KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/06
  • 2018-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/08
ケーブル系でベースアップ!
2011年12月26日(月) 14:37

スズキ KeiワークスのK様、いつもありがとうございます
今回は久々のEATUNING、別の車に導入して好評だったケーブル系をチョイスです

早速作業の開始と参りましょう。

純正バッテリーマイナスケーブルを「ハイパーミニマム」に入れ替え。

ハイパーミニマムデビル」をエンジンヘッド〜ボディ間に接続。

この2種類のケーブルがEATUNINGの基本となります
帯電質を抑制させる事で、
ボディ剛性の向上や各部レスポンスアップなど車のベースアップが図れます


続いて発売以来大人気のケーブル、

ワニダー10番線
装着位置は定番のラジエターコア〜ボディ間を接続。

走行風や冷却水により帯電するラジエター、ワニダー10番線で積極的に
帯電を流しレスポンスを改善。
また低速域から高速域までフラットに続くトルク感も味わえますよ

さてさて、次はどのメニューを施しましょうかね〜♪


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
人気アイテム、炸裂!!
2011年12月05日(月) 13:56

いつもありがとうございます、スズキ ソリオのY様
納車されてから順調にSEVEATUNING化が進んでおります♪

今回はEATUNINGの大人気アイテムであるこちら、

シャシコントロールデビル6番線」、「ラムダ4」の装着でご来店下さいました

それでは、恒例の作業のご紹介〜

【フロント】
・ボディ〜サブフレーム
・サブフレーム〜ロアアーム


【リヤ】
・ボディ〜トーションビーム


・サブフレーム〜CVTオイルパン
シャシコントロールデビル6番線」で帯電電荷を接地アースまで流す道筋を作ります。
代謝が良くなる事で乗り心地が向上するのはもちろんの事、
各部レスポンスアップや走行安定性向上などが引き出されます

続いて吸気アイテム、

ラムダ4」をエアクリーナーBOXにダブル装着。
吸入空気の対流により蓄積された帯電を打ち消し、各エリアに波及するのを防ぎます
吸気レスポンスアップや乗り心地の改善などその威力は計り知れません!

新車の状態から大進化を遂げたY様号、
今後は応用編などで更なる進化を目指しましょう


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ソリオ EATUNING移植第2弾。
2011年12月01日(木) 13:15

ハイペースで愛車 ソリオのチューニングが進んでおります、
スズキ ソリオのY様号!本日は更なるトルクアップを図るために
トルク系メニューで攻めます

と言ってもトルク系アイテムは前回装着させて頂きましたので、
残っているアイテムでトルクレスポンスを引き出します


まずはEATUNING基本アイテムの「ラムダ3」、
低速からモリモリと力がわいてきてトルクアップに持って来いです

スズキのエンジンアース(お宝)はエンジンの裏側に位置し、

コアパック装着難易度も高いです
それでもココだけは確実に押さえておきたいポイントですね


続いて駆動系応用メニュー

シャシコントロールデビル #6」を
フロントデフ 〜 サブフレーム間連結し駆動系のレスポンスアップにつなげます。
シャシ編基本のボディ 〜 サブフレーム間を連結すれば更に良さが引き立ちます!


ラストは排気系

排気系へコアパック3個目の搭載になります、今回はエキマニ ⇒ 触媒通過後の
フロントパイプへ「ラムダ3MAX for silencer」を装着。
フロント側寄りへ装着することでよりトルクフルなレスポンスが体感出来ます

コアパックたっぷり装着でバランス良くチューニングが施せました
次はシャシ編で乗り心地面・トータルバランスをサポートして行きましょう。


Club KII-TOSS


********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ソリオ EATUNING移植第1弾。
2011年11月26日(土) 15:36

SEVチューニングが一段落して参りましたスズキ ソリオのY様
待ち切れず「EATUNING」もどーんと移植させて頂きました。
第1弾のメニューご紹介〜

【基本のケーブル類】
EATUNINGの基本メニューで、大きな支えとなりますのがケーブル類
基本を押さえて電源供給のバランスを整えレスポンスアップを図ります。
 
電流センサー付きのマイナスターミナルでしたので、「ハイパーデビル #3」を
使い「ハイパー」の役目をしてもらいます。帯電の宝庫(笑)となっているラジエターへ
ハイパーワニダー」を接続、ダルいレスポンスからおさらばです


【エンジン系】
まだまだこの装着方法されている方少ないです、

オイルフィルターへ「ラムダ3MAX for oil」の装着。
スムーズ系のアイテムですが、オイルフィルターへ装着することで
トルクレスポンスが体感出来ます


【駆動系】
エンジン系と釣り合いが取れますように!とリクエストがございましたので・・
 
CVTに「ラムダ3MAX TORQUE for oil」で喝を入れ、リアデフへ
ラムダ3MAX for oil」を装着しより良い加速力を引き出します。


【排気系】
本日最後の味付けは排気系で整えます。
 
ラムダ3MAX TORQUE for silencer」を中間に位置するサイレンサーへ装着、
テールエンド部に「ラムダ3MAX for silencer」を装着しセット完了
トルクレスポンスを引き出しつつ排気の抜けを向上させ回転全域で
元気の良いレスポンスに変化させます

要所要所をきっちり押さえることでお車全体でのパフォーマンスが
大幅に向上致します。着実なステップアップで快速ドライブを楽しみましょう♪


クラブキートス
10番線メニュー続きます。
2011年11月10日(木) 16:11

最近小技チューンにハマっておられます、
スズキ ラパンSSのT様。前回のボンネット・インタークーラーへの
10番線装着に引き続き今回も行って頂きました

じゃん!

シャシコントロールデビル 10番線
可愛らしいマグネット達がいい仕事してくれます

ボンネットへ装着したならリアゲートにも必要でしょう!と言うことで・・

ボディ 〜 リアハッチ間に「シャシコン 10番線」を装着。
前後に装着することでボディの剛性や走行安定性も向上し
より落ち着いて安定した挙動を示す様になります。

アクセルのツキやエンジンレスポンスも向上、パネルの中でも
サイズの大きいボンネット・リアハッチを放電板として活用することで
面白い変化が得られますよリーズナブルなメニューとしておすすめです


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
チューニングとメンテナンス!
2011年10月30日(日) 17:59

ご来店されるた度にカスタムが進行している、ラパンSSのT様

今回はEATUNINGの超人気アイテム、

ワニダー10番線」と「シャシコントロール・デビル10番線」の装着と、
「WAKO'Sメンテナンスメニュー」
の施工でご来店下さいました

まずはEATUNINGから作業の開始です。

インタークーラー〜ボディ間に「ワニダー10番線
吸入空気が通過する事で静電気が発生し帯電するインタークーラー、
帯電を抑制させる事で吸気レスポンスを向上させます


ボンネット〜ボディ間に「シャシコントロール・デビル10番線
ボンネットを一枚の放電板として活用、アクセルレスポンスが向上し
気持ち良いフィーリングが得られます


本日の〆は「RECS」。

インテークマニホールドの負圧が働く箇所に器材をセットしてアイドリング状態で放置。
時間をかけて洗浄し最後にアクセルを吹かして汚れを出して終了です
前回施工時から約10000キロでの施工となりましたが、
定期的なメンテナンスがグッドコンディションに保つ秘訣ですよ〜♪

T様
、今回は様々なご要望を頂きありがとうございました!


Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
出番です、新型ワニダー 10番線。
2011年09月04日(日) 16:10

スズキ ラパンSSのT様、お待たせ致しました
ご予約頂いておりました新「ワニダー 10番線」の装着です。

ハイパーワニダー 6番線」から大きく変更になりました、

ケーブルが6番 ⇒ 10番へ、
ボディ接続部分が端子 ⇒ カーボン繊維接点付きマグネットへ変更。
この組合せもガツンッと効くんです


さて位置装着ですが・・

ワニグチクリップは定番のラジエターコアへ装着。
コア横のフィンに挟んで下さい!と言わんばかりの丸穴が(笑)


ボディ側ですがマグネット接続になりましたのでボルト穴を探す必要も無く
ワンタッチ接続で装着完了簡単にラジエターの帯電を逃がすことが出来ます。
トルクが増し力強いレスポンスを発揮、病み付きになりますよ

新型ワニダー 10番線¥9,450(税込)/本です。

  ・ラジエター
  ・エアコンコンデンサー
  ・インタークーラー
  ・オイルクーラー
          にも使えます

ご予約承り中で〜す


クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
力強い走りに!
2011年07月23日(土) 13:01

グッと低く構えたスタイルがスポーティーさを強調しております、
スズキ ラパンSSのT様

スポーティーなエクステリアと相まって、走りもとっても元気なT様号
今回は排気系に着目しチューニングしていきますよ〜♪

「トルク感を重視したセッティングでお願いします!」

と言う事でチョイスされましたのは、

黒いパッケージの「ラムダ3MAX TORQUE for silencerでございます

それでは装着と参りましょう〜。

T様号
は抜けが良い社外品のマフラーに交換されておりますので、
メインサイレンサーよりやや前方にありますフランジ部分にクリップ端子を接続、
コアパックはシャーシ部分にしっかりと固定させて頂きました

走りに拘る上で排気系統はとても重要な要素です!
常に摩擦や排気干渉で静電気が発生し帯電している部分ですので、
「サイレンサー」は是非とも抑えて頂きたいですね


宮地@クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
まずはケーブルから。
2011年07月08日(金) 12:45

大径ホイールがビシッと決まってます、スズキ エブリイ・ワゴンのY様
軽自動車ですがなんとー17インチホイールを履かれております
山崎マイカーのタウンボックスは13インチ・・・

本日は初「EATUNING」導入でご来店下さいました。
「歴代の車にアーシングを施したり、アースを作り直したりしただけでも
効果があったので、非常に興味があります」
Y様

まずはベース作りから始めて行きたいと言うことで
グラウンドケーブルの「ハイパーデビル」をご紹介。

純正アースケーブルとの比較です
頼りなさそうなケーブルからしっかりと作り込まれた
グラウンドケーブルへ入れ換えです


純正のアースポイントを利用、エンジン 〜 ボディを接続。
小排気量と言うこともあり「ハイパーデビル 6番線」をチョイス

エンジンで発生する不要な帯電を逃がしとどまることを抑制することで、
エンジンレスポンスが飛躍的に向上しパワフルな走りが引き出されます
ケーブル1本でもかなりの高体感、「グラウンドケーブル」おすすめです


山崎@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ケーブル重要ですね!
2011年05月19日(木) 11:50

スズキ ジムニーのO様、主電源となるバッテリーマイナスケーブルの
ハイパー」装着後の変化が非常に面白くご満悦のご様子

エンジンアースも揃えたらどうなるの?とのことで
早速第2弾EATUNING、行って頂きました

O様
がチョイスされたのは高回転仕様の「レーシングデビル」、
軽快で鋭いレスポンスが引き出され軽自動車のエンジンにはピッタリではないでしょうか。
エンジン 〜 ボディ間を連結、純正はなかり細いケーブルでした

ワタクシ山崎の軽にも「レーシングデビル」使っています、
スムーズな吹け上がりは病み付きになりますよ〜。


今回はもう一つ、お手軽装着の「ハイパーワニダー」も装着。

ラジエター用の「ハイパーワニダー」、ラジエターコア 〜 ボディ間を連結。
片側がワニぐちクリップになっているのもちゃんと理由があってのこと
(気になる方はクラブキートスまでどうぞ(笑))

ラジエターの帯電を抑えることでエンジンレスポンスが激変
たった一本のケーブルでガラリと変わってしまう優れもの
リーズナブルな「ハイパーワニダー」、EATUNING入門編でいかがでしょう?
30cm¥13,650(税込) / 50cm¥15,750(税込)」

試乗後のインプレッションでは・・
『デビルレーシング、ワニダーの取り付け後ですがエンジンレスポンスが
非常に良くなりました。アクセルも軽く踏む程度で走ってくれます』

と元気の増した愛車の横でにっこり笑顔のO様でした


体感度も当然重要なのですが、きっちりとアース出来、不要な帯電を
抑制することの出来るシステムを作り込むことが重要ですね


山崎@クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
意外と効きます!
2011年05月02日(月) 16:10

レスポンスアップをメインにチューニングを図られております、
スズキ ラパンSSのT様
今回も軽快な走りを狙った施工をさせて頂きました。


画像では隠れてしまっていますが、
ラジエターコア金属部分に「ワニダー」をクリップ接続。
意外とラジエターにも帯電が溜まっています。
しっかりとボディに落としてあげれば、
軽快なトルクレスポンスが楽しめますよ

重たさのない気持ち良い加速感に「ワニダー」オススメです


田渕@クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ハイパーからスタート
2011年04月23日(土) 12:18

SEVや様々なアイテムを使って愛車を楽しまれている、
スズキ ジムニーのO様
いつもありがとうございます

今回は、以前から興味を持たれていた「EATUNING」の導入です。
第一弾はグラウンドケーブルを施工させて頂きます


早速ですが作業に取り掛かっていきます。


バッテリーマイナスケーブルを「ハイパー」に入れ替え接続。
ボディに溜まった帯電流をスムーズに流し、
各パーツのレスポンスアップを図ります。

通電性アップでイキイキと元気なO様号で、
快適ドライブをお楽しみ下さい


田渕@クラブキートス

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
鋭いレスポンスを発揮します
2011年01月16日(日) 18:30

スズキ ラパンSSのT様
前回「ラムダ3」で低回転側にパンチの効いたレスポンスを出しましたので、
本日は「ラムダRS」の装着で、 高回転側をカバーしていきます

<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3 RS

純正ハーネスのアースポイントに接続し、高周波を除去。
「ラムダ3」の高回転向けの仕様。
●高周波除去
●高回転までの吹け上がり、レスポンスを向上



本体を動かないようしっかり固定し、オイルゲージ固定ステーに接続。
エンジンに帯電している高周波を除去し、
かるーく上まで吹け上がるレスポンスを発揮します。

ラムダ3」とセット装着により、
全回転域で力強いトルク感と鋭いレスポンスが味わえます。

徐々に変化していく「EATUNING」の効果を
しっかり走り込んでお楽しみ下さい


田渕@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
軽自動車に力強さを。
2010年12月27日(月) 14:46

いつもありがとうございます、keiワークスのK様
主に奥様の通勤メインのお車で、なんとMT車! 渋いですね〜

本日は・・・
「クラッチ部にリンク+2を装着したいのと、
EATUNINGで最初にオススメの物をお願いします。」

と言う事でご来店下さいました。

まずは「SEV」から・・・

クラッチハウジングに「リンク+2」を装着。
装着済みの「+1」との相乗効果で、高回転域まで力強さが持続。
街乗りから高速走行まで扱いやすくなりますので、
MT車の方にオススメのアイテムでございます


続いて「EATUNING
本日は、こちらのベーシックアイテムを使用・・・
<純正アースポイント接続用 帯電除去デバイス>

ラムダ3
純正ハーネスのアースポイントに接続し、ワイヤーハーネスが
集合しているアースポイントからノイズを除去。
●ノイズ除去
●低回転からトルク感溢れる加速


本来であればエンジンの集中アースに接続したいところですが、発見できず・・・
最終的な装着箇所はこちら↓

エンジンヘッドに端子を接続、
コアパックをタワーバーに抱き合わせるようにしっかりと固定。
エンジン本体の帯電質を抑制し各部レスポンスアップにつなげます。

「エンジンが凄く静かになりましたね。
あとトルク感が上がっているのか、
登り坂で今までは1速落としていたのが
ギヤを変えずに走れました。」

と装着直後のインプレッションを頂きました

本領発揮はまだまだこれからです。
しっかりと走り込んで「EATUNING」の効果をご堪能下さいませ

・静粛性向上:

・低速からスムーズな加速レスポンス:



KII-TOSS★宮地

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
マフラーアースとして使えます。
2010年12月23日(木) 14:10

スズキ ラパンSSのT様、「EATUNING」による
愛車コンディションアップが急加速中でございます
本日は排気レスポンス改善で
こちらのアイテム装着のご用命頂きました

<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。

様々な用途に対応可能なグラウンドケーブル、
マフラー部分へ装着し不要な帯電を防ぎます

少々マフラー部分へ細工を施しまして・・・


マフラー連結部のフランジボルトからボディ間を「ハイパーデビル」で結合。
今回は細目の6番線を使用通電性を高め、マフラー内部で排気干渉によって
起こる静電気や帯電を除去し排気レスポンスを向上させます
マフラーの音質変化にも注目ですよ


KII-TOSS★山崎

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----