KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/06
  • 2018-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/08
サーキット走行に備えて。
2010年11月15日(月) 19:30

アルファ156にお乗りのY様

「サーキット走行を控えているので、SEVチューンと
今流行っているEATUNINGをお願いします!」

と言う事でご来店下さいました


それではSEVチューンから参りましょう。
基本の【吸排気】から・・・

ビッグパワーインテーク「BI-160」をスロットルボディ手前に装着。
吸入空気を燃えやすい状態へと変化させ、燃焼室に送り込みます


ビッグパワーエキゾースト「BT-160」をメインサイレンサー手前に装着。
排ガスをスムーズに引っ張り抜き、高回転域でのパワー感をアップさせます。

【燃料系】

PE」を燃料ホースへ装着。
燃料を燃えやすい状態へと変化させ、燃焼室に送り込みます。
ビッグパワーとの相性が良く、セット装着する事ですばらしいフィーリングが期待出来ます

【冷却系】

R-2」をラジエターロアホースに装着。
熱による歪みを抑制し、エンジン本来の性能を引き出します。
装着済みの「R-1」との相乗効果で、パンチの効いた加速レスポンスが期待出来ます。


次に「EATUNING」へと参りましょう。
<エンジン用グラウンドケーブル>

ハイパーデビル

エンジンからボディへ接続。「ハイパー」とセットで施工すると、
さらに電源供給のバランスが整います。


バッテリーマイナス端子からボディアースへ接続。
主電源が強化され、帯電した余分な電気を流しやすくしてくれます。
キッチリと余分な電気を流したい為、3番線をチョイス

・低速からの加速レスポンス:

・ボディ剛性感の向上:


今回のメニューで更に戦闘力が向上しましたね♪
今年最後のサーキット走行、表彰台を目指して頑張ってください


KII-TOSS★宮地

**************************************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
**************************************************
ナチュラルなフィーリングが魅力です
2010年10月13日(水) 18:48

アルファロメオにお乗りのオーナー様
レスポンスアップと車両安定性向上にご来店頂きました


ヘッドバランサー「H-1・H-2」を2セットづつを
エンジンカムプーリー軸上に装着し低高全域で、
ハイレスポンスな加速感を引き出します


スロットルボディー手前に「ステージ1」を装着し、吸入空気をSEV化します
全域での軽やかでナチュラルな加速レスポンスが味わえます


最後に「Sブロック」でバンパー4隅を囲い圧倒的な安定感と
車体のトータル的な底上げをし、本日の作業は完了です

スポーツ走行を好まれる方に、現行品も良いですが
ナチュラルでハイレスポンスの製品が多い旧ラインナップ製品オススメです

KII-TOSS★田渕
BMWからアルファへ
2010年06月21日(月) 12:33

E46 M3からアルファ156にお乗換えされたN様

取り外しさせていただいていた、

クランクシリーズ」と「Sブロック」の取り付けの為、ご来店下さいました

それでは、装着の開始と参りましょう

クランクC−1」は、エンジンオイルパン中央付近へ装着。

クランクC−2」は、高負荷が掛かりやすいクランクプーリー下へ装着。
もともとレスポンスの良いエンジンですが、低回転域から高回転域まで更にパンチの効いた
レスポンスが得られます。
振動軽減やオイル劣化防止などにも一役買ってくれるのも嬉しいポイントです


Sブロック」は、前後バンパー四隅に装着。
ボディ剛性を向上させ、走行安定性を高めるのが狙いです

BMWとは違った乗り味がアルファロメオの魅力ですよね♪
徐々にステップアップをしていき、運転する楽しさや快適さを求めていきましょう


宮地@大阪店長

P-1をプラス♪
2009年07月21日(火) 17:46

アルファ159にお乗りのH様

本日は、
「低域からのトルク感が欲しい。」

ということでヘッドバランサーP−1を装着させて頂きました

ヘッドカバーの上に”貼る”という簡単な装着方法ですが、「アッと驚く体感」が出来ますよ


実はH様の159には、既に複数のSEV達が装着されているんです。
ビッグパワー、AL・・・



フューエルPE、バッテリーetc・・・



新たに導入しましたヘッドバランサーP−1との相乗効果で更に走り
磨きがかかるでしょうね



宮地@大阪店長

夏対策☆
2009年07月20日(月) 13:54

アルファGTにお乗りのM様

久々のご来店ありがとうございます

今回のお悩みは、
「エンジンのトルクを上げたいのと、エアコン使用時のパワーダウンが気になるんです。」

という事・・・

これからの季節、暑くなってくるとエンジンもお疲れモードに・・・
そこでオススメなのがSEVラジエターRシリーズでございます

熱による歪みを抑えることで、
エンジンのスムーズさ、トルク・パワー感の向上
といった効果が得られます。

今回は、”トルク重視”ということですのでラジエターR−2を装着させて頂きました


”エアコン使用時のパワーダウン軽減”
には、
エアコンコンプレッサー内部のフリクションロスを軽減するためにSEVリンクを装着・・・
作動音の軽減、コンプレッサーの保護
にも役立ちます。


コンプレッサーの潤滑を向上させるためにRESPOエアコン添加剤を施工させて頂きました
燃費の回復、馬力・冷却力の向上など
の効果が得られます。


”夏のSEV大阪三種の神器”としてオススメのSEVメニューとなっております



宮地@大阪店長

ブレーキSEVチューン
2009年06月16日(火) 13:18

アルファロメオにお乗りのお客様、
新製品、AL−typeRが気になってのご来店です
まず、ショックアブソーバーに装着して体感して頂き、
変化を味わって頂きまして・・・
凄く乗り心地がよくなりました」と感想をくださいました

変化は実感したとの事で
本日は取り付けポイントをブレーキに集中。
AL−typeRを前後のキャリパーへと装着です

AL−typeRの特性として、
スタビライズ効果、キャリパーをしっかりさせ、力を逃げにくい状態にし
本来の特性を発揮させる。
ヒートリリース効果
、放熱作用を効率よくさせ余分な熱によるダメージを少なくする。
という効果があります

TypeR
シリーズ、大好評です。気になる方はお気軽にスタッフまで


杉野@大阪アドバイザー
アルファ156
2009年05月28日(木) 14:33


「アルファ156」
にお乗りのお客様、本日は、ALtypeRを、体感にお越し頂きました。

体感後、「凄く乗り心地が、しなやかになりました」。っと、お言葉を頂き、そのまま
お取り付けさせて頂きました。

AL−R
は、装着枚数によってコンフォートからスポーツまで色々セッティングが可能です。
是非、新製品を、体感しに、お越しくださいませ

スタッフ一同、お待ちしておりま〜す






杉野@大阪スタッフ
走り&乗り心地
2009年03月09日(月) 18:13

アルファ147のM様

本日は、走りと乗り心地をSEVで味付けです

走りには、人気No.1のSEVラジエターRシリーズ
M様
ラジエターR−1をチョイスされました。

主に低・中速域に発生する負荷を軽減し、
トルクの向上
スムーズな吹け上がり


乗り心地の改善にはショックアブソーバーにSEV−ALをお取り付けをさせて頂きました。

路面からの突き上げ感を軽減

乗り心地以外にショックアブソーバーの延命といった効果もございます


M様
、次回インプレッションをお聞かせくださいね



宮地@アドバイザー
サーキット走行にもSEV!!
2008年12月23日(火) 13:48

戦うエアロで武装したアルファロメオ156にお乗りのY様
本日もSEVで愛車をグレードアップです。

近いうちに大きなサーキットで開催されるアルファロメオレースに
参加するため、SEVを使って少しでも前に出られたらとY様
「セレスピードクラスだからコーナー立ち上がりで差を付けれる様に
低速レスポンスを上げられたらなぁ」
と言うことで・・

低速レスポンスアップを狙って
ラジエターロアホースへラジエター「R-1」を装着。


シャシ剛性アップを狙って
センターオンスポーツ」を助手席足元へ設置。

装着後すぐに試走に行かれ、
『おおっ、何か違う!アクセル踏むと凄く軽く吹け上がる。
あとシャシ剛性が上がったお陰で、ボディーを伝わる音も軽い。
変わるもんだなぁ〜』
と、少々興奮気味
嬉しいインプレッションを頂きました

Y様
、今度のレース、安全ドライブでしっかり楽しんで下さいね
レース後のインプレッションも楽しみにしております。


宮地@大阪アドバイザー
安定感を求めて!
2008年12月18日(木) 18:39

レーシーにモディファイされたアルファロメオ156にお乗りのY様
この日は高速走行時の安定性を求めてご来店頂きました。

今回はスポーツ用アイテムを応用して、

アスリートデバイス1」を車体下部へ装着です。
前側はアンダーパネル上面にペタリッ


後側はディフーザー中央にペタリッ

通常スポーツ用品に装着するアイテムですが、
車に応用装着する事で高速走行時の不安定感が
軽減されます。
気になる方は是非一度お試し下さいませ


宮地@大阪アドバイザー
加速力アップ
2008年11月08日(土) 16:36


「以前、ヘッドバランサーP−1とP−2を取り付けてもらったんですけど、もう少し出だしからの

スムーズさが欲しいんです。何がいいですか?」
ということでご来店くださいましたアルファGTに

お乗りのM様

そこで、今回オススメさせて頂きました製品はSEVクランクシリーズです。

SEVクランクはエンジンを構成している部品の中で一番ストレスの掛かっているクランクシャフト

に対して効果を発揮し、エンジンのスムーズさ、力強さ、振動の軽減や静粛性などの効果が

得られます。

M様にご説明させていただくと、

「じゃあ、C−1とC−2両方お願いします。」
とご試乗なしでオーダーを頂きました


(クランクC−1)


(クランクC−2)

今回はご試乗なしでのお取り付けでしたので、帰られる道中でご体感いただけたのではないで

しょうか。

次回は、セレスピードにSEVリンクが面白そうですね



宮地@アドバイザー

カーライフにSEV!
2008年10月30日(木) 14:56



『以前、乗っていたアルファに比べると

 高回転側での吹けがイマイチ・・・。

 ちょっとSEVを試してみたくて・・・』


と、ご友人のご紹介で初来店下さいました

とてもお綺麗なオプションカラー

ヌボラブルーのアルファGTにお乗りのI様。


ヘッドバランサーがお気になられていたI様でしたので

まずは、HB P−1をご試乗いただき・・・

『ホントに変わるんですねぇ〜!!

 3000回転くらいまでの吹けがスゴク良くなりましたね。

 でも、高回転の吹けは下に比べると少し薄いかな・・・』


という事で、HB P−1を外しHB P−2に変更・・・

『1・2で全然違いますね。

 P−2の方が前乗ってたアルファに近づいた感じ。

 高回転まで気持ち良く回るようになりましたね!!

 こっちの方が、運転するのが楽しいですねぇ〜。』


と、P−1・P−2の特性の違いをご体感いただけ

HB P−2
のオーダーを下さいました。



(V型エンジンなので2個必要です)

センターオンにもご興味をお持ち下さっていたI様。

いつでも、ご試乗をお申し付けくださいね!!


『SEVって、どんな風に変わるの!?』


という、皆様もお気軽にご試乗をお申し付けくださいね。

まずは、試してみて下さい!!

きっと、楽しい・気持ちいいドライブにお役に立てる

SEVが見つかりますよ!!




SEV大阪

乗りやすくなった!!
2008年06月23日(月) 11:17



いつも、バイクでお越し下さっているS様が

『つい買っちゃいました!!』


と、GTVでご来店下さいました。


『ターボ効くまでがスカスカで乗りにくいんです!!』


と、ご相談いただき

お試しいただきました、ラジエター R−1!!


ご試乗後

『1速から2速と、すごくスムーズになって

 扱いやすくなったし、乗りやすくなった!!

 いいですねぇ〜。』


と、コメント&オーダーをくださいました。





ラジエター シリーズは

冷却水にも作用するので

熱対策にもオススメですね!!



コンプレッサーにSEV・・・
2008年05月05日(月) 14:34



クルマ用SEVをご愛用下さっている、アルファロメオ147 Y様。


今回は

『エアコン コンプレッサーにSEV LINKを


という事でご来店下さいました。





エアコン コンプレッサーにSEV LINK

おかげさまでSEV大阪で大好評いただいております。



『エアコンONでも、OFFの時くらい軽く走る』

『よく冷えるようになった』

『コンプレッサー作動時の振動が減った』


などの、コメントをいただけるSEV大阪メニューです。


遠出にもSEV
2008年05月02日(金) 22:44



『今度、遠出するから色々SEVを付けようと・・・』


という事で、ご来店くださいました アルファロメオ 159 H様。


今回、チョイスいただきましたSEVは

クランクシャフトの動きをスムーズにする事で

走りを変えてくれる クランク C−1 C−2







ミッションをスムーズにするために、ギアケースにSEV LINK





エアコンコンプレッサーON時のモタツキ感の軽減で

コンプレッサーにSEV LINK





もう少し乗り心地を良くするために、ショックにSEV AL





やっぱりシメは、FUEL P・E





お帰りになられる際に

『アイドリングの音が全然せぇへんわ〜』


と、速効ご体感いただけたご様子でした。


日に日に変化するSEVの効果をご堪能くださいね!!




 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----