KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/08
  • 2018-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/10
乗換えでご来店
2013年03月13日(水) 17:56

乗換えで来店されましたK様
愛車のコンディションを維持する為に
取り外していましたSEVの移設を実施します

SEVは車種を選ばず、繰り返し使えるところがナイスですね

エンジンヘッド部分へ「P-1」と「P-2」を装着
エンジン上部の負荷を軽減させ、
パワフル且つスムーズに回して本来の性能を引き出します



エンジンオイルパンに「C-1」と「C-2」を装着
エンジン腰下のストレスをサポートし、
スムーズさ滑らかなフィーリングを引き出します。

燃焼爆発時にかなりの負荷が掛かるクランクシャフト、
SEVでサポートすることで軽快かつパワフルなレスポンスが楽しめますよ


ミッションには、定番アイテムの「リンク」を装着
作動ロスを軽減させ、滑らかさを出し変速をスムーズにします

新車時からでもSEVは効果を発揮してくれます。
SEVを施工することで、パーツ保護への期待も大ですね


クラブキートス
新車からサポートしていきます
2011年06月06日(月) 15:40

メルセデス・ベンツ E250クーペを新たに納車されたO様
納車からすぐにご来店下さいました。
新車時からSEVを装着し、パーツの保護や快適性を高めていきましょう。


乗り心地の改善に「AL」をアブソーバーに装着。
アブソーバー本体にSEVが作用し、
振動や熱によるアブソーバーの歪みを抑えます。
その結果、摺動部分の摩擦抵抗が減り
ピストンロッドの動きがスムーズになります。

路面からの突き上げ感の軽減や走行安定性の向上に効果アリです。
また、パーツの延命化にも一役買ってくれますよ


田渕@クラブキートス
攻めと保護を!
2011年04月15日(金) 17:05

メルセデスベンツ E320のM様、愛車のコンディション維持
エンジンのレスポンスアップでSEVをご愛用頂いております
愛車を末永〜く乗られるために本日もSEVチューンと参りましょう

【エンジン系】

エンジンオイルパンへクランク「C-2

ラジエターロアホースへラジエター「R-2
燃焼爆発時に発生するシリンダーブロック部分、クランクシャフトの
ストレスを軽減させエンジン本来の性能を引き出します


エンジンオイルの劣化防止でSEV「AL タイプR」を装着、
ヒートリリース効果で熱によるダメージからオイルを守ります。


補器類の保護でSEV「リンク」をエアコンコンプレッサーへ装着。
コンプレッサーの負荷を軽減し、圧縮・冷却効果を高めます

【駆動系】

デフオイル交換頻度の低い方におすすめの装着です、デフにSEV「リンク」装着。
動力最終伝達部のロスを軽減しスムーズな加速フィーリングを発揮

【ブレーキ系】

お車が元気になればなるほど安全面の強化が必要になって参ります、
定番メニューですが施工しておいて損は無いですね
ブレーキキャリパーへSEV「AL タイプR」施工、ストッピングパワーを
向上させ安全ドライブへつなげます。

SEV
EATUNINGによって急速進化中のM様号、
ツボを抑えて快速ドライブ仕様に仕上げて参りましょう


山崎@クラブキートス
 
ゴツゴツ感に効果アリです。
2011年02月23日(水) 18:02

メルセデス・ベンツBクラスのM様
大型ホイールに履き替えられ、デザインは気に入ってますが
ゴツゴツとした乗り心地が出てしまって・・・

と、乗り心地の改善にご来店です


今回させて頂いたのは、リーズナブルなプチ乗り心地改善メニュー
ドライルーブ for ダンパー : ¥2,100-(税込)」です。

適量を塗付するだけで、
突き上げ感が減少し、乗り心地が改善
コーナリング時のグリップ感向上
路面の凹凸に瞬時に反応し、走行安定性が向上
荷重移動が素早くなり、駆動伝達力向上
耐摩耗性が向上し、ダンパーの延命

等の効果が得られます。


続きまして、「SEV AL」をアブソーバーに装備。
アブソーバーの歪みを抑えピストンの動きをスムーズにする事で、
乗り心地の向上に繋げます。
また、アブソーバーの延命効果にも一役買ってくれます

乗り心地が改善されたお車で、快適ドライブをお楽しみ下さい


田渕@Club KII-TOSS
SEVでレスポンスアップ!
2011年01月13日(木) 15:11

C180コンプレッサー ステーションワゴン アバンギャルドのW様
お車を新調されてのご来店です。軽快なレスポンスがお好みと言う事で
初期ラインナップで攻めさせて頂きます

【エンジン系】

エンジン静粛性を向上させ、スムーズな吹け上がりに変化させます。
吸排気カムシャフト軸上へ、ヘッドバランサー「Hシリーズ」を装着。
吸気側へ「H-1」、排気側へ「H-2」がポイントです

【吸排気系】
がらりとレスポンスを変えるのに無くてはならない存在です、
SEVアイテムの柱となります吸排気系アイテム
ステージ1」をお薦めさせて頂きました。

インテークパイプへ「インテーク(NI-160)」、


フロントパイプ部分へ「エキゾースト(NT-160)」、サブサイレンサー後部へ
エキゾーストフライリング(NTF-160)」を少々トルク感が出せる位置へセットアップ

【駆動系】
エンジンより発生した動力を余すことなく伝達させます、

トルクコンバーターへSEV「リンク」の装着。
定番メニューですが、駆動効率向上には欠かせないアイテムですね。

【乗り心地系】
〆は乗り心地改善、

SEV「ホイール タイプR」を用いて定番施工です。


スタビライザーへSEV「ホイール タイプR」施工、余分なブレや振動を吸収し
安定感のある乗り心地へと変化致します。街乗り重視のW様号、
味付けは「コンフォート」で仕上げさせて頂きました。

盛りだくさんのメニューで愛車をしっかりとサポート
じっくりと走り込んで、SEVのフィーリングをご堪能下さいませ。


山崎@クラブキートス
気持ち良く走らせます
2011年01月09日(日) 12:20

メルセデス・ベンツ Eクラスのオーナー様
初来店ありがとうございます
車を軽く気持ち良く走らせたい」、と
SEVチュ−ンの導入にご来店されました。

今回の装着内容のご紹介です。

エンジンヘッドの汚れをパーツクリーナーで綺麗に脱脂していきます。


P-1」×2「P-2」×2をV8エンジン両ヘッドに装着し、
下から上までスムーズに回るレスポンスを引き出します。

新製品の「Vシリーズ」が登場しましたが、「Pシリーズ」も体感度よく
いい働きしてくれますよ

田渕@Club KII-TOSS
トルク重視にSEVチューン
2010年12月23日(木) 11:22

いつもお世話になっておりますエンマンコーポレーション様からのご紹介、
W220 S600のM様

「車内の臭いが気になるのと、マフラーを交換してから抜けが良すぎて・・・。
SEVでトルク重視にセッティングしてください。」

と言う事でご来店下さいました

今回は・・・

こちらのアイテムをチョイスしSEVチューン

まずは車内環境改善から・・・
車内の消臭には「SEVエアーベスト」を使用。
画像にはありませんが、センターの吹き出し口に2個装着。
エアコン吹き出し口にセットし風を当てる事で効果を発揮

次にエンジン系の作業に移ります
【吸気系】

ビッグパワーインテーク(BI-160)」をエアクリーナー前の吸気ダクトに装着。
吸入空気を燃料と結合しやすい状態へと変化させます。

【燃料系】

フューエルPE」を燃料ラインに装着。
燃料を吸入空気と結合しやすい状態へと変化させます。

【冷却系】

ラジエターR-1」をラジエターロアホースに装着。
熱による歪みを抑制し本来の特性を引き出します。

【駆動系】

リンク+1」をトルクコンバーターケースに装着。
トルクコンバーターの余分な歪みを抑制しダイレクト感を向上させます。

【排気系】

最後の〆で排気系SEVの調整でトルク感を出す味付けを加えます、
ビッグパワーエキゾースト(BT-160)」をサブサイレンサー手前へ装着し
作業完了でございます

快適・快速な車を目指して徐々にステップアップして参りましょう


KII-TOSS★宮地
ノイスの軽減にも一役買います。
2010年12月19日(日) 14:31

メルセデス・ベンツ MLにお乗りのI様
ミッションから発生する音が気になり、
SEVで改善できればと、ご来店されました。


今回お試し頂いたのは、こちらです。
トルクコンバーターに「リンク+1」を装着し、
回転運動により発生する抵抗を取り除きます
スムーズなレスポンスやアクセルのダイレクト感などが主な効果ですが、
ミッションからの振動やノイズの軽減と言った効果が期待できますよ
   

KII-TOSS★田渕
ロングセラーアイテム
2010年10月23日(土) 12:14

コンパクトAMG、C36にお乗りのH様
新車発売されてから10年以上経過しておりますが、まだまだ健在です。

今回は、
「トルクは十分あるんですけど、スムーズさを出したいんです。」
と言う事でご来店下さいました

装着させて頂いたのは、低中速域でのスムーズな吹け上がりに定評がある、

ラジエターR-1」でございます
ラジエターホースに装着する事で、SEVのエネルギーをエンジン内部に行き渡らせ
熱による歪みを軽減。エンジン本来の特性を引き出します
全域で効果を期待する場合は、「ラジエターR-2」とのセット装着がオススメです

ロングセラーアイテム、「ラジエターR−1」の効果をご堪能下さいませ


KII-TOSS★宮地
ヨーロッパ車にお勧めのエンジンオイル。
2010年09月20日(月) 15:15

グリーン
のボディカラーが特徴的です
メルセデスベンツ C200ワゴンにお乗りのK様
オイル交換でいつも「RESPO」をご利用頂いております

本日も基本メンテナンスのエンジンオイル交換と参りましょう

K様
お好みのオイルはRESPO「S-TYPE」。
耐熱劣化性・高油膜保持性能を備え、ヨーロッパ規格・M.BENZ規格・VW規格を
取得し、一般街乗り走行からハードなスポーツ走行まで幅広く対応する
ベストセラーオイルでございます。

RESPO S-TYPE : ¥1,700-(税込)/1L缶


エンジンオイル添加剤も追加投入

粘弾性オイル成分:レスポとチタンのW効果
エンジンコンディションをベストな状態に保たせるRESPO「EMD」。


エンジンオイルに適量ブレンドするだけで、
更に潤滑性能に優れた粘弾性オイルに改質致します
RESPO EMD添加剤 : ¥3,990-(税込)/本
エンジンのみならず、ミッションやデフ・パワーステアリング等にも使用可能です。

フレッシュオイルで快適ドライブをお楽しみ下さいませ。
RESPO製品でのオイル交換、お勧めですよ〜


KII-TOSS★山崎
愛車のポテンシャルを引き出します!
2010年07月22日(木) 18:32

AMG C63のS様、SEV装着第2弾でございます
今回は安全面のブレーキ系強化と、乗り心地改善でご来店。

豊富なSEVメニューで愛車のコンディションをしっかりと維持して
より良いパフォーマンスを発揮させる様に致しましょう。
それでは早速作業開始

まずは最適な装着位置を確認する店長 宮地。

【ブレーキ系】
ブレーキサイズの大小に関わらず常に負荷や熱が
掛かり続けているブレーキ、パワーのあるお車なら尚更です。

ブレーキキャリパーへSEV「AL タイプR」を装着。(フロント側)

(リア側)
キャリパー剛性を高め、制動時に発生する余分な歪みを抑制。またパッドの
摩擦材より発生するガスや水蒸気を瞬時に散らし、ブレーキ本来の性能を発揮
ロスを無くすことでブレーキの効きが向上致します。


【乗り心地改善】

定番アイテムです、ショックアブソーバーへSEV「AL」を装着。
ケースの剛性を上げ、伸縮運動をスムーズな動きへと変化させます。

続いては路面との接点であるタイヤ・ホイール、

一番最初に入力が入る部分だけに、
初期の段階で振動や入力を軽減させて行きましょう。

ホイールにSEV「ホイール」施工、サイズが大き目のホイールの為
1ホイールにつき5枚貼りで施工させて頂きました。
・ホイール剛性向上
・衝撃吸収作用向上
・タイヤの耐摩耗性向上
・ロードノイズ軽減 
     と言った効果を発揮


【仕上げです】
SEV大阪お薦めのコーティング剤「Plexus(プレクサス)」で
ホイールを磨き上げる店長 宮地。

汚れを軽く落とし、「プレクサス」でサッと拭くだけで洗浄・コーティング
ツヤ出し効果も発揮し、足元を引き締めます。コーティングすることで
ブレーキダストの付着量を軽減させ、汚れも簡単に落とせます


エンジン系・駆動系・ブレーキ系・乗り心地と豊富なSEVメニューで
愛車をしっかりサポート快適・快速ドライブが楽しめますね
細かい部分を煮詰めて行くことで更に楽しさがアップし、走りも劇変致します。
じっくり時間を掛けて煮詰めさせて頂きます


山崎@大阪アドバイザー
SEVで過激に進化させます。
2010年07月21日(水) 18:10

AMG C63のS様、久しぶりのご登場でございますSEVは以前乗られてた
お車からご愛用頂いております。乗り換えされたと同時に、また新たにSEVを導入し
快速仕様に仕上げる為ご来店頂きました。

新規追加装着第1弾のご紹介です
【エンジン系】
高回転まできっちりと回されて走られるS様、低回転系のSEVは一先ず後回しで
高回転指向のセッティングで行きます

ヘッドバランサー「H-2」をカムシャフト側面から装着。高負荷時のストレスを軽減させ、
気持の良い吹け上がりレスポンスを発揮排気側のカムへ装着がポイント

エンジン腰下はクランク「Cシリーズ」で決まり

燃焼爆発時に発生する負荷を一手に引き受けるクランクシャフト、
掛かる負荷を軽減させストレス無く回して上げましょう。
クランクプーリー下へクランク「C-2」を、


オイルパン下面中央部へクランク「C-1」を装着。
低回転からパンチの効いた伸びのある加速レスポンスが続きます。


【燃料系】
トルクアップの必需品の燃料系アイテム、

メインの燃料ホースへフューエル「P・E」を装着。アクセルの踏みこみ量で
2つのモードが楽しめます。日常走行用の「Saveエナジーモード」、
スポーツ走行用の「Powerエナジーモード」で燃料の持つポテンシャルを
最大限に引き出します


【駆動系】
エンジンばかりに気を取られてはいけませんね

SEVもバランス良くチューニングして行くことが重要です
元気になったエンジンレスポンスをロス無く駆動輪へ伝達させます、
トルクコンバーターへSEV「リンク」を装着。

今回の装着で高回転側まで気持良く吹け上がり加速する
レスポンスに仕上がりました。第2弾は安全面と乗り心地系で攻めて、
トータルバランスを整えて参りましょう


山崎@大阪アドバイザー
トータルでバランスを取ります。
2010年07月13日(火) 15:30

AMG C63のT様、SEV装着第3段でございます
エンジン系・駆動系と強化させて頂きましたので、
今回は下廻り・シャーシのSEV化と参りましょう

【ブレーキ系】
安全面の強化です!強烈な加速力を瞬時に抑える為に、
SEVで安心感のあるブレーキへと仕上げます。

ブレーキキャリパーへSEV「AL タイプR」を装着。(フロント側)

リア側も同様に装着。モノブロックキャリパーでも高負荷時には熱による歪みが
発生致します。SEV「AL タイプR」でキャリパー剛性を高めると共に、
ヒートリリース効果
で熱によるダメージを軽減させブレーキ本来の性能を発揮


【乗り心地改善】
乗り心地アイテムは定番メニューの装着からスタート。

1つ目、足廻りの安定性向上・凹凸の往なしをスムーズに
行わせる為にショックアブソーバーへSEV「AL」を装着。

2つ目、路面と車の接点であるタイヤ・ホイール。

ホイール内面へSEV「ホイール」を施工、
ホイール剛性を向上させタイヤ本来の性能を引き出させます


・空気圧の安定
・ロードノイズ軽減
・衝撃吸収性、グリップ力向上

と言った様々な効果を発揮

3つ目はシャーシ部分をSEV化。

センターコンソール後ろへ「センターオンコンフォート」を設置、
シャーシの稼働バランスを整え安定感のあるしなやかな動きに変化させます。

最後の仕上げはやはりこれでしょう

登場以来大好評を頂いております「S ブロック 3D」。
車体四隅へ装着することでお車全体の安定感やボディー剛性向上に貢献

また「S ブロック 3D」の新技術(電子を飛ばす技術)により、装着されている
SEV達の効果底上げをすると共にドライバーや同乗者の方に
疲れにくい快適空間を作り出してくれます
乗り心地・レスポンス・カラダをトータルでサポート


SEVでトータルバランスを整え快適・快速仕様へと進化したT様号、
ドライブする楽しさが格段に上がったことは言うまでもありません。
存分にSEVの効果・楽しさを味わって下さいませ

豊富なメニューを導入させて頂きましたが、
通常メニューから応用編までまだまだ沢山のメニューがございます。
気になる点がございましたら何なりとお申し付け下さいませ、
しっかりとお好みのレスポンスになる様に仕上げさせて頂きます


山崎@大阪アドバイザー
駆動系で攻めます!
2010年07月11日(日) 19:59

AMG C63のT様、SEV装着第2弾でございます

今回は駆動系をメインにSEVチューンさせて頂きました。
エンジンで発生した出力をロス無くスムーズに伝達させ、
更に良い走りにつなげて参ります。早速作業メニューのご紹介!

【駆動系】
駆動力発生部分のトルクコンバーター、動きに力強さ・スムーズさを加えます。
リンク+1」と

リンク+2」でトルクコンバーター部分を挟み込みトルク感をアップ。


ギアボックス部分へはSEV「リンク」を装着、内部のコントロールユニット
作動レスポンス向上。ATフルードの劣化防止にも一役買います

駆動輪に装備されているデフ、

こちらにも「リンク+1」と

リンク+2」を挟み込みで装着。車体後ろから大きな力で押される様な
ダッシュ力が加わりスムーズに車を前へ進めます。

駆動系全体をSEV化することで各部の伝達ロスを軽減させ、パワフル且つ
スムーズな加速レスポンスを発揮致します低回転から高回転側まで
スムーズ且つパワフルな加速レスポンスは病み付きになりますよ


【冷却系】
エンジン内部のロスをメインに軽減、

ラジエターロアホースへラジエター「R-1」と「R-2」を装着。
ラジエター冷却水にSEVの効果を伝え、熱や爆発時の衝撃で発生する
金属の歪みを軽減させエンジン本来の性能を発揮!


【電気系】
ハイテク・快適装備が多く備わっておりますT様号、
バッテリーに掛かる負担を軽減させ電装品のレスポンス向上を図ります。

SEV「バッテリー」をバッテリーのプラスとマイナスの配線に装着し
電気的な抵抗やノイズを軽減、オーディオの音質改善にも一役買います♪

ヒューズボックスへSEV「ヒューズ」を装着し本日のメニューは完了です

エンジン系・駆動系とSEV化が進み、走りのレスポンスのバランスが
かなり取れて参りました。次回は乗り心地を中心に、お車全体でのバランスを
整えるSEVチューンを進めさせて頂きます


山崎@大阪アドバイザー
新車時のコンディション維持にSEV!
2010年07月06日(火) 13:55

AMG C63のT様、ピッカピカの新車でご登場!
納車されたその足でSEV大阪へご来店下さいました

純正状態でのパフォーマンスに何の不満も無いようですが・・
「良いコンディションを維持して長く乗って行きたいです。SEVの良さは前の車で
体感済みなので、レスポンスアップと部品保護をメインでお願いします」
T様

了解致しました、「SEV」でもっともっと快適に仕上げさせて頂きます。
それでは盛り沢山メニューのご紹介と参りましょう。

【エンジン系】

精巧に組み上げられたエンジン、それでも回せば負荷は掛かります。
エンジンの微振動軽減、静粛性向上とストレスの無いレスポンスを
引き出す為にヘッドバランサー「Hシリーズ」を装着。
吸気側へ「H-1」、排気側へ「H-2」装着がポイント。

もう1つバランサー系。

低回転から滑らかな加速フィーリングが得られます、
エンジンヘッドにヘッドバランサー「P-1」を装着。

エンジン腰下に移ります。
エンジンパーツの中でも特に高負荷の掛かるクランクシャフト、
燃焼爆発時の衝撃を常に受けております

その部分の負荷を軽減させ、エンジンを楽に回してあげましょう♪
クランクプーリー側へクランク「C-2」を、


オイルパンへクランク「C-1」を装着。

【燃料系】

燃料霧化促進、エンジンレスポンスアップに持って来いのアイテム
燃料ホースへフューエル「P・E」を挟み込み、「FL 3連」を装着。
パンチの効いたトルク感が高回転まで滑らかに続く味付けになります。

【吸排気系】
エンジンレスポンスの決め手はやはり吸排気系SEV
滑らかな加速レスポンスをもたらせてくれる「ステージ1」をチョイス。

まずは吸気、インテークパイプへ「インテーク(NI-160)」を装着。


レスポンスの味付けは排気側で調整させて頂きました
装着したSEVとのバランスを考慮しつつ、T様のお好みの
フィーリングに仕上げて参ります


触媒後に「エキゾースト(NT-160)」を装着と、


メインサイレンサー手前に
エキゾーストフライリング(NTF-160)」を装着して完了です。

エンジン系SEV装着により益々レスポンスが良くなり余裕感が増したT様号、
もっともっと強力にSEV化してコンディションアップして行きましょう
第2弾は駆動系から攻めさせて頂きます


山崎@大阪アドバイザー


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----