KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/08
  • 2018-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/10
スムーズに
2012年06月12日(火) 13:43

アウディ A3のY様
前回、ご来店の際に体感試乗をして頂いたアイテムの本装着にご来店です。  
駆動系をメインに施工してきましたが、
エンジン系いよいよスタートです

エンジン系SEVの入門アイテム
ヘッドバランサー「P−1」のオーダーを頂きました
タイミングベルト周りの負担軽減を狙い装着です。
ストレスの掛かりやすい部分なだけに、体感度も◎

着実なステップアップで、ストレスの無い走りを目指していきましょう


クラブキートス
駆動系をサポート。
2011年12月09日(金) 12:45

アウディ A3のY様、久々のご来店ありがとうございます。
少しローダウンされた車高がスポーティさを更に演出、
見た目と走りが変わりドライブする楽しさも倍増ですね


さて久々のチューニングはSEVをチョイス、
駆動系のロス軽減で走りに磨きを掛けます

加速する楽しさ・気持ち良さを伝える「リンク+シリーズ」の
追加装着をオーダー下さいました

前回は「+1」を装着、
その効果を高回転側まで引き上げる「+2」を今回はご装着


DSGのクラッチ側へ「リンク+1」、ギアボックス側へ「リンク+2」をセット。
合わせ技により回転全域でのレスポンスアップが図れ、
パワフルかつスムーズに加速して行きます


変化の出し易いエンジン系ばかりでなく、
駆動系もしっかりサポートして快速ドライブにつなげましょう


クラブキートス
駆動系、大事ですね!
2011年04月06日(水) 17:43

アウディ A3のY様、ニューマシンでご来店下さいました
ノーマルのフィーリング、キビキビ走って楽しい車ですと上々のご様子。
今のところ特に不満もなさそうなのですが、もっと気持ち良く、
スムーズに走らせたいとのご要望でしたので駆動系チューンをおすすめ
させて頂きました


駆動系定番アイテムのリンク「+1」をフロントデフへ装着。
ギアボックスからの動力をロスなくドライブシャフト⇒タイヤへと
伝達させて行きます。街乗りメインと言う事でリンク「+1」をチョイス。

<<SEV駆動系アイテム>>
SEV「リンク
汎用性が高くクラッチ、トルコン、ギアボックス、デフと様々な場所へ装着可能。
特に駆動系の摺動部のロスやストレス軽減に効果を発揮!


リンク「+シリーズ
メリハリの効いた駆動レスポンスを発揮、特に回転部分や歯車の噛み合い部分の
ロスやストレスを軽減しスムーズな動きに変えて行きます。



エンジン系ばかりに目が向いてしまいがちですが、駆動系も重要ですよ
お好みのアイテムチョイスでより気持ちの良いドライブを楽しみましょう


山崎@クラブキートス

エンジンのストレスを軽減。
2010年12月04日(土) 15:55

納車されて間もないアウディA3、S様
こちらのお車でのご来店は初めてですね♪

「低速域からのレスポンス感とトルク感を向上させたいんです。」

と言う事で、こちらのアイテムをチョイス

ヘッドバランサーPシリーズでございます。

高負荷の掛かりやすい、インテーク側カムプーリー軸上に「P-1」、
エキゾースト側カムプーリー軸上に「P-2」を装着。

エンジンヘッド内部のストレスを軽減させ、
スムーズな加速レスポンスを発揮させます

エンジン系SEVの入門用として「ヘッドバランサー」シリーズ、如何でしょう


KIIーTOSS★宮地
SEVとRESPOでエンジンを元気に
2010年07月12日(月) 19:10

自動車用から健康用までSEVをご愛用頂いているアウディTTクーペのH様です。
「SEVを付けるのが楽しくて仕方ない!そして、乗るたびに変化があるからやめられないね。
今日はエンジン系をさわろうかな。トルクアップをメインに考えているからオススメを頼むよ。
あと、エンジンオイル交換もお願いね。」

とご用命頂きました

トルクアップを目的とするSEVは多数ございますが、今回オススメさせて頂きましたのは
SEVの基本である吸排気「ビッグパワー」でございます。

ビッグパワーインテーク」はスロットルボディ手前に装着。
吸入空気を燃えやすい状態へと変化させ、燃焼室へ引き込みます。

ビッグパワーエキゾースト」はリヤサイレンサー前に装着。
調整を繰り返しながら、低速域から力強い加速感が得られる位置にセットアップ
させて頂きました。

続いてエンジンオイル交換です

使用させて頂きましたのは
Sタイプ REO-1LS」 1L:1,700円(税込)でございます
スポーツ走行から街乗りまで全ての用途に
ヨーロッパ規格もクリアしたベストセラーオイル耐熱劣化性・高油膜保持性能を備え、
ヨーロッパ規格 / M・BENZ / VW 規格も取得しています
車をグッドコンディションに保つ為には定期的なメンテナンスが必要不可欠です

SEV
RESPOで元気になったお車で、快適なドライブを楽しんでくださいね


宮地@大阪店長


お乗り換えで、ご来店です。
2010年07月01日(木) 19:11
メルセデス・ベンツE55からアウディRS 6に乗り換えられたW様
SEVの移植と追加装着でご来店下さいました。
こちらのRS 6、見た目とは裏腹で物凄くパワフルで速いお車でございます。
羊の皮を被った狼とはまさにこのお車のことではないでしょうか


乗り換えられて第1弾のSEVメニューはこちらになります。
お手持ち分も含めてエンジンレスポンスアップ、
お車のコンディションアップを図って行きます。

第一弾はパーツの保護と乗り易さの向上です
それではいつもの作業ブログと参りましょう。

エンジンレスポンスアップにとても効果的です、
エンジンヘッドに「ヘッドバランサーH-1・H-2」を装着


リンク」はトルクコンバーターに装着し、駆動伝達力向上につなげます。


Sブロック」はW様の好みに合わせて、
高目の位置へセットアップさせて頂きました
程良い押さえ付け効果とマイルドな乗り心地が体感出来ます。

画像を取り忘れてしまいましたが、SEV「AL」は
エンジンオイル保劣化防止でオイルパンへ装着。


続いては足元をSEV化し、乗り心地と安全面の強化です。

定番装着ですね、ショックアブソーバーへSEV「AL」の装着。
上下運動をスムーズに行わせ、ダンパー作用を向上させます。


580馬力というハイパワーと2tを超える車重をシッカリ制御するよう
キャリパーに「AL-R」を装着


こちらも忘れてはなりません
ホイールに「ホイール」です、路面との唯一の接点である
タイヤ・ホイールへの装着は、是非おススメです
耐摩耗性向上、ロードノイズ軽減に一役買います。


W様
、気になる個所がありましたら何時でもご相談下さい。
またのご来店お待ちしております

田渕@アドバイザー
車もカラダもSEV化します。
2010年06月25日(金) 19:19

アウディTTクーペのH様、自動車用SEVと健康用SEVをご愛用頂いております。
SEV装着後のお車の具合も非常に良く、走りも快調とのこと

本日は更なるステップを求めてSEV大阪へご来店、
メニューは乗り心地改善とエンジン系のレスポンスアップ、
早速作業に取り掛かりましょう


乗り心地メニューはアドバイザー田渕が担当。
定番中の定番メニューです、

スタビライザーへSEV「ホイール タイプR」。小気味良いハンドリングレスポンスと
安定感向上で「セミスポーツ」の味付けでセットアップ。


続いてエンジン系はワタクシ山崎が担当。

低〜中回転域を使用して走行されることが多いH様
ご使用回転域から判断してクランク「C-1」をお薦めさせて頂きました。
低回転からパンチの効いたスムーズな加速感が魅力です


狙いたい所に凹凸あり、両面テープを重ねてエンジンの形状に沿わせます。


はいっ、ピッタリ装着でございます装着位置は負荷も大きいクランクプーリー側、
プーリー下に装着することで気持良く吹け上がるエンジンレスポンスに変化させます。

作業中、H様ご夫婦には・・

引き出したっぷりの代表 紀伊のトークで爆笑して頂いておりました

更にとっても嬉しいことに、

とっても甘くて美味しいスイーツのお土産まで頂きました。
H様
、本当にありがとうございました
余りの美味さに事務所内でスタッフが「うまーいっ!」を
連呼していたのは言うまでもありません(笑)


色々メニューに加え、他に健康用アイテムもテイクアウト。
お車もカラダも「SEV」で元気モリモリですね、すっきりとした楽で心地良い
毎日をお過ごし下さいませ。


山崎@大阪アドバイザー
エンジン系と駆動系を煮詰めます。
2010年06月23日(水) 16:11

アウディA4 アバントのO様、駆動系SEVのバランス取りで
駆動系アイテムをお試しして頂いておりました。
ようやくO様納得のフィーリングに辿り着いたので本装着と参りましょう

今回装着するアイテムはこちら・・

駆動系定番アイテムのSEV「リンク」。
リンク+シリーズ」の登場で駆動系アイテムも賑わっておりますが、
SEV「リンク」の動きの滑らかさを加える味付け、素直な変化もまだまだ健在

曲面部分でしたの両面テープを重ねて

センターデフ歯車集合部分へ装着
前後の駆動輪へロス無く出力を伝達させて行きます
前後・センターと駆動系トータルをSEVでサポート出来て来たので、
かなりスムーズに走れる仕様になって来ているのではないでしょうか


駆動系の作業と併せて
エンジン系SEVのリセッティングもさせて頂きました。

ヘッドバランサー「Pシリーズ」はエンジンカバー内へ収納、
Hシリーズ」はカムプーリー側へ移動。


お手持ち分のクランク「C-1」と併せて「Cシリーズ」も見直し。
ストレス無く、軽快に回るエンジンへと仕上げさせて頂きました

走行後のO様より、
『今までにないエンジンの軽快さを感じました。ストレス無く走ってくれるので
気持良いですね』
と嬉しいインプレッションが頂けました。
ありがとうございます

エンジン系、駆動系とSEV装着数も増えて参りました、今後のメニューに
気になられている乗り心地改善と装着されているSEVの底上げ効果を狙って
S ブロック 3D」は如何でしょう


山崎@大阪アドバイザー
快適なドライブを
2010年06月21日(月) 19:35

アウディTTクーペのH様です。
本日は、乗り心地の向上を狙ったSEVメニューを実施します

「突き上げ感があるのと、高速走行中の安定感を出したい。」

とのご要望で・・・

AL−R」と「ロアアームスポーツ」をオススメさせて頂きました。


AL−R」はショックアブソーバーへ装着。

ロアアームスポーツ」はロアアームのタイヤ寄りへ装着。
装着後、
「確かに良くなっているんだけど、まだ少し不安定感があるかな。もうワンランク
上げれないかな・・・」

とのコメントが・・・。

次に、不安定感解消を狙い・・・


前後ストラットマウントに「ホイール−R」を施工。
「不安定感がかなり軽減されたね。ボディ側を固めた事で足の動きが更に良くなったよ!」

とOKサインを頂きました

奥様がロングドライブでも快適に過ごせるように・・・

助手席に「ネックパッド」を装着。
運転中の肩や腕の疲労軽減にも繋がりますので、運転席への装着もオススメです♪

健康用アイテムの「メタルレールSi」もテイクアウトオーダー頂きました
のど元をSEV化する事で呼吸器系の働きを向上させ、良質な酸素を吸収でき、
持久力の向上に繋がりますので日常生活からスポーツ時まで、お役に立てると思いますよ

また、車や身体など気になる箇所等ございましたらお気軽にご相談くださいませ。


宮地@大阪店長

走りの気持良さアップです!
2010年05月16日(日) 16:46

アウディ TTクーペにお乗りのH様、2回目のご来店ありがとうございます!
前回装着させて頂きましたSEVの効果がとても良く、バランス取りと
更なるフィーリングアップで追加装着のご用命を頂きました。

今回も前回に引き続き駆動系SEVチューンでございます、

アイテムは登場してから大好評の「リンク+ シリーズ」。
低回転からのスムーズな加速力を発揮する「リンク+1」をチョイス


今回の装着位置はリアデフ、前回装着分のフロントデフとの相乗効果
4輪の駆動ロスを大幅に軽減街乗りから高速巡航、急な上り坂でも
楽に進めてくれます
走りの軽快さ、気持良さを伝えてくれる「リンク+1」、お薦めです

ワンステップずつじっくりとSEVチューンを進めて参りましょう
H様
、次回はエンジン系SEVいかがでしょうか


山崎@大阪アドバイザー
バランス良く装着します。
2010年05月13日(木) 19:12

アウディ A4 アバントのO様、駆動系SEVチューンが加速中です
本日も駆動系SEVチューンをご用命頂きました

まずは装着前にお手持ち分のSEV施工と、
お悩み改善でリセッティングさせて頂きました

ハンドリングレスポンス、ブレーキのペダルタッチ、エンジンレスポンス向上で
・フロントスタビライザーへSEV「ホイール」施工
・ブレーキホースへSEV「ホイール」施工
・エンジン系でクランク「C-1」をリセッティング

メインの駆動系と参りましょう。

こちらはセンターデフ、新たに追加装着する為
リアデフから「リンク」をセンターデフへ移設


追加装着になります、リアデフへ「リンク+1」。
前後のデフへ「リンク+1」装着により駆動ロスが大幅に軽減
エンジンで発生した動力を気持ちよく路面へと伝え加速して行きます

色々メニューで少々お時間頂きました・・

作業中、O様には代表 紀伊の「ホンダ N360」にまつわる
懐かしいスペシャルトークを聞いて頂いておりました

長時間お付き合い頂きましてありがとうございました


山崎@大阪アドバイザー
体感、そして装着へ。
2010年05月13日(木) 13:39

アウディ TTクーペのH様、初SEV大阪ありがとうございます
SEVは既に健康用アイテムをご愛用頂いておりました、
「日常の疲労を軽減させるのに必需品です」
H様

ヒトに効くなら愛車にも!
と言うことで、自動車用SEVの体感試乗を開始。
気になるメニューは新製品の「S ブロック 3D」と「リンク+ シリーズ」、
1つずつ試して頂きましょう。

リンク+1
『駆動系のロスが軽減され、かなりスムーズに加速して行きます。
はっきりとした体感が走りの楽しさが増えました


S ブロック 3D
『車全体の安定感が出て乗り心地に変化がありました。プラスしてトルク感が
少し上がっている体感があり、エンジンにも効果が出てみたいです』

となかなかGoodなインプレッションが頂けました


しばらく検討され・・・
「体感だけで終わろうと思ったのですが、しっかり変化が味わえたので
本装着お願いします」
とオーダー頂きました。ありがとうございます

早速装着と参りましょう、2アイテム共
体感試乗して頂いた位置への装着になります

駆動系のレスポンスアップと低回転からの滑らかな加速感が魅力です
フロントデフへ駆動系最新アイテム「リンク+1」を装着。

初回から大物アイテム行って頂きました、登場したばかりの「S ブロック 3D

定番装着位置のバンパー四隅(フロント側)

(リア側)
車体四隅へ装着することで、立体的なSEV化空間を作る技術が車体全体を包み込みます。
エンジン系・駆動系・足廻り・ボディー等で発生しているロスを軽減させ
全ての稼働バランスを整え走行性能や快適性を向上させてくれます

走りの楽しさ、快適性が増したアイテムを装着した後のドライブはいかがでしょうか、
バランスを考慮して一歩ずつ着実にステップアップして行きましょう


山崎@大阪アドバイザー
駆動系を煮詰めます。
2010年05月05日(水) 19:37

アウディ A4アバントのO様
前回駆動系へご装着させて頂いたクランク「C-1」の調子が良く
更に煮詰めたいとのことでSEV大阪へドッグイン

・トルクコンバーターへ「リンク+1
・ギアボックスへクランク「C-1
と来たので、今回は・・

フロント側最終伝達部分のフロントデフに「リンク+1」を装着。
メリハリの効いた加速レスポンスが運転する楽しさを倍増させてくれます!

『ミッション自体のSEV装着も良かったのですが、デフに装着は更に気持良さが
伝って来ました。それだけロスしているんですね』
O様インプレッション。
そうです、直接走りに関わって来る部分だけに駆動系SEVは非常に効果的です



通常の4WD車両はフロントデフ:、センターデフ(またはトランスファー):、リアデフ:
駆動系部品が満載されている為、それぞれの部品へSEVを装着しロスを軽減させることで
より軽快で気持よく走れる状態へ仕上げてくれます

エンジン系ばかり強化されている方は、ぜひ駆動系SEVもお試し下さいませ


山崎@大阪アドバイザー
シフトショック軽減に
2010年04月28日(水) 18:07

アウディA4のO様
O様
のお悩みは、「シフトダウン時のショックが気になる」です。
以前にミッションのギア部分に、「リンクプラス1」を装着し、
リンクを付けてからある程度は収まっていましたが、やはり気になります
そこで今回、装着しましたのは・・・

クランクC-1」をミッションケースに装着です
応用装着ですが、スムーズなシフトチェンジに効果大です

シフトフィーリングの改善に「SEVクランク」いいフィーリングに変化しますよ

田渕@アドバイザー
新車をSEVでサポート。
2010年04月21日(水) 19:00

誕生してからまだ間もないアウディ A5 スポーツバックにお乗りのK様
新車を納車したその足でSEV大阪へご来店下さいました


お車全体の優雅なデザインに加え、細部までこだわった
デザインが素敵です新型車に思わず見惚れ過ぎてしまいました

話が脱線してしまいました
納車したてのK様号、普段は奥様が乗られると言うことでSEV装着は
走りの快適性向上と安全面の強化の2メニューに決定
さっそく豊富な作業メニューのご紹介と参りましょう。

<エンジン系>

エンジン静粛性向上、エンジンヘッド部の作動ロス軽減で
ヘッドバランサー「H-1」を装着。低回転から軽快なレスポンスを発揮

<燃料系>

燃料の霧化促進と環境面に配慮して直噴化されているエンジン、
フューエル「P・E」を装着し更なるレスポンスアップを図ります

<駆動系>

ミッションのコンディション維持、
フルードの劣化防止でSEV「リンク」をミッションへ装着。

<ブレーキ系>

ブレーキキャリパーへSEV「AL」を装着。ブレーキダストの抑制と、ブレーキング時に
摩擦材から発生するガスや水蒸気を散らしブレーキ本来の性能を引き出します。

ブレーキホースへSEV「ホイール」施工。
カチッとしたペダルタッチに加え、踏み応えのある
ブレーキフィーリングをもたらせてくれます。

<乗り心地改善>

足廻りの安定感と伸縮運動向上で
ショックアブソーバーへSEV「AL」を装着。

SEVベーシックアイテムのオンパレード装着、ありがとうございます
豊富なSEVメニューがピカピカの新車をしっかりサポート
新車時のコンディションを末永く維持してレスポンス良く走らせて行きましょう。


山崎@大阪アドバイザー


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----