにもしっかりと点火系エンジンアースが
設けてありました。しかも分かり易く目の前に
・エンジンアース ⇒ 「ラムダ3」を接続。

ノイズ吸収コアパックはステーを製作しバッチリ固定

純正然としているではありませんか(笑)

今回導入させて頂きました「スタンダードセット」、ハイブリッド車の場合は
トルクやパワー引き出しと言うよりは電気的なロスやノイズ・電磁波の軽減を
メインに働きます。ガソリン車と同じ体感とは行きませんが、
電装品満載のハイブリッド車ならではのケア方法です

慣らしを兼ねてじっくりと走り込んで、その後の変化をお楽しみ下さいませ。 


山崎@クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
初来店ありがとうございます
2011年06月20日(月) 13:01

レクサス IS350のK様
初来店ありがとうございます。
いつもお世話になっています、レガシィのK様のご紹介でお越し下さいました。
面白いものが有ると聞いて来ました。
Kさんと同じ物をつけて下さい
。」
と、言うことで基本スタンダードセット+吸気アイテム、
ハイパー」、「ハイパーデビル」、「ラムダ3」、「ラムダ4
の4点を導入させて頂く事に決定。


純正バッテリーマイナスアースを「ハイパー」に入れ替え。


純正エンジンアースを「デビル」に入れ替え。

先ずは、バッテリーアースとエンジンアースを入れ替え接続し、
グランドケーブルで車両全体の電気の流れを整えます。
2本のケーブルを導通のいい物と入れ替えて帯電をスムーズに流し、
車両ポテンシャルをトータル的に底上げします


ラムダ3」をエンジンに接続し、
帯電を吸い取りコアバックで中和させます。
体感フィーリングとしては、パンチの効いた加速感を引き出してくれます。


最後にこちらを装着していきます。

吸気系アイテム「ラムダ4」を装着。
エアフィルターを空気が通過する際に発生する帯電をBOX内で吸収除去。
吸気の段階で各パーツに影響が及ぶのを未然に防ぎ、
吸気レスポンスやエンジンレスポンスは勿論、足廻りの動きも改善されます。

少ないお時間の中、ご来店ありがとうございました。
本領発揮まで少し時間が掛かります 、
EATUNING」の効果をお楽しみ下さい

田渕@クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
エンジンアースの強化です。
2010年12月17日(金) 15:03

レクサス IS250のN様、前回左バンク側のエンジン〜ボディー間を
結ぶアース線を「ハイパーデビル」に入れ換えさせて頂きましたが、
バランスを考慮して右バンク側のアース線も「ハイパーデビル」に
入れ換えのためご来店下さいました

<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。

最近モリモリ作業をこなしているスタッフ田渕

「一つ一つの作業を丁寧に」を心掛け、
効け!!と念を込めて装着です(笑)


エンジンヘッド側は少々タイトでしたが、サクっと入れ換えて作業完了です。
両バンクの純正アースを強化したことで、通電性が向上し電源供給の
バランスが整い電装部品や各部品のレスポンスが大幅に向上致します
V型エンジン車は両側のバンクからアースを落とせばより効果的ですよ


・「ラムダ3
・「ハイパー
・「ハイパーデビル
のベーシックアイテムが整ったN様号、
馴染んだ後の変化を存分にお楽しみ下さいませ


KII-TOSS★山崎

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----