KII-TOSSでの出来事、 その他お取り扱い製品の情報をお送り致します♪ 作業・メンテナンス完了後の車輌情報は随時アップします☆
  • 2018/06
  • 2018-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/08
売れてま〜す
2012年11月14日(水) 17:29

また新しいのが出たみたいですね
と、新製品が登場するごとにお越し下さいます、
スバル インプレッサWRX STIのH様

いま、いちばんホットなアイテムといえばこちら

SEV ランズS」をエンジンルームのセンターに装着
SEVの電子シャワーがフロント周り全体に効果を発揮し、
エンジンのトルク・パワー感アップは勿論、
車両前方に掛かる空気抵抗も改善され、
スムーズにスイスイと加速していくフィーリングがご堪能して頂けます

SEVランズS」は、ロングドライブの多いH様
ぴったりのアイテムですね

また、インプレッションお待ちしております


クラブキートス
スポーツアイテムで乗り心地改善。
2012年06月23日(土) 16:42

セカンドカーでご来店、スバル R2のW様。ご無沙汰しておりました
本日はプチ乗り心地改善をご用命下さいました

リーズナブルでお手軽メニューの乗り心地アイテム、

SEVスポーツ用アイテムの「メタルコンパクト
普段はシューズやスポーツ用品に貼ったりして、衝撃を緩和させ
パフォーマンスを引き出しすアイテムです

車で応用いたしますとボディやフレーム、足廻り関係に活用出来ます。

スプリングに応用装着することで初期のゴツッと言った入力を
緩和出来、不快感を軽減出来ますよ

スポーツ用アイテム、お車に使えます


クラブキートス
快適チューン
2012年05月27日(日) 18:35

スバル インプレッサWRX STIのH様
エアコン対策をお願いします」と、
こちらのアイテムを求め、お越し下さいました

既にSEV盛り沢山のお車ですが、
以外やまだでした、SEVによるエアコン対策
エアコンコンプレッサーに「SEV リンク

エアコン作動時のパワーロス軽減や
冷えも良くなる快適チューン

そろそろやってくる、蒸し暑い時期の前に
抑えておきたい、お薦めポイントです


クラブキートス
まだまだあります
2012年05月04日(金) 15:40

この度、新しくお車を納車されたY様
新しいお車にもSEVチューンをと、ご来店されました

ついてる事に只今、アウトレットセール中
色々悩まれた結果、
手始めとしてチョイスして頂いたアイテムはこちらです

ヘッドバランサーPシリーズ

エンジン上面のストレスを抑えて、
レスポンスアップにつなげます。
力強くスムーズに吹け上がる気持ち良さが魅力のアイテムです

ビッグパワーセット
 
吸排気パイプ内の抵抗を軽減させて、
スムーズに空気を流します
トルクフルなレスポンスを発揮し、
走りに余裕を与えます。

SEVアウトレットセールまだまだ在庫あります
ぜひ、この機会にいかがでしょうか


クラブキートス
保護系SEVチューン。
2012年02月03日(金) 18:21

スバル インプレッサWRX STIのM様、SEV移植でご来店下さいました。
GRB型のインプレッサ、最近ではセダンも増えて来ましたね
そびえ立つ大型リアスポイラー、何度見ても迫力あります

「前回の装着からあまり走行距離が稼げていないですが、
新車時のコンディション維持・ストレス軽減で追加して帰ります」
と言うことで
早速SEVチューニングと参りましょう

【エンジン腰下】
クランク「Cシリーズ」を1セット装着済みですが、M様のご要望にお応えして
挟み込み装着でクランクシャフトを集中サポート!

エンジンオイルパンへクランク「C-1」と「C-2」を定番位置へ装着。


ちょっと見え難いですが・・・オルタネーター下のシリンダーブロックへ
クランク「C-2」を装着。この位置への装着は少々テクニックが必要です

クランク「C-1」をオイルパンの左右方向から挟み込み、
クランク「C-2」をシリンダーブロック、オイルパンの上下方向から挟み込みセット完了
この至近距離で上下左右を挟み込めるのは水平対向エンジンぐらいでしょうか。


【冷却系】

エンジン内部を循環する冷却水にSEVのエネルギーを伝え、燃焼爆発時に
起こる金属の歪みや熱によるダメージを抑制させます
ラジエター「Rシリーズ」とSEV「ラジエター」の新旧コラボレーションで
エンジン内部を強力サポート


【スロットル系】
最後はセンサー部分になります。

電子制御スロットルへ「ロアアームスポーツ」を応用装着
アクセル踏み込み時の初期レスポンス立ち上がりを俊敏にしてくれます。
応用的に使える「ロアアームスポーツ」イケてます!

じっくりと走り込みをお願い致します、
そろそろ「EATUNING」の登場でしょうか・・・


Club KII-TOSS
OUTBACK、SEVチューン続編Part:2
2011年11月27日(日) 12:35

SEVチューンが順調に進んでおります、スバル レガシィOUTBACKのK様
今回は、【足廻り】と【応用編】をご紹介です

まずは【足廻り】から・・・
 
乗り心地向上アイテムとして定番メニュー、
ショックアブソーバーにSEV「AL-R」、ロアアームにSEV「ロアアームコンフォート」を装着。
突き上げ感が軽減され、しっとりとした乗り味が魅力です。
ご家族で出掛ける事が多いお車ですので快適さが一番ですね〜♪

続いて【応用編】・・・
 
前後バンパー中央部にスポーツ用アイテム、SEV「アスリートデバイス1」を装着。
車体の下を通過する空気を整流させ、走行安定性向上を狙います
特に高速域での効果が期待できます♪


SEV「ヘッドバランサーH-1」「H-2」をECUに装着。
本来はシリンダーヘッドに装着するアイテムですが、ECUに装着しても面白い
変化が期待できます

SEVチューンが一段落したところでK様より、
「やっぱりSEVの効果は凄いですね!
重量がある車なのでいつも出だしが重たく、再加速する時でもたつく感じがあったのが
見事に軽減されましたね。とても乗りやすくなり満足です。」

とコメントを頂きました。ありがとうございます!

K様
のOUTBACKチューン、次回はEATUNINGですね〜


クラブキートス
OUTBACK、SEVチューン続編!
2011年11月24日(木) 12:30

スバル レガシィOUTBACKのK様
前回は【吸排気】【燃料系】【冷却系】をSEVチューン、今回は【エンジン系】【駆動系】を
攻めて参ります♪

まずは【エンジン系】のストレス軽減からスタート、
 
シリンダーヘッド側面にSEVヘッドバランサー「P-1」、カムカバー前方に「P-2」を装着
クランクプーリー下にクランク「C-2」、真上から「C-1」を装着。
異種金属間の摩擦抵抗を軽減させ鋭いレスポンスを発揮、また振動軽減にも一役買います


続いて【駆動系】の作業に移ります〜、
 
フロントデフ、リヤデフにSEV「LINK」。
駆動系の最終伝達部であるデフのフリクションロスを軽減させ、
旋回性能や加速性能をアップさせます


オートマチックのギヤケースにSEV「LINK」を装着。
ギヤケース内部の摺動部分に働きかけ抵抗を軽減させる事で変速にスムーズさを与えます

 
トルクコンバーターケースにSEV「LINK+1」、「+2」を装着。
エンジンからの動力を確実にミッションへと伝えダイレクト感を向上させます。
走りを求める上で駆動系の強化は重要なポイントですよ!

次回は【足廻り】、【応用編】をご紹介させて頂きます〜


クラブキートス
OUTBACK、SEVチューン開始♪
2011年11月21日(月) 16:26

納車されてから徐々に走行距離を伸ばしおります、スバル レガシィ・OUTBACKのK様
慣らし走行を終えられたと言う事で、今回よりSEVチューンを本格的に開始です。

まずは基本の【吸排気】から作業の開始
 
ステージ1インテーク「NI-160」をインテークパイプへ、
ビッグパワーインテーク「BI-160」をスロットルボディ手前に装着。


ステージ1エキゾースト「NT-160」をフロントパイプへ
NTF-160」を中間サイレンサー前に装着、
ビッグパワーエキゾースト「BT-160」をメインサイレンサー手前にセットし
トルク感とレスポンスを両立させます。

続いて【燃料系】と【冷却系】の作業に移ります。
 
燃料ホースにフューエル「PE」を装着、
吸排気SEVとの相乗効果で力強い走りを引き出します。
ラジエターロアホースにSEV「ラジエター」、ラジエター「R-1」、「R-2」を装着、
熱による歪とストレスを軽減しスムーズな加速レスポンスを引き出します

次回は【エンジン】と【駆動系】のストレス軽減を狙いSEVチューンと参りましょう


クラブキートス
トルクもりもり仕様に仕上げます。
2011年11月08日(火) 13:12

スバル インプレッサWRX STIのM様、トルク系アイテムの装着で
ご来店下さいました。もともとのポテンシャルも高く、パワー・トルクとも
申し分ないですが、更なる高みを求めてSEVチューンを施します


今回は吸排気系と冷却系アイテムでM様お好みの
モリモリのトルクレスポンスを引き出しましょう

【吸排気系】
SEVチューニングで主軸となります吸排気系アイテム、
なかでも「ビッグパワー」はトルク感向上に最適のアイテム

インテークパイプ部分の短いスバル車のために
スバル用「ビッグパワーインテーク(BI-160)」も存在致します。
丁度ピッタリに収まるサイズです


出口付近でデュアルパイプになっておりましたので
ビッグパワーエキゾースト(BT-160)」を2本セット。
排気量をワンランク上に上げた様なフィーリングは走りに「余裕」をプラスします。


【冷却系】
もう1つ冷却系でトルク感アップを狙います、冷却水にSEV効果を伝え
エンジン内部の金属疲労・熱によるダメージを軽減させ
エンジン本来の性能を引き出します

よりトルク感を色濃く体感して頂くため、ラジエターロアホースへ
ラジエター「R-1」と「R-2」を挟み込みで装着。
低速からパンチの効いたトルク感が発揮されとってもパワフルなお車に変化。

トルク感向上によりお車の扱い易さも向上したのではないでしょうか?
余裕」がプラスされた走りをじっくりとご堪能下さいませ。


クラブキートス
新車の保護でSEV!
2011年10月20日(木) 13:09

ピカピカの新車入庫しましたー、スバル レガシィ・OUTBACKのK様
新車時のコンディションキープと電装品の強化でご来店です。

新車なので当然性能・走りに問題無いのですが、
より良いパフォーマンスを発揮するためSEVを施工致します。
それではいつものご紹介〜

【ブレーキ系】

定番中の定番アイテム、ブレーキキャリパーへSEV「AL」装着。
ブレーキング時に掛かるストレス・ロスを軽減させ
ストッピングパワーを向上させます。

【電気系】
全ての電装品を動かすのに必要な電気
ロス無くたっぷりと流すことでパフォーマンスアップにつながります。

主電源のバッテリーへSEV「バッテリー」、
ヒューズボックスへSEV「ヒューズ」を装着。


オルタネーターB端子へもSEV「バッテリー」を装着。

【エアコン系】
寒い暑い関係なく年中稼働するエアコン、
稼働時のレスポンス・パワーダウンは誰もが経験する悩みの種
稼働時のロスを最小限に抑え快適なドライブにつなげましょう。

エアコンコンプレッサーへSEV「LINK」装着。

そしてお約束の・・

エアコン低・高圧配管へSEV「AL」を装着し
本日のメニュー完了です

SEV」、「EATUNING」とたっぷりとアイテムがございます、
慣らし運転を進めつつ徐々にアイテムを増やして参りましょう。


Club KII-TOSS
新車時からSEVでサポート、第3弾。
2011年09月28日(水) 13:28

スバル インプレッサWRX STI A-LineのK様
新車時SEVサポート第3弾、色々メニュー導入と参りましょう

主要な部分へのサポートがおおよそ完了致しましたので、
今回はまだ未開拓の部分へアプローチ。
ブレーキ系・電気系・乗り心地系でSEVチューンを締め括ります。
それではいつものご紹介

【ブレーキ系】
「走り」を良くすれば「止まれ」もバランスを考慮して強化する必要があります、
定番メニューですがやっぱりブレーキにはコレですね

ブレーキキャリパーへSEV「AL タイプR」を装着。


ブレーキマスターバックへはSEV「AL」を装着。
踏めば効くのがブレーキですが、瞬間的にロスや熱が発生致します
その瞬間的なロスを軽減させるだけで大きな変化が得られます、
施工後すぐに痛感させられますよ


【電気系】
パワーだのトルクだのに直接関係はないかもですが、
各パーツを制御しているのがコンピューターなどの電気系です
電気系にロスがあれば当然合図が遅れます、スムーズに信号を送ることで
電装品のレスポンスが上がります。

オルタネーターB端子の配線へ「オーディオ用SEV」を装着、
バッテリーのケーブルへはSEV「バッテリー」を装着。


ヒューズボックスへはSEV「ヒューズ」と
応用的に「ハイブリッドPCU」を装着。


【乗り心地系】
最後の〆は乗り心地改善とトータルバランスの向上です、
定番メニュー・定番装着位置で攻めます

入力時に大きな負荷が掛かるロアアーム、金属歪みやブレを抑え
安定したスタビリィを発揮させます。「ロアアームスポーツ」と
ロアアームコンフォート」のWセットで、踏ん張りと往なしを両立させます

トータルバランスはこの2アイテム、4方を囲み包み込むことで
お車全体の挙動やバランスをコントロール。驚きのアイテムです

メインのフレーム上へ「S ブロック 3D」を設置、ボディ剛性向上や
他のSEV製品達への底上げ効果を発揮。


車体の安定性向上にはこちらのアイテム「S ブロック」、
スポーティな走りをより強調させるためにバンパー四隅へ設置し
SEV施工完了でございます


大技・小技を組合せ大幅レスポンスアップ
豊富なSEVメニューで新車時のコンディションを維持し
快速ドライブをお楽しみ下さいませ
次回は「EATUNING」で更なるパフォーマンスアップと参りましょう


Club KII-TOSS
新車時からSEVでサポート、第2弾。
2011年09月24日(土) 14:25

スバル インプレッサWRX STI A-LineのK様号、
新車時SEVサポート第2弾のご紹介
今回はSEVの主軸となります吸排気系と、
動力伝達に欠かせない駆動系のSEVチューンを施します

【吸気系】
初っ端から応用編です、
吸気レスポンス改善に持って来いスロットル付近へ応用装着。

ロアアームスポーツ」とヘッドバランサー「V-1」を装着。
オイルパンへ装着させて頂いた「V-2」とインマニの「V-1」で
クランクシャフト挟み込み〜


インテークホースへは定番の吸気アイテム
ビッグパワーインテーク(BI-160)」を装着。

【燃料系】

吸排気系SEVとの相性の良さが売りです!より良い燃焼を促すために
燃料をSEV化、フューエル「P・E」をメインの燃料ホースへW装着。

【排気系】

元々のトルクが太いので排気系では少々抜き気味でセットアップ、
メインサイレンサー後のパイプへ「ビッグパワーエキゾースト(BT-160)」を装着。
トルクもしっかり引き出しつつ速度を上げて行った時にスム―ズに加速する、
その様な味付けにさせて頂きました


【駆動系】
エンジン系ばかり気にして駆動系をサポートし忘れていては、
伝わるものも伝わりませんエンジンパワーが増しても
駆動系にロスが発生しているともったいないですね〜
駆動系もしっかり押さえましょう

まずはフロント側。

AT作動レスポンス向上でギアボックスへSEV「リンク」、

フロントデフへリンク「+2」を装着。

続いてリア側も。

デフケースへSEV「リンク」、

左右挟み込みでリンク「+1」と「+2」でリアデフをサポート
SEV「リンク」でクラッチ等のつながりの良さを向上させ、
リンク+シリーズ」で歯車噛み合い部分の伝達ロスを軽減させ
トラクションをたっぷりと確保致します

ハイスペックなお車が更にグレードアップ、隅々までSEVでサポートし
更なるパフォーマンスアップを目指しましょう
第3弾は乗り心地系をメインに行きます!


Club KII-TOSS
新車時からSEVでサポート、第1弾。
2011年09月20日(火) 18:34

お乗換えされピッカピカの新車でご登場下さいました
スバル インプレッサWRX STI A-LineのK様

慣らし運転もそこそこに新車時からのコンディションを
キープするため「SEV」の移植作業に取り掛かります。
定番装着メニュー、簡単にご紹介と参りましょう!

【エンジンヘッド部分】
ストレス軽減に持って来いの「ヘッドバランサー HPシリーズ」、
ヘッド部分、プーリー部分の負担が掛かり易い部位をサポート

タイミングベルトが掛かるカムプーリー、カムシャフト軸上へ
H-1/吸気側」と「H-2/排気側」を装着。


カムシャフト上部から動弁機構の作動ロスを軽減、
P-1/吸気側」と「P-2/排気側」を装着。


【エンジン腰下部分】
燃焼爆発時の衝撃を一本の軸で受け止めます、
ヘッド部より更に高負荷の掛かるクランクシャフト部分
クランク Cシリーズ」と応用編でしっかりとサポート。

オイルパン側面から「C-1」で挟み込み
底面からはヘッドバランサー「V-2」を応用装着


クランクプーリー下は定番の「C-2」を装着。


【冷却系】
熱〜く熱せられたエンジンを冷却するのがラジエター冷却水
エンジン内部を循環する冷却水にSEVの効果を与え内部で発生する
金属の歪みや各部で起こるロスを軽減させます

ロアホースへラジエター「R-1」・「R-2」の挟み込み
+ラジエター「N-1」を装着。


高回転側の加速の伸びアップでアッパーホースへ
ラジエター「N-2」を装着。

【おまけ】

エンジンオイルの劣化防止でSEV「AL タイプR」をオイルフィルター
装着用のアタッチメントへ巻き付け本日の作業完了です

第1弾はエンジンルーム内を集中的に作業させて頂きました、
第2弾は下廻りの駆動系行きまーす


クラブキートス
車内環境改善アイテム。
2011年09月16日(金) 16:17

スバル レガシィ・ツーリングワゴンのK様
車内環境改善でご来店下さいました。

豊富なラインナップで幅広く対応出来るSEV製品
走りを元気にするだけでなく室内にも変化を与え
より快適に過ごせる環境を作り出します。


環境系一番人気のアイテムではないでしょうか、
SEV「エアーベスト

エアコン風吹き出し口のルーバーへ装着、風を当てることで
消臭効果やリラクゼーション効果を発揮致します。
お値段も¥5,250(税込)とお手頃です、SEV入門編としておすすめです


K様
、久々のご来店ありがとうございました。
次回は「EATUNING」で愛車の走りを元気にして行きましょう


クラブキートス
山盛り 駆動系メニューの施工です。
2011年08月28日(日) 17:29

乗り換えされてから徐々にSEVチューニングを進めさせて頂いております、
スバル インプレッサWRX STIのM様号。
本日は駆動系をしっかりとサポート、4WD車は駆動系の宝庫です

駆動系メニュー、通常メニューから応用編まで様々ございますが、
今回はセオリー通りの基本を押さえたメニューを施工
それではいつものご紹介♪

【クラッチハウジング】

耐摩耗性、動力伝達力向上でSEV「リンク」を装着。

【ギアボックス】

カチカチっと入るシフトフィーリングに変化させ、
スムーズに動力伝達を行わせます。クランク「C-1」を応用装着

【フロントデフ】

【リアデフ】


前後ともに同じメニューの施工です、ギアオイルの劣化防止・
デファレンシャル機構の作動レスポンス向上でSEV「リンク」を装着。

歯車噛み合い部分のロス・負荷を軽減させ、回転全域でパワフルかつ
スムーズな加速レスポンスを発揮させるために
リンク「+1」とリンク「+2」をセットで装着し駆動系メニューの完了です


後回しになりがちな駆動系メニューですが、施工するメリットは大きいです。
細やかな配慮が更なるパフォーマンスアップにつながります、
SEV駆動系メニューおすすめです。


クラブキートス


 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----