KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/04
  • 2018-05 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/06
Cシリーズ
2012年08月30日(木) 13:34

気になるアイテムのお試しをさせて下さい。
と、お越し下さいましたプジョー 206 RCのK様
SEVの基本は体感試乗からです。
アイテムは「クランクC−1・C−2」をお試し頂きました


試乗後、K様より
トルク感も増してスムーズ且つ滑らかにエンジンが回ってる感じが
凄く伝わって来ます。いいですねぇ

と体感インプレッション&オーダー頂きました

燃焼時に発生する衝撃を常に受け止め続けているクランシャフト、
負荷の大きさも相当なものです
少しでもロスを軽減させることで元々持っているポテンシャルが
引き出され気持ちの良い走りが可能となります

根強い人気のクランク「Cシリーズ」、おススメですよ〜


クラブキートス
まだまだイケまっせ!
2012年01月18日(水) 12:48

WAKO'S メンテナンスメニュー」施工時に一緒にSEV
お試しをして頂きました、プジョー 206 RCのK様


初めのステップとしてまずはお悩みになられておりました乗り心地を
SEV「AL」で改善、『突き上げ感も減り乗り易くなっていました。』K様
そのまま勢いで興味がわいてきて、今回は「フューエル3連」をお試しに

『スムーズさが増してレスポンス良く走りますね。』

となかなかのフィーリング

もう少しスパイスを!っと言うことで・・・

2連追加して「フューエル5連」をメインの燃料ホースへ装着
『3連の時から比べてトルク感や力強さも加わり良いフィーリングです!
スムーズさも更に強調されエンジンを回す楽しみが増えました。』

と納得のインプレッション、ありがとうございます

トルク系のフューエル「P・E」や「スーパーFUEL」とはまた違った
体感ですが、スムーズさをお求めの方にはオススメのアイテムです


クラブキートス
306から407へ Prat・2
2010年10月13日(水) 15:26

鮮やかなボディカラーが特徴的な407にお乗りのS様
納車後第2弾のSEV装着と参りましょう


まずは、冷却系から・・・

ラジエターロアホースへ「SEVラジエター」を装着。
全域に渡ってスムーズさがプラスされ、「Rシリーズ」とは違うナチュラルな変化が魅力です

続いて吸排気へ移ります。

NI-160」をスロットルボディ直前へ装着。
画像には無いですが、「NT−160」をエキゾーストマニホールド後のフロントパイプへ、
NTF−160」を中間サイレンサーに装着し、街乗り重視のセッティングにさせて頂きました。

続いて、下廻りの作業に移ります。

オートマチックトランスミッションに「SEVリンク」。
シフトショック軽減を狙い、ギヤケース側面より装着させて頂きました。


突き上げ感の軽減と、アブソーバーの延命効果を狙って「SEV-AL」を装着。
”猫足”と呼ばれるプジョーの乗り味が更に強調されるでしょう♪


前後ブレーキキャリパーに「SEV-AL」を装着。
制動力向上はもちろんですが、輸入車特有のブレーキダスト軽減にも繋がります

最後に、車内環境改善で

エアコン吹き出し口に「エアーベスト」を装着し作業完了でございます

同じプジョーでも、306と407は乗り味が全く違いますよね♪
これからの407ライフを楽しんで下さいね


KII-TOSS★宮地
306から407へ Part・1
2010年10月11日(月) 18:40

プジョー306から407にお乗換えされましたS様
お取り外しさせて頂いたSEVの再装着の為にご来店下さいました〜

まずはエンジンヘッド廻りから・・・

インテーク側カムプーリー付近に「ヘッドバランサーH-1」を、
エキゾースト側カムプーリー付近に「ヘッドバランサーH-2」をそれぞれ装着。
ヘッドカバー上面に「ヘッドバランサーP-1」を装着してエンジンヘッド内部のストレスを軽減し、
スムーズな吹け上がりを実現させます。


ダイレクトイグニッションコイルに「SEVホイール」を応用装着。
点火火花の安定を狙い、アクセルレスポンス向上に繋げます。


燃料ラインに「フューエルPE」を装着。
燃料を燃焼しやすい状態へと変化させ、燃焼室に送り込み
トルクアップ、レスポンスアップに繋げます。


SEVバッテリー」をバッテリーケーブルへ、「SEVヒューズ」をヒューズボックスに装着。
電気的ロスを軽減させ、各電装パーツ本来の特性を引き出します。
走りのパフォーマンスアップ、オーディオの音質向上等の効果が期待できます。

次回は、「吸排気」「冷却系」「駆動系」「足廻り」を装着させて頂きま〜す


KII-TOSS★宮地


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----