KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/04
  • 2018-05 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/06
ぞっこんアイテム第2弾!
2011年07月26日(火) 13:42

えぇ〜「ラムダ3 RS」強化月間でしょうか!?
スタッフがこぞって「RS」のことばかりブログに書いてます(笑)

ワタクシ山崎もタウンボックスで「RS」効果を痛感させられ
我慢出来ずもう一台のS2000にも装着してしまいました!
S2000のシフトフィーリング、リンクやロッドを介さないダイレクト型。
カチカチとした動きで硬くしっかり入ると言った感じです。

加えてハードなジムカーナ走行を繰り返してきたことで1速・2速が少々お疲れ気味
スムーズなシフトチェンジと軽快なレスポンスが得られればと思い装着しました
今回はタウンボックスとは逆のミッション後側へ装着し端子を接続
車種は違えどタウンボックスでどの様な変化が起こるか
分かっていたにも関わらず、走行してみて再び感動〜


『やっぱスゲェーよ、RS!!』



狙い通りのスムーズなシフトチェンジが可能となり、動力伝達も
スムーズに行われとにかく加速して行きます
ギヤも滑らかにスコスコと入るのがたまりません



ちなみにタウンボックスと同じクラッチハウジングの場合は・・

扱い難いメタルクラッチの操作も楽になりジャダーも軽減
クラッチハウジングに接続していてもエンジンレスポンスもしっかりと変化、
吹け上がりも良くVTEC(可変バルブタイミング機構)の効きが強烈です


ベーシックなエンジン装着も良いのですが、
ラムダ3 RS」は駆動系で攻めるのが面白いのではないでしょうか
街乗り・サーキット走行、ステージは選びません、ぜひぜひお試し下さいませ。


山崎@くらぶきーとす

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
RSにぞっこんです!
2011年07月02日(土) 14:56

徐々にEATUNING化を進めています、山崎マイカーの三菱 タウンボックス。
走行距離も10万キロ目前と少々お疲れ気味なので、喝!を入れて
パワーアップとかではなく現状の不満点を改善出来ればと思い施工中です

今回は黄色いコアパックの「ラムダ3RS」をピックアップ
通常はエンジンへの装着がほとんどなのですが、
マニュアル車の肝でありますミッションへ装着し変化をみます。


まずはギアボックス、運良くサービスホールが空いていたので
端子を接続して走行開始。「RS」の特徴であります・・

中〜高回転向けのレスポンスが発揮され、3000rpm付近から
力がみなぎって来る感じでした多くの歯車で組み合わさっている
ギアボックス、高周波ノイズもたっぷりなので「RS」でノイズや帯電を
除去することでスムーズかつ鋭い吹け上がりレスポンスを引き出してくれます。

レスポンスは良くなるのだけど・・・マニュアル車ならやはり
ギアの入りとかを期待するのですが、そんなに甘くはないです



山崎号のタウンボックス、ギアの入りに以前から悩みを抱えていました。
オイルや添加剤、その他アイテムを用い色々試して来たのですが
大幅な改善までには至らず
 ・1速 ⇒ 2速に入れる時に ”ガリッ
 ・2速 ⇒ 3速に入れる時に ”カリッ

走行10万キロにもなれば当然か・・、マウントの弱り、シンクロ機構の摩耗、
クラッチ摩耗による切れ不良等様々な要因があり根本を修理しろと言う話ですが
次回車検時にはミッションO/H(オーバーホール)かなぁと思い、

半分祈るような気持ちでクラッチハウジングのボルトへ「RS」を接続

最初はギアボックスとほぼ同様の変化が出ていたのですが、走行して行くうちに
あれっ?あれれれっ??シフトアップ時のギア鳴り、”ガリッ”の音が出ず、
コクッ、コクッ”とギアが入るではありませんか!?

この位置で良くなると言うことは、エンジンから伝わってくるノイズや抵抗、
摩擦や帯電と言ったものがミッション側に悪影響を及ぼしていたと言うことでしょうか。
クラッチ周辺の摩擦や抵抗、帯電が抑制出来ていることは言うまでもありません。
すんなりギアが入る様になったと言うことは内部もそう酷い状態ではないのかも・・
とにかく、これは凄いの一言です!!


サーキット走行やハードな走行をし、ミッションを酷使される方や
ちょっと最近ギアの入りが渋くなって来ていると言う方におすすめです
ただし治療するものではございませんので、根本的に壊れている、
痛んでいる車両の方は先にメンテナンスすることをおすすめ致します


ワタクシ山崎にとっては目からウロコのメニューでした


山崎@くらぶきーとす

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
シャシコン応用編。
2011年06月10日(金) 18:01

見た目ノーマルですが、中身は少々スパルタンな山崎号です
今回は「シャシコントロールデビル」応用編に挑戦

基本装着方法はサブフレーム 〜 ボディ間!
足廻りの動きを始めとし、お車の挙動をバランス良くコントロール。
帯電を抑制させるための道筋を作り流すことでエンジンレスポンスまでも
変えてしまう優れものです

サブフレーム 〜 ボディ間でそれだけの変化があるならば!?
と言う事でサブフレームにフローティングマウントされている
エンジンとリアデフから直接、接続してみました

エンジンオイルドレン 〜 サブフレーム


リアデフオイルドレン 〜 サブフレーム

ケーブル1本ずつなのでいかがなものかと思いきや・・・これはヤバいです
エンジン側では、回転の吹け上がりが恐ろしく変化!軽快さの中に鋭さあり
重いトルク感と言うのは出て来ないのですが、メリハリの効いたレスポンスが
エンジンに喝を入れ前に進めます

リアデフ側、簡単に言いますと後ろから蹴飛ばされる様な感じで
いつの間にか速度が出ている!動力伝達が物凄〜くスムーズかつ
力強く行われていました。アクセル踏み足し時、カーブの立ち上がで
元気良く加速、思わずニヤリッと笑顔が出てしまいました
両方とも分かり易い変化でした、それだけ帯電が起こっている証拠ですね


乗り心地系アイテムなのですが、帯電を抑制する道筋を作るアイテム
と考えればかなり汎用性の高い製品ですね
まずは基本装着方法をおすすめ致しますが、アイデア次第で
どこにでも装着可能です。「シャシコントロールデビル」おすすめです

シャシコントロールデビル
   20cm ⇒ ¥16,800(税込)/本
   40cm ⇒ ¥18,900(税込)/本


山崎@くらぶきーとす

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
ハイパーワニダー体感です!
2011年05月28日(土) 18:01

最近様々なテストを繰り返している山崎号、
スポーツ走行の機会が減っている分体感試乗でテストを重ねます

今回はラジエター用グラウンドケーブルの「ハイパーワニダー」、
ケーブル1本の製品でお値段もリーズナブル、入門編に持って来いのアイテム
セオリー通りにラジエター 〜 ボディ間でお試しです。

作業は手抜きをしましてホーン裏側の錆々のボルトへ端子を接続、
(※実際はラジエターコアサポートフレームへ接続しております)


ワニぐちクリップはラジエターコアのサイドフィンの穴へ接続。
たったこれだけで大丈夫かな〜?と思いつつ試乗をスタート

会社の周りのいつものコースをフラフラ〜と走って2周目に入ったとたん
ガラリとレスポンスが変化!?あらっ、あららっ??
エンジンが鋭く力強く吹け上がるではないですか!そのまま走行を続けて行くと
アクセル踏み足し時の加速レスポンスが良くなり、車速もぐんぐん伸びて行く。

「これ、スゲー!!」と思わず叫んでしまいました・・・

ケーブル1本でこの威力、正直驚きを隠せません。
一般的な冷却系チューニングと言いますと、レーシングクーラント(冷却水)や
ラジエターコアの容量アップ等になりますがどちらかと言えば保護的な要素かと。
姿形はアースケーブルですが、その様なアイテムと比べると走り・レスポンスを
ガラリと変えてしまう「ワニダー」は立派なチューニングパーツですね!


体感度が高いからおすすめ!と言う訳ではなく・・
ラジエターの帯電を抑制することで車がこんなに気持ち良く走る様になる!!
と言うことをぜひ皆様にも味わって頂きたいです
フローティングマウントされている部品、ラジエターならではの面白さです。
ターボ車のインタークーラーへの装着も面白いですよ

ハイパーワニダー
   ・20cm¥13,650(税込)
   ・50cm¥15,750(税込)

施工も簡単でお値段もリーズナブルでこのハイレスポンス、
おすすめしない訳にはいきませんね。ぜひぜひお試し下さいませ


山崎@くらぶきーとす

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
シャシコントロール・デビル、体感!
2011年05月15日(日) 16:45

グラウンドケーブルに新たに仲間入りした
シャシコントロール・デビル」山崎号で体感してみました。

山崎号のサブフレームはリジッド艤装されていますが、最近のお車では
ブッシュでフローティングさせているサブフレームが主流となっています。
特に帯電対策も施されていないため(主に)入力時のストレスで帯電し、
ブッシュもフレームも本来の性能が発揮できない状態に・・・

そこで「シャシコントロール・デビル」の出番です
サスペンションを取り付けているサブフレーム 〜 ボディ間を連結、
不要な帯電を積極的に流し、代謝を良くすることで足廻りの動きを
飛躍的に向上させてくれます
------------------------------------------------------
<仕様>
ケーブル : MAX #6
ターミナル : 両端マグネット・アブソード方式
※アルミ製のサブフレームやアルミボディにも対応し、
サービスホールの少ない車種にも取付け可能。全車種向けです。

<価格>
ケーブル長(20cm)/1本 ⇒ ¥16,800(税込)
ケーブル長(20cm)/2本セット ⇒ ¥30,240(税込)

ケーブル長(40cm)/1本 ⇒ ¥18,900(税込)
ケーブル長(40cm)/2本セット ⇒ ¥34,020(税込)
------------------------------------------------------


それでは体感インプレッションと行きましょう、
まずはお値段控えめの1本ずつからスタート

?フロントサブフレーム中央付近 〜 ボディ
?ミッションマウント用センターフレーム 〜 ボディ
?リアサブフレーム中央付近 〜 ボディ         へ各1本ずつ装着。

第一印象ですが、フロアが全体的に引き締まり車体の中央に芯を通した様に
シャーシが変化。ハンドリングレスポンスが向上しキビキビと動く挙動に。
サブフレームの剛性が適正化されたお陰でしょうか、ブレーキング時の
姿勢やコーナリング時の安定性が増し軽快な走りと挙動へと変化


続きまして2本装着、こちらが本命でしょうか

フロントサブフレームの左右 〜 ボディ

リアサブフレームの左右 〜 ボディ

まずはお店の前の段差で違いが分かりました、あれ、軟らかい?
と思いそろそろと出発。乗り心地系のアイテムですが、エンジンレスポンスも
すこぶる良い。少々高い速度でカーブへ侵入、適度なロールをしつつ
外側のタイヤへしっかりと荷重が移動。

タイヤが路面をわしづかみする様な感じでトラクションが掛かり
気持ち良くカーブを駆け抜け立ち上がる・・・なんじゃこりゃ??
1本装着の時とは明らかに違う安定感!凹凸のある路面でも足廻りが
しっかり運動できることで往なしてくれます。

山崎号の中期型 S2000(前期型もかな)、リアサブフレームの
剛性不足により旋回半径の大きい高速コーナリングは
とても不安定な挙動になります。お尻がピクピク動き、
いつも横Gを溜めながら走行している感じです・・・

水色枠がリアサブフレームです、後期型で足廻りとサブフレームが
見直しされていました(泣)不安定な挙動が出ていて悩んでいただけに
山崎号には目からウロコ状態のアイテムです
モータースポーツ走行でも存分にその効果を発揮してくれそうです!


EATUNING
装着されていない車両でも変化は体感して頂けますが、
やはり「ハイパー」や「デビル」の基本メニューを施している車両の方が
より良い体感と変化が得られます。「ラムダ4」とのマッチングが良いですね

長々と書きましたが、山崎号のインプレッションでした


山崎@くらぶきーとす

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
「ラムダ4」体感インプレッション!
2011年02月15日(火) 12:12

Club KII-TOSS所有のBMW Mクーペにて今春発売となります「ラムダ4」の
体感試乗を実施致しましたのでインプレッションを掲載させて頂きます
(人それぞれで体感の差がございます、あくまでも参考までに)


インテークシステムの帯電除去デバイスとして登場致します「ラムダ4
作用のメカニズムと致しましては・・

(※画像はプロトタイプ品になります)

吸気による空気抵抗が帯電を発生させ、その帯電はエンジン(内燃機関)にまで
波及します。不要な帯電は燃焼行程では燃焼効率を下げ、エネルギー損失に
つながります。
空気の対流が一番激しい部位は?エアクリーナーですね。
そのエアクリーナーで発生する帯電を吸収除去するのが「ラムダ4」でございます

不要な帯電が 吸気⇒エンジン・ミッション⇒ボディ⇒足回りと波及して参りますと
全体的に各部のレスポンスが低下し本来の性能が発揮されないことも・・・
エンジン始動時から働き出す吸気システムに着目し本来の性能を引き出すことで
車全体が大幅なレスポンスアップにつながり各部レスポンス・走り・乗り心地と
様々な変化をもたらせてくれます
体感試乗ではエンジンレスポンスと乗り心地に着目して走行してみました、
それではインプレッションと参りましょう〜


社外品エアクリーナ フィルター裏側部分 : 1個装着

【レスポンス】
ハッキリとトルク感が太った感覚が伝わって来ました、アクセルペダルにも何故か
重さが・・フィルター部分の吸い込み量を増大させた様なフィーリングで空気を
ガバッっと吸い込んで送り、低速からパンチの効いたレスポンスを発揮。

【乗り心地】
フィルター裏の金属部分へ「ラムダ4」を装着したのですが、その部分からボディーへ
支えのステーが出て導通していたお陰でフロント回りの剛性が向上し少々堅い乗り味に。
これは装着位置をミスしてしまいました

------------------------------------------------------------------------------------------

サージタンク手前チャンバー部分 : 1個装着

【レスポンス】
4箇所トライした中でワタクシ山崎が一番好感触だったのがこの部分。
軽快な吹け上がりレスポンスに加え、車速の伸びも良くエンジンを高回転まで
回して走行される方にはお薦めな位置でした景色の流れも速かったですね〜。

【乗り心地】
堅くもなく、柔らかくもなくと言った微妙な変化でしたが、車の挙動とサスペンションの
動きのまとまり感が出て気持ち良くドライブ出来るフィーリングでした。

------------------------------------------------------------------------------------------

サージタンク上部 : 1個装着

【レスポンス】
装着位置がエンジン中央付近と言う事もありトルク感が出てアクセルのツキが
良くなっていました。高回転側まで回して行くとパンチの効いたトルク感が
高回転側まで伸び上がり扱い易さもアップ

【乗り心地】
この装着位置で大幅な変化が加わりました、ロール感がかなり軽減されボディーが
落ち着きサスペンションのみがしっかり動き振動・揺れを吸収し往なしを効かせていました。
車高を落としているにも関わらず突き上げや入力が軽減されていてGoodですね

------------------------------------------------------------------------------------------

サージタンク上部 : 2個装着

【レスポンス】
贅沢仕様ですが2個装着の威力は凄い 1+アルファではなく、しっかりと2個装着
しただけのレスポンスは引き出されましたまずは排気量を上げた様な余裕感たっぷりの
吹け上がりに、パンチの効いたトルクとレスポンスが加わり、間違いなく
速く&パワフルになっていましたラムダ4」の威力を存分に堪能出来ました

【乗り心地】
車高が上がった様な(実際には上がってませんが)とても不思議な感覚がまずは
伝わって来ましたが路面に吸い付く様に走りハンドルを切り込めば素直にノーズが
入り込み綺麗にラインをトレース。この様な変化を味わったのは初めてですね、
それだけ吸気システムでのロスが大きく影響していると言う事でしょうか。
とにかく2個装着での乗り味、乗り心地の変化には驚きました

------------------------------------------------------------------------------------------

以上がBMW Mクーペにてワタクシ山崎が体感したインプレッションでございます。
長々と記載致しましたが、吸気レスポンス改善はもちろんのこと
乗り心地にもしっかりと変化を与え本来の楽しさを引き出す「ラムダ4」の効果
非常に面白いです。興味を持たれた方、ぜひぜひご体感して下さいませ
次回はマイカーのS2000(純正エアクリーナーBOX搭載)で試してみまーす。

マルシュウ 亀井社長の力作だけに・・・めっちゃ効きます!


山崎@くらぶきーとす

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
コンディション維持にRESPO!
2010年06月12日(土) 11:12

山崎マイカーの三菱 タウンボックス、あちこち動き回ってフル活用しています
走行距離も8万キロを超えましたが、「SEV」と「RESPO」のお陰で元気元気

コンディション維持の秘訣はやはり基本メンテナンス、
怠らずきっちりやると言ったとこでしょうか。
本日は「RESPO」製品を使ってメンテナンス

軽のターボエンジン、排気量小さいですが・・

好んでV-TYPE」を使い続けています。鋭いエンジンレスポンスがとっても魅力

RESPO V-TYPE(5w-40) : ¥2,100-(税込)/1L缶
耐熱劣化性に優れた高品質のベースオイルに、ナノ球状液化チタンを配合。
鋭い高回転の吹け上がりと超レスポンスを実現、小〜中排気量・高回転型の
エンジンにお薦めです。



こちらは夏対策

そろそろ暑くなって来ましたのでエアコン稼働率も増えてきます、
エアコンオイル添加剤」を注入してコンプレッサーやエンジンに
掛かる負担を軽減させます

エアコンオイル添加剤 HFC-134a : ¥3,150-(税込)/本
粘弾性オイル成分「RESPO」と「チタン」のW効果で、コンプレッサーの
低フリクション化と気密性の回復向上に成功。従来品では成し得なかった
燃費の改善、馬力や冷却力の向上も実現致します。


特にこんな方にお薦め致します
・エアコンの効きが悪いお車の方
・エアコン使用時のパワーダウンが気になる方
・最近お車を乗り換えされた方
・エアコンガス、オイルの漏れを防止したい方

ぜひお試し下さいませ。

定期的なメンテナンスがGoodコンディション維持の秘訣です、
オイル交換やケミカル類でのメンテナンスはぜひSEV大阪で!!


山崎@大阪アドバイザー
「S ブロック 3D」インプレッション!
2010年05月01日(土) 18:29
登場してから大好評の新製品「S ブロック 3D」、
多くのお客様に体感して頂き、その凄さを味わって頂いております

発売前に装着しテストした山崎インプレッションをお届け致します
(ブログアップが遅くなり申し訳ございません)


今回のテストカーは山崎マイカーの三菱 タウンボックス、
エンジン系・吸排気系・駆動系をメインにSEVチューンしている仕様です
新製品はどの様な効果と変化をもたらせてくれるのでしょうか、
それではインプレッションと参りましょう

【?前後バンパー四隅】


定番の装着位置のバンパー四隅、まず一番最初に感じたのがボディーと呼ばれる部分の
剛性がかなり向上した点。「S ブロック」でも勿論剛性向上は感じられたのですが、
室内に梁を通したかの様な丈夫さは初めての体感でした。車体押さえ付け効果、
コーナリング時の安定感に関しては「S ブロック」の方が一枚上手ですね。
また足廻りに近い部分への装着のお陰で、足廻りの「AL」や「ホイール」の働きも良くなり
乗り心地面で考えるとこの車ではバンパー四隅は良い位置に感じられました

強過ぎる安定感や乗り心地の堅さを感じられた方は、エンジンルーム内やトランク内の
少し高い位置へ移動させて行けばバランスが取れて行きます。

【?人が座る室内四隅】


設置してすぐに感じられたのが空気の爽やかさと鼻通り(呼吸)が楽になった点。
加えて様々な健康用アイテムを体に装着した時と同じ様に代謝が良くなり、疲れている
部分がケアされて行く体感がありました。囲む範囲が狭まった分バンパー四隅に
比べればボディーの剛性感は少なくなっていましたが、リラックス空間や消臭と言った
室内環境は格段に良くなっています オーディオに対しても強力に効き、
純正のデッキ・スピーカーでも音に厚みが出て迫力ある整った音に変化していました♪

【?限りなくエンジン・ミッションに近い四隅】
乗り心地を完全に無視してエンジン・ミッションを「S ブロック 3D」で囲ってみました。
装着されているSEVの数が多いと言うこともあり、吸気・エンジンレスポンスが
しっかりとアップレスポンス重視の山崎号ではパワー感やトルク感よりも軽快な鋭い
レスポンスと加速感がもたらされました。ミッションにも保護を兼ねて多くのSEVを装着済み、
3D」効果でギアシフトの動きにメリハリが付いて動きが良くなりシフトが入り易く
なっていました。「リンク」x3、「C-2」の効果を底上げした感じで気持良く走れます。
エンジン・ミッションを集中的にサポートする使い方もアリですね


と、山崎インプレッションを長々と書きましたが、現在装着されているSEVの数や
装着位置によって様々な変化が得られます。「S ブロック 3D」をご検討中の方は
ぜひSEV大阪へ遊びに来てご体感して下さいませ


山崎@大阪アドバイザー


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----