KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/04
  • 2018-05 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/06
ちょっとしたことですが・・・。
2012年03月27日(火) 13:32

インテリア、エクステリアともにハードなモディファイが続いております
マツダ アクセラのS様。本日は乗り心地改善でご来店下さいました。

多くのお客様にプチ乗り心地改善アイテムとして
施工させて頂いております

SEVスポーツ用アイテムの「メタルコンパクト

前後のスプリングに施工です。
 
メタルコンパクト」の特徴であります衝撃吸収作用を活用し、
サスペンションからの初期入力を緩和させゴツゴツ感を軽減させる狙いです
6枚 1セットで¥4,725(税込)でプチ乗り心地改善はいかがでしょう


クラブキートス
おすすめ足廻りメニュー。
2011年05月29日(日) 15:13

久々ご登場 マツダ RX-8のI 様、ご夫婦でご来店下さいました
いつお会いしてもピカピカに磨き上げられております、見習わなければ・・・(汗

お車の調子はすこぶる快調、最近ちょっと気になっているのが
足廻りのゴツゴツ感と言う事で乗り心地改善メニューを施工させて頂きました。

とってもリーズナブルなプチ乗り心地改善メニュー

ドライルーブ for ダンパー¥2,100(税・工賃込)/足廻り1回分」

ピストロッド摺動部へシュッと吹き付けるだけで
 ・ゴツゴツとした突き上げ感の軽減
 ・コーナリング時の安定性向上
 ・路面への追従性向上
 ・軽快な荷重移動でトラクション確保
 ・ダンパー寿命を延ばす

などの様々な効果が得られます。5,000kmもしくは半年毎の
定期的な施工をおすすめ致します


もう一つは「SEV」、足廻り定番メニューの導入です。

SEVユーザーの方ならほぼ全員?位の装着率ではないのでしょうか、
ショックアブソーバーへSEV「AL」を装着。しっかりと動く足廻りに変化させ、
入力に対しての往なしもしっかり効かせます

足廻り集中ケア、運動出来る足廻りと心地良い乗り味、
その変化をじっくりとお楽しみ下さいませ


山崎@クラブキートス
トルクフルな走りを引き出しましょう。
2011年02月19日(土) 12:50

マツダのコンパクトスポーツ、アクセラのK様
ホイールを「RAYS CE28」から「ADVAN Racing RS」に履き替えてのご登場
スポークの張り出しが力強く、サイズもワンサイズ大きく見えるのが良いですね〜♪

今回は、
「発売されるラムダ4の体感と、サイレンサーの装着をお願いしたいのですが・・・」

と言う事でご来店下さいました。

まずは『ラムダ4』の体感から・・・
「2000回転あたりのトルクが確実にアップしている。
ターボが効き始めてからもトルクアップが体感できました。
装着前はエンストしそうになっていた回転域でもエンストの気配がしないです。
アクセル開度が減ると思うので燃費アップにも期待できると思います。」

とインプレッションを頂きました  発売まで、もうしばらくお待ち下さいね


続いて、マフラーへの作業に移ります
待ち乗りがメインのK様
低速域からモリモリっとしたトルク感が魅力的なこちらをチョイス・・・

<マフラーサイレンサー専用 帯電除去デバイス(トルク型) >

『ラムダ3 MAX TORQUE for silencer』

メイン・サブサイレンサー専用、サイレンサー内部に
蓄積される帯電を効率良く吸収し除去。
●実用走行行きでの扱い易さアップ
●街乗りでも楽しめるトルク感



TORQUE silencer」君、頑張って仕事してね〜

それでは、取り付けと参りましょう〜

リヤサスペンションフレームにノイズ吸収コアパックを固定し、
中間メインサイレンサーのハンガー部にクリップ端子を接続。

サイレンサー内部に蓄積された帯電を効率良く吸収除去し、
トルクフルな走りを引き出します

こちらのアイテムもじわじわ馴染んできますので、
変化を楽しみながら運転して下さいね


宮地@Club KII-TOSS

********************************

詳しくはこちら ⇒ 「EATUNING」サイト
********************************
気持ち良いフィーリング
2010年12月20日(月) 15:40

マツダのロータリースポーツ、RX-8のA様

近日中にサーキット走行をされると言う事で、
今回は「SEV」を使用しチューニングを施します

使用するアイテムはこちら↓

ヘッドバランサーVシリーズ」でございます

V-1」は装着済みですので、今回は「V-2」をチョイス

装着済みの「V-1」「P-1」「P-2」の装着位置を見直し、
フィーリングの良かったヘッドカバーへ装着させて頂きました

新技術搭載で底上げ効果も期待でき、
全回転域で気持ち良いエンジンフィーリングを引き出す「Vシリーズ」、
一度体感されてみては如何でしょう♪


KII-TOSS★宮地
スポーツ走行にオススメです☆
2010年10月16日(土) 19:36

マツダ RX-7のH様
久々のご来店ありがとうございます。
先日、エンジンメンテナンスの為、
一旦取り外していたSEVの再装着にお越し頂きました



画像が2枚に分かれてしまいましたが、
H-1・H-2」をエンジン側面に装着させて頂きました
ロータリーエンジンをより軽快に気持ち良く回し
シャープな吹け上がりがご堪能頂けます

ハイレスポンスで気持ちいい加速感を味わえる
Hシリーズ」スポーツ走行を愉しまれる方にオススメです

KII-TOSS★田渕
ライトチューンで仕上げます。
2010年10月16日(土) 11:56

可愛らしいフォルムに真っ赤なボディーカラーがぴったりですね
マツダ デミオのS様。新車納車後、少し走行されてからのご来店です。

ピカピカの新車に早速SEVチューンを施して参ります
普段はお母様がご使用になられる為、走りのチューンではなく
快適性向上や安全面の強化で攻めて行きます。

下廻りメインで作業させて頂きました、
それではご紹介〜。

【乗り心地改善】

街乗りから高速巡航まで幅広く対応し、走行安定性を向上させます。
ショックアブソーバーへSEV「AL」の装着、ダンパー効果をしっかりと
発揮させ路面への追従性も向上



こちらはS様ご要望で、フロントサブフレーム取付部を強化。
SEV「ホイール タイプR」を施工し、余分なブレや歪みを抑え
フロント廻りの剛性感を出しハンドリングレスポンス向上を狙います

【ブレーキ系】

定番装着です、ブレーキキャリパーへSEV「AL」装着。
キャリパーの剛性を向上させ余分な動きを抑制し、
安定感のある制動力を発揮

【駆動系】

元気に回るエンジン、発生した動力をロス無く伝達させタイヤに伝えます。
ギアボックス側面からシャフト軸狙いで装着。無駄の無い滑らかな加速感が
体感出来ます

快適性向上と安全面の強化で、扱い易いお車に仕上がったのではいでしょうか
快適・安全ドライブをお楽しみ下さいませ


KII-TOSS★山崎
吸排気と相性バツグンのSEV
2010年10月12日(火) 13:35

マツダのスポーツセダン、アテンザにお乗りのY様
本日、2回目のご来店です
先日ご来店時に、トルクアップを狙って「ビッグパワーセットシングル」を装着させて頂き、
「いつもトルク不足を感じていた坂道でも、力強く登ってくれるようになりましたね。
スピードの伸びも良くなっているのが分かりました。」

と、インプレッションを頂きました

今回は、「ビッグパワー」との相性バツグンのアイテム、

フューエルPE」を装着させて頂く事に


燃料ラインに装着する事で、燃料を燃えやすい状態へと変化させてくれますので
更なるトルクアップが期待できます♪

アクセルワークにより、
1.Saveエナジーモード(日常走行時)

2.Powerエナジーモード(スポーツ走行時)

の2種類の走りが楽しめますので、その効果をご堪能下さいませ


KII-TOSS★宮地
SEV給排気チューン
2010年10月05日(火) 15:38

マツダ アテンザにお乗りのY様
ホームページなどをご覧になられ初来店頂きました

Y様
の現状の不満は、坂道でのトルク不足です。
先ず、SEVの仕組みをご説明しご提案させて頂き、
初導入して頂いたSEVがこちらです

エンジン系SEVの柱ともいえる「ビックパワー シングルセット」です
BT-160」をスロットルボディ手前に装着です


低速からトルク感[を出し、坂道もスイスイ登れるように
エキゾースト「BT-160」の位置はトルク重視にさせて頂きました。

給排気SEVを導入して頂くと、排気量を上げた様なフィーリングを味わえます
また、トルク・抜け重視をオーナー様の好みに合わせた
レスポンスに仕上げていけます

KII-TOSS★田渕
SEVでコンディションアップ
2010年08月11日(水) 16:40

マツダ デミオのF様
多数のSEVを装着して頂いており、
通常とは一味も二味も違った一台に仕上がっております


本日は「AL-R」に少し手を加えて使用し、熱対策をして行きます

リフトアップし下からラジエターコアへ、しっかりと装着して行きます

ラジエターコア下から両サイドに装着です。

横からタイトスペースには、半分にカットした物を上下に分けて装着です。
AL-R」の持つ「ヒートリリース効果」を利用し
冷却水の水温の安定化を狙います

SEVで快調なコンディションアップで、
快適なドライブをお楽しみ下さい

田渕@アドバイザー
走りの楽しさを引き出します。
2010年07月31日(土) 11:20

遠方からのお越しありがとうございます、マツダ RX-8にお乗りのK様
ご自宅からSEV大阪までの距離を考えると度々のご来店は大変と言うことで、
気になるメニューをたっぷり導入させて頂き、愛車のコンディションアップと参りましょう。

本日のメニューはこちら

環境系、吸排気系、トータルバランスの3点!

早速作業に取り掛かります、まずは車内環境改善。

K様
ご要望で「エアーベスト」をエアコンフィルター内部へ仕込みます、
脱落しない様にしっかり固定ブロアファンから送られてくる空気を
サラサラで爽やかな風に変化させ車内へ送り込みます。
消臭効果、リラクゼーション効果も発揮


続いては吸排気系。

ビッグパワーセットシングル」は既に装着済みでしたので、吸気レスポンスアップで
インテーク(NI-160)」をお薦めさせて頂きました。吸入空気をスムーズに引き込み、
ビッグパワーインテーク(BI-160)」でトルク感をモリッと出させます。

排気側は「ビッグパワーエキゾースト(BT-160)」を追加装着し、排気レスポンスを
向上させ吸気側とのバランスを取ります。高回転まで力強いレスポンスが続く
味付けにセットアップ


仕上げはやはりこれでしょう

乗り心地改善、トータルバランスの向上、装着SEVの底上げ効果も発揮する
S ブロック 3D」。適度な押さえ付け効果、乗り心地の安定感を重視して
やや高目の位置へ装着。フロント側はエンジンルーム内フレームの上、

リア側はトランクスペース内隅へ装着。車体全体の稼働バランスを
整え気持の良いドライビングフィールをもたらせてくれます


豊富なメニューと入念なセットアップにより快適且つ快速な仕様に
仕上がったK様号、長距離ドライブの楽しさもますます増えますね
しっくりと最新SEVの効果をご堪能下さいませ、
次回ご来店を楽しみにお待ちしております


山崎@大阪アドバイザー
水も油もSEVでクールダウン!
2010年07月14日(水) 15:35

マツダRX-8のA様
前回、ご提案させて頂いた熱対策第2弾メニューの施工にご来店です。


本日はSEV「AL タイプR」を応用的に使います。
SEV「AL タイプR」の持つ「ヒートリリース効果」を利用して、
サーキット走行でもきっちりと冷却性能を発揮出来る様に仕上げます。


ラジエター本体の上下に2枚ずつ装着させて頂きました

こちらも忘れてはなりませんオイルクーラーです
サーキット走行では、冷却水同様エンジンオイルの温度上昇も気になる所です。

コア上部へ


IN側、OUT側のオイルホースへ

ラジエターとオイルクーラーへ装着することで、冷却水とエンジンオイルの
耐久力を向上させ、高負荷時の急激な温度上昇を抑制させます。

A様
、来週の走行会が待ち遠しいですね
準備万端のRX-8で是非、楽しんできて下さい

田渕@アドバイザー
SEV大阪で走行会準備です。
2010年07月13日(火) 11:55

マツダRX-8にお乗りのA様
サーキット走行を控えられ、熱対策にご来店です

熱対策第一弾としまして、「ラジエターRシリーズ」を装着して頂き、
水温の安定とラジエター液の延命効果も狙います


低回転からパンチの効いたレスポンスを発揮させます、
ラジエターロアホースへラジエター「R-1」を装着。
エンジンレスポンスの軽快さと高回転側までの伸びを
重視してラジエターアッパーホースへラジエター「R-2」を装着。


続いては応用編になります。

ボンネット裏にお薦めSEVと言えば「あんかけ」ですね
ボンネットとインシュレーターの間に環境用SEV「フロアアップ」を挟み込み作業完了。
吸気レスポンスを向上させ、エンジンル-ムに装着してある
SEV達の底上げ効果に一役買います。
SEV装着数が多ければ多い程、良いフィーリングが得られます


エンジン系レスポンスアップ、内部のストレス軽減でサーキット走行でも
安心して走行出来ますね第2弾はクーラー類をSEV化して、
冷却効率向上につなげて行きましょう。

田渕@アドバイザー
夏場対策におススメです
2010年07月12日(月) 17:19

アクセラにお乗りのK様
この度は、暑さ対策にご来店です


まずは現状お悩みポイントのご相談から。
エアコンの効きとパワーダウンを改善したいのですが、何かありますか

と、ご相談受けましておススメさせて頂き、作業させて頂いたのがこちらです。


RESPO エアコン添加剤」を一本注入です
コンプレッサーのフリクションロスを減らし
エアコン作動時のパワーロスを軽減します。

エアコンの効きを良くし、燃費や走りも良くなる
「RESPO エアコン添加剤
」是非、お試しください

田渕@アドバイザー

走りとECOの両立。
2010年07月02日(金) 16:20

軽量ホイールとスポーツサスペンションでライトチューンされたマツダ デミオのY様
プライベートからお仕事まで幅広く使われる為、レスポンスアップと保護を
兼ねてSEV施工をさせて頂きました

今回は駆動系と電装系の2メニュー、早速作業に取り掛かりましょう
まずは駆動系のレスポンスアップ、

事前に体感試乗して頂き、最終装着位置をY様と煮詰めます


装着位置はこちら。マニュアルシフトのY様号、シフトアップ時の
加速の気持良さを引き伸ばす為にギアボックス部分へ「リンク+1」と「リンク+2」を装着。
駆動ロスを無くすことで、滑らかでスムーズな加速感が体感出来ます


続いては電装系、普段からECOドライブを心掛けておられるY様
酷い渋滞時には自らアイドリングストップもされる程

地球環境にはとても優しいのですが、エンジン始動に必要な電装パーツには
やや負担が増えて参ります。そこで予防策をご提案させて頂きました


ちょっとマニアックな装着になりますが、マグネットスイッチへ
SEV「ホイール タイプR」を施工し、セルモーター軸上にSEV「リンク」を応用装着
少しでも電装パーツに掛かる負担を減らしてECOドライブにつなげて行きましょう

他のメニューもたくさん体感試乗して頂きました。
どれもGoodフィーリングでY様もかなり頭を悩まされておりましたが、
1つずつ装着して着実ステップアップさせて行きましょう


山崎@大阪アドバイザー
剛性アップで乗り心地改善
2010年05月17日(月) 14:20

マツダ デミオのF様です。
多数のSEVが装着され、ノーマル状態とは比べ物にならないぐらい変化を見せております

今回は、「SEVホイール」を使用し乗り心地改善を図ります。

フロント側は、ストラットハウジングに施工

リヤ側は、

アブソーバー取り付け部と・・・

スプリング取り付け部にそれぞれ施工させていただきました。
ボディ剛性を向上させ余分な振動を抑えることで、足廻りの動きに安定感が出てきます
ダンパーのピストンの上下運動がスムーズになり、乗り心地の向上に繋げます。

こちらは追加作業で、

エンジンルーム内のフレームに「SEVホイール」を施工。
「リヤ廻りに補強バーを入れると、フロント側の剛性感が気になって・・・」

との事で、フロント廻りの剛性アップを狙います

F様
、今回のSEV施工は如何でしたでしょうか
次回、装着済みのSEV達の底上げを狙って「Sブロック 3D」の体感試乗を
されてみては如何でしょう


宮地@大阪店長



 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----